実家の犬が出ても勝てそうな高松宮記念になりそう。

昨年覇者ビッグアーサー高松宮記念回避 調教後に脚部不安/競馬・レース/デイリースポーツ online

昨年覇者ビッグアーサー高松宮記念回避 調教後に脚部不安 昨年の高松宮記念覇者で、今春連覇を狙って出走を予定していたビッグアーサー(牡6歳、栗東藤岡健一厩舎)が、脚部不安のため同レースを回避することが24日、明らかになった。藤岡健一調教師は「火曜の調教後に右前上腕の筋挫傷で歩様が...

すべてのコメントを読む