「あの物質も危ない」「これも危ない」と患者の危機感を煽って、心因性の症状を重症化させる「専門医」どもが諸悪の根源。柔軟剤メーカーでなく一般ユーザーに訴える手法も、社会との軋轢からカルト化しかねない

他人の服に残る柔軟剤は「毒ガスの苦しみ」 理解されない化学物質過敏症の患者 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

汗の臭い対策などとして強い芳香消臭効果のある洗剤や柔軟剤などの需要が高まる陰で、苦しんでいる人たちがいる。「化学物質過敏症(CS)」の患者たちだ。他人の衣服に残る柔軟剤などの化学物質が、めまいや頭痛などを引き起こすため、飲食店に入ることもためらわれ、会社や学校に行くのが困難にな...

すべてのコメントを読む