• 人気のコメント(10)
  • 全てのコメント
shigak19 shigak19 確かに今でも参考になる視点の記事だけれど、DG-Lawさんの歴代最多ブックマークのホームラン記事がこの主題であることは、意外にはてなでも知られていない気がする

2016/12/02 リンク

HisaPon HisaPon これは参考になるねー

2012/12/24 リンク

DeepForest DeepForest 本当に面倒だということを再認識した!!

2012/12/14 リンク

pwg246 pwg246 nix in desertis:(割と古い)PCの捨て方

2012/12/13 リンク

FTTH FTTH あとでかく(かけたら

2012/12/13 リンク

delphinus35 delphinus35 自作PCはバラせばケース以外は買い取ってもらえるし、ケースは粗大ゴミとして捨てられる(うちの区の場合。フルタワーでも200円)しで、そんなに大変でもなかった。

2012/12/12 リンク

ropross ropross うちの押入れにも7年前に引退した自作機があるんで、「ごみパソ」に送りつけようかな

2012/12/12 リンク

tatsujik tatsujik なるほど。

2012/12/12 リンク

ukidousan ukidousan 前に古いPCを処分した時はパソコンファームのお世話になったけどクソ重いCRTを宅急便で出すのは軽油的にちょっとどうかと思った。最近はハードオフもCRTはお断りらしいから近所で済ませるのも難しくなった。

2012/12/12 リンク

Journey Journey ごみパソってのがあるのか

2012/12/12 リンク

kiryuu kiryuu Pen3とかi486SX2のマシンがあるけど、ここまで古くなると逆に捨てるのがもったいなくなる

2012/12/12 リンク

cubick cubick 自作er的にはバラすしかないのか

2012/12/12 リンク

mksbookmark mksbookmark ふむ。あとで読む。

2012/12/12 リンク

yo-11-06 yo-11-06 送料無料で引き取りもあるのね

2012/12/11 リンク

kirishima2813 kirishima2813 何時しかPCリサイクルに関しては何の情報も表記されなくなった。メーカー別で異なる・・って何で「面倒な手続き」を消費者に強いるのだろう?

2012/12/11 リンク

amisakana amisakana 結構困る古いPCの処理方法。ごみパソかあ。/ nix in desertis:(割と古い)PCの捨て方

2012/12/11 リンク

joruri joruri 同じ理由で生活スペースを潰してるPCがあるので処分したい…

2012/12/11 リンク

katayama2011 katayama2011 参考になります!

2012/12/11 リンク

nanoha3 nanoha3 自作板の乞食スレで着払いで放流するのが良いんじゃないかな。HDDだけ抜いて。

2012/12/11 リンク

fieldragon fieldragon 実際に捨てる時に参考にする。

2012/12/11 リンク

kumaya77 kumaya77 何台かあるので年末になんとかしよう

2012/12/11 リンク

tomisyura tomisyura ■"2003年10月から施行されたPCリサイクルマーク" "PC購入時に捨てる料金が含まれている" ■メーカー存命ならばHPを見る ■でなければPC3R推進協会へ行く ■最終手段"ごみパソ"へ

2012/12/11 リンク

hima-ari hima-ari PCリサイクルマークが付いてても、その回収方法は非常にめんどくさくて大変な方法に限られてたりするので、送料のみの業者が楽かなあ。まぁ、わたしはバラしてパーツ下取りに出すけどさ。

2012/12/11 リンク

JASMINE JASMINE ほほう。

2012/12/11 リンク

Pokopon Pokopon PC8801(80S31付き)とMacintosh_plusがあるんだけど、どうしよう。

2012/12/11 リンク

highcampus highcampus ごみパソ

2012/12/11 リンク

blueboy blueboy 参考記事 → http://openblog.meblog.biz/article/2429335.htm / ヤマダ電機の買い取りはもうやっていないよ。→ http://www.yamada-denkiweb.com/contents/contents/guide4.html       id:cider_kondo l

2012/12/11 リンク

hiroomi hiroomi 「パーツ単位に分解すれば普通に燃えるゴミ/燃えないゴミとして捨てられる。」分解すればいがいといろいろ持ってもらってってます。@江東区、お暇ならどうぞだな。

2012/12/11 リンク

qma5 qma5 これは参考になるな

2012/12/11 リンク

solty25 solty25 はてブコメントが一番参考になるという(笑)

2012/12/11 リンク

    関連記事

    nix in desertis:(割と古い)PCの捨て方

    PCの捨て方が意外とめんどくさい,ということが今回2台PCを捨ててよくわかった。私がなぜPCを捨てあぐ...

    ブックマークしたユーザー

    • tomatot2016/12/11 tomatot
    • shigak192016/12/02 shigak19
    • k828fyja2014/11/25 k828fyja
    • sakichi332013/03/22 sakichi33
    • lassicmatsujun2012/12/30 lassicmatsujun
    • necoyama32012/12/28 necoyama3
    • gdk02132012/12/27 gdk0213
    • HisaPon2012/12/24 HisaPon
    • botp2012/12/23 botp
    • benrista2012/12/18 benrista
    • ikachan772012/12/16 ikachan77
    • m_36sora2012/12/16 m_36sora
    • moonspell2012/12/16 moonspell
    • DeepForest2012/12/14 DeepForest
    • tenten-ka2012/12/14 tenten-ka
    • sukka92012/12/14 sukka9
    • pwg2462012/12/13 pwg246
    • rudel872012/12/13 rudel87
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • nix in desertis:すぱっと切れた美しさ

      2 usersblog.livedoor.jp/dg_law

      サントリー美術館の寛永の雅展に行ってきた。寛永文化と言えば桃山文化と元禄文化の間にある文化で,両サイドとも豪華絢爛であるが,その間で清新な綺麗さを目指した文化であった。桃山文化は戦国大名の権威を示す豪壮さ,元禄文化は上方の商人の景気の良さを示したものであるが,寛永期も別に不景気だったわけではない。文化の中心は桃山と元禄もそうであるように上方であり,織豊政権に支えられて復活してきた天皇を中心とする公家の文化と戦国の遺風が加わり,さらに世の中が平和となって落ち着きを取り戻した社会が豪華とは違う美意識を志向したという複雑な潮流によって,寛永文化は発展していったのである。その意味で特徴を一言で言い表すのは非常に難しく,あえて言えば新時代の到来を象徴するような「清新な綺麗さ」と表現するのがよかろうと思う。 寛永期を代表する文化人として本展でピックアップされていたのが,後水尾天皇・小堀遠州・野々村仁清
    • nix in desertis:世界史上の諸君主の出題頻度グレーディング:古代ローマ皇帝編

      31 usersblog.livedoor.jp/dg_law

      本ブログの歴史系記事の目的は,専門家・市井の歴史ファン・高校世界史(受験世界史)の距離の接近にある。もちろん私は専門家の歴史家ではないので専門知識の普及については他の方にお任せしているが,高校世界史は専門家や歴史ファンにとってもそうかけ離れたものではないということについては,ある程度貢献できているのではないかと思う。 そういう活動をしていて,Twitter等でたまに聞かれる・驚かれることナンバー1が,これだ。 「◯◯朝の◯◯って高校世界史だと教えないの!?」 そう,皆,歴史ファンや専門家にとっては高名な人物や事項が高校世界史だと途端にマイナーになるという現象に驚きを隠せないのだ。特に君主。そこで,私の独断ながら,その乖離を整理し,理由を可能な範囲で付していけば面白いのではないか,と前々から思っていた。思いついてからなかなか腰が上がらなかったのだが,試しに一番需要がありそうなローマ皇帝でやっ
    • nix in desertis:歴史が“あった”日本型クリスマス

      3 usersblog.livedoor.jp/dg_law

      ・「なぜテロに走るのか?~国連調査から読み解く~」(NHK時論公論) → 前からわかっていたことではあるが,政府や治安機関の腐敗が最大の原因とのこと。この辺が,現地住民ではなく現地国家に対しては同情できない理由ではあり。警察の給料が安すぎて賄賂を要求せざるをえないというような話はあるだろうが,であれば尚更政府の腐敗が最大のガンであろう。政体が純粋な独裁であるにせよ曲りなりの民主主義であるにせよ,「国民国家」の何たるかが理解されていなければ政府は政治家の私物になるのであり,まだその辺の教育からなんだろうなぁと。 ・サンタの歴史:聖ニコラウスが今の姿になるまで(ナショナルジオグラフィック日本版) → 3世紀末の聖ニコラウスは,中世末には子供にプレゼントを配る聖人となっていたが,どちらかというとなまはげのようなイメージで,祝日も12/6であった。それが12/25になり,今の恰幅のいい赤い服のおじ
    • nix in desertis:イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢に会いに行く

      6 usersblog.livedoor.jp/dg_law

      新美術館のビュールレ・コレクション展に行ってきた。ビュールレ・コレクションはその名の通りドイツの実業家のエミール・ゲオルク・ビュールレが収集したコレクションであるが,実業家として大成した時期がナチス=ドイツの時期,美術品収集を開始したのも同時期。ナチスが没収した退廃芸術を競売で買い漁っていて,戦後はスイスにばっくれて収集品の返還も拒否し,それをめぐって裁判も戦っているので綺麗なコレクションかと言われると微妙である。それが2008年に大規模な美術品窃盗団に襲われ,2012年に窃盗団が逮捕されて作品は戻ってきたものの(リンク先はAFPBB),もはや財団自身では守りきれないと判断してチューリヒ美術館に寄託する流れとなった。今回の巡回展は寄託前最後のお披露目である。 この辺の話はビュールレ財団の恥と言えるのにもかかわらず展覧会でのキャプションや図録では詳細に説明されていて,「よくここまでぶっちゃけ