• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    TensorFlow / TF Learn v0.9のDNNClassifier / TensorFlowDNNClassifierの罠 - blog.katsuma.tv

    2016.07.18 19:00 追記: 誤解のある表現が多かったのでタイトル含め加筆しています唐突ですが、1...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • blog.katsuma.tv

      1 usersblog.katsuma.tv

      greeさんで開催されたKey Value Store勉強会に行ってきました。 時間にして4時間超え、内容も国内のKey-Value Storeなソフトウェアの最前線の話ばかりで相当なボリューム。以下、メモってたのを残しておきたいと思います。(誤字、脱字、内容に誤りを含むものなどありましたらお伝えください)また、発表者の方やプロダクトについて、ざっくり調べてURL見つけられたものについてはリンク張っています。 森さん / 末永さん   groonga Sennaの後継エンジン 融通が効かないのがSennaのデメリット スコア算出式のカスタマイズなど Sennaの転置索引 索引の構成部品を自由に組み合わせて使える APIもいろいろ QL DB Low Level memcached互換のkey-value store バイナリのみ対応 計測 クライアント memstorm-0.6.8 mem
    • blog.katsuma.tv

      2 usersblog.katsuma.tv

      前回このブログをHTTP2対応させた話をしましたが、その際にMovableTypeからmiddleman-blogに移行しています。 移行そのものの話も書きたいのですが、今回はmiddleman-blogのエントリをAMP対応させたのでその話を書きます。 AMP対応の細かなフローは公式サイトのチュートリアルを見れば理解できると思います。要は、 AMP用のJavaScriptを読み込む 自前のJavaScriptはロード、実行できない 外部スタイルシートはロードできない 自作スタイルシートはhead要素内に差し込む imgタグはamp-imgタグなど独自のタグに置き換える あたりがポイントになります。この対応をmiddleman-blogのエントリに対して適用させます。 AMP対応が完了するとValidationが通り、このような結果になります。 https://validator.ampp
    • KeynoteをRubyから操作するkeynote-clientを作りました - blog.katsuma.tv

      33 usersblog.katsuma.tv

      唐突の約1年ぶりのエントリーになりますが、itunes-clientの親戚みたいなかんじのkeynote-clientを作ってみました。 Github RubyGem これは何? itunes-clientと同様、高レベル(のはず)なAPIでKeynoteを操作できます。たとえばこんなかんじ。 require 'keynote-client' # インストール済のテーマ一覧を取得 themes = Keynote::Theme.find_by(:all) # 特定の名前のテーマを取得 theme = Keynote::Theme.find_by(name: 'cookpad').first # テーマを指定して新しいドキュメントを作成 doc = Keynote::Document.new(theme: theme, file_path: '/path/to/slide_name.key'
    • iTunesのプレイリストのトラック情報を整形してクリップボードに保存する - blog.katsuma.tv

      2 usersblog.katsuma.tv

    【老害】毒親「息子の交際相手が気に入らない。結婚は絶対に許さない」→ - 注目★気になるニュース速報

    1 users http://tyumoku.link/

    瀧本美織率いるガールズバンド・LAGOON、解散発表 - 芸能ネタはこれだけでおk | ROMあんてな

    1 users http://romantenna.com/