この辺の感覚は曖昧なので「真剣み」とか逆にちょっと使いづらくなってる気もする。

「○○み」は概念そのもの、「○○さ」は定量的な判断を加味している。 だ..

「○○み」は概念そのもの、「○○さ」は定量的な判断を加味している。 だから両方の表現があってしかるべきだが、「○○み」が使われない表現の方が多いような気がする。    「○○み」はマ行五段活用動詞の連体形接続を使っていると仮説を立てようと思ったが、明らかに そうではない例もたくさ...

すべてのコメントを読む