ちゃんとやる事やってて良い資料だった。自分の資料が参考に入っているから、というわけではないw

Rails高速化戦略 / Speeding Up Rails // Speaker Deck

All slide content and descriptions are owned by their creators.

すべてのコメントを読む