時効を援用するかどうかは当事者の任意なので、労働者側が未払賃金請求するときに時効(2年)を考慮して請求を減らす必要はないのは当然のこと。

kyo_jukyo_juのコメント2017/03/17 18:10

このコメントにはスターがありません。
最初のスターをつけてみよう!

昼休憩時に離席を許されず電話番をさせられていたアルバイトが退職時にとった行動が実にクレバーだと話題に『労働契約アホ事例』 - Togetterまとめ

    @tappatanさんが聞いた「労働契約アホ事例」。バイトさんのナイス判断に感心する一方で、雇用主側の対応に疑問&実は意外と多い事例なのかも?と話題になっていますリンク twitter.com 25 3 users タッパ...

    \ コメントが サクサク読める アプリです /

    • App Storeからダウンロード
    • Google Playで手に入れよう