『自信というものは自分でリスクを取って何かを成し遂げたという成功体験からしか生まれません。何が作りたいのか、どう働きたいのかを考え、とにかくプログラムを書き続けた結果が今の私だと思います』

落ちこぼれだった私が、プログラマとして企業を越えて自由に生きる「夢を叶える方法」 | マグロ部 | 思春期は、マグロ食っとけ!

ありのままを言ってしまえば私は不登校児でした。 中学3年の頃にクローン病という難病にかかり、普通の生活から入退院を繰り返す生活になって学校に通うどころではなくなりました。 授業にまともに出られないのだから当然成績なんてひどいものです。試験を受けてもまったく知らない単語が並んでいる...

すべてのコメントを読む