何故メディアの人たちは科学の専門家に”より良いコミュニケーション”を求めるんだろう。メディアの伝え方を振り返ってみる方が<次の災難>に対して有効じゃないですかね。もちろん市民の側の我々の態度も省みて。

【東日本大震災】なぜ福島デマが残り続けるのか?専門家が勘違いしてたこと

リスクの伝え方を研究し、食品企業のコンサルティングなどを手がけてきた西澤真理子さん(48歳)はズレを経験した専門家のひとりだ。 2011年9月、福島県飯舘村から「放射線リスクをどう村民に伝えたらいいか」のアドバイザーを務めてほしいと依頼された。 西澤さんが主催し、放射線専門家と...

すべてのコメントを読む