「生まれが違えば自分もあのひとの人生を生きていたかもしれない」と思うとどんなひとにもすこし寛容になれる気がする。それでも「寛容主義者は不寛容主義者にどこまで寛容でいられるか問題」はくすぶり続ける。

ヒロト、若林、クドカン、森達也……それぞれが考える「不寛容社会」における“正義”(てれびのスキマ) - 個人 - Yahoo!ニュース

6月11日に放送された『NHKスペシャル』では「#不寛容社会」と題された特集が組まれていた。 昨今顕著になったいわゆる「不謹慎狩り」やスキャンダルを起こしたタレントや政治家に対する執拗なバッシング、理不尽ともいえるようなクレームから表現が自粛されてしまうことなどを取り上げ、それを...

すべてのコメントを読む