• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
Totty-Totty Totty-Totty 化学の学習に役立つフリーソフト 化学の学習・レポート作成に役立つ、無料で使えるソフトウエアを紹介します。 それぞれのソフトのダウンロード・インストールの仕方や、使い方などを説明していきます。 高価なソフト

2016/03/25 リンク

    関連記事

    化学の学習に役立つフリーソフト

    化学学習レポート作成に役立つ、無料で使えるソフトウエアを紹介します。 それぞれのソフトのダウン...

    ブックマークしたユーザー

    • hidex77772016/06/04 hidex7777
    • Totty-Totty2016/03/25 Totty-Totty
    • motttey2014/01/05 motttey
    • kiyo_hiko2013/03/20 kiyo_hiko
    • kensato_plant2011/12/03 kensato_plant
    • tan-taka52011/05/12 tan-taka5
    • keisuke_wata2010/08/30 keisuke_wata
    • ppyv2008/10/29 ppyv
    • afbgk3042008/10/16 afbgk304
    • creep_in_jp2007/06/16 creep_in_jp
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 物質と物体

      1 userschem.chu.jp

      物質と物体は何が違うのか 高校で化学を習い始める頃、最初に習うのが物質と物体の違いです。いろいろな説明の仕方がありますが、一般的に以下のように説明されます。 物体:日常生活における「物」に近い。形や大きさ、使い道などによって名付けられる。 例えば、携帯電話、パソコン、シャープペン、のこぎり、黒板、タオルなど。 物質:物体の大きさや形などに関わらない、材料や材質の名前のこと。 例えば、プラスチック、水、銅、金、砂糖、食塩、炭酸水、ステンレス、ナイロンなど。 最初のうちはやや取っ付きにくい説明なのですが、化学を学習するうちに徐々に慣れていきます。というのも、そもそも化学は、物質を扱う学問であるからです。 食塩水とか、プラスチックとか、ナイロンとか、こういったものの性質を調べるのが化学なのです。ですから、化学で出てくるような物が物質である、と思えば、イメージしやすくなります 高校化学の初めに物質
    • 実験目的の書き方 | 学生実験のレポートの書き方

      1 userschem.chu.jp

      学生実験のレポートの最初には、普通実験の目的を書きます。 ここには、「なぜその実験を行ったか?」「実験を通して知りたいことは何か?」などを書くと良いです。 実験書や配られたプリントに実験目的が書かれていることも多いと思います。その場合は、丸写しにならないように、少しアレンジするのが良いでしょう。 一方、目的がどこにも書かれていない場合には、自分なりに記述する必要があります。 分量は、数行程度でも十分だと思われます。 実験目的の悪い例 ・学生実験に出席してレポートを書くことで、単位を取って進級する。 ・有機化学の学生実験授業の一環として、教員やTAの指示通りに正しく実験を行い、高評価を得る。 実験目的の良い例 ●どのような実験結果を得たかったのか、どのような考察をしたかったのか、を書くパターン ・空気やさまざまな気体中の音速を測定する。測定した音速と気体分子の構造について考察する ・甲殻類・
    • いろいろな元素の周期表

      1 userschem.chu.jp

    • 気軽に読めて笑える清水義範の小説

      2 userschem.chu.jp

      短編小説集。吉川英治文学新人賞受賞作。 表題作「国語入試問題必勝法」では、国語の問題のカラクリを知り尽くした敏腕家庭教師が、受験生に国語入試の必勝法を伝授する。 僕が高校生のときのことを思い出すと、数学の公式を覚えたり、古典や英語の単語を覚えたり、化学式を暗記したりしていた。 ただ現代文の読解問題だけは勉強したという記憶がない。サボっていたわけではなく、勉強法が分からなかったのだ。現代文の読解問題は、勉強して成績が良くなるものではなく、「読解力」というものをもともと持っている奴が良い点を取るのだと思っていた。 小説中の家庭教師は、「国語の問題はテクニックを知っている奴が正解できる」、「国語の入試問題は問題文を読まなくても解ける」などと言う。 世の中の国語の入試問題を少し皮肉ったような小説。あくまでの小説ゆえの誇張、冗談だと分かっていても、読んでいて笑える。なぜなら、確かに僕自身、国語の読解

    Stickamを使いこなす:一人シリコンバレー男:オルタナティブ・ブログ

    1 users http://blogs.itmedia.co.jp/

    http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070731k0000m040118000c.html?in=rssw

    1 users http://www.mainichi-msn.co.jp/