• 人気のコメント(10)
  • 全てのコメント
taraxacum_off taraxacum_off 「安保徹氏の反ワクチン論を信じてしまった衆議院議員」。武藤貴也。「戦争に行きたくないのは利己的」発言で一躍話題に http://tinyurl.com/pvvjqsy 。この手のリテラシーはなぜか連動することが多い

2015/08/14 リンク

y-mat2006 y-mat2006 数え役満がつきそう。一つのトンデモに魅入られる人は他のトンデモにも親和性があるのか。

2015/08/04 リンク

marine-41 marine-41 もうやめて!武藤のライフは(ry

2015/08/02 リンク

ooblog ooblog 子宮頸癌ワクチン←副作用危険わかる。インフルエンザワクチン←薬効まで否定の謎。「武藤貴也議員~安保徹氏の主張の引用~「手を洗うな」というタイトルだけで信頼できない記事~手洗いは感染症対策の基本」

2015/08/02 リンク

tbsmcd tbsmcd 例の議員についての2014年の記事。なぜスタンド使い(隠語)はスタンド使い(隠語)に惹かれるのか。

2015/08/02 リンク

sync_sync sync_sync 今話題の武藤議員案件。インフルエンザワクチンは無意味論を信じているらしい。

2015/08/01 リンク

quassia88 quassia88 安保徹氏(元新潟大学教授)は「免疫学」を売りにした著作で知られている。「爪を揉むことで免疫力が上がってさまざまな病気が治る」「癌の痛みは治癒反応であり、癌性疼痛に対して痛み止めを使ってはならない」など

2014/07/21 リンク

Sarutani Sarutani この議員さんに必要なのはニセ科学への免疫力だと思った。感染を広める媒介にならなきゃいいんだけど。

2014/06/27 リンク

agrisearch agrisearch 武藤貴也議員/なにかと活躍中・・http://toyokeizai.net/articles/-/79722

2014/06/27 リンク

daibutsuda daibutsuda 「なぜ安保徹氏は誰にでもわかるような嘘をつく必要があったのだろう?」という観点が欠けているよな。嘘は嘘だと糾弾すればそれでいいのはアカデミックの世界だけ。

2014/06/27 リンク

Nean Nean 2014年のブクマなのだけれど、これも武藤貴也議員だったのね、のなるほど感。

2014/06/27 リンク

sugikota sugikota 無知な政治家も悪いが、この立派なプロフィールでトンデモな学者はもっと悪い。権威主義や属人主義は科学の敵だが、新潟大学医学部(旧六大の名門)の基礎系教授がトンデモだとは誰も思わないわけだから。

2014/06/27 リンク

Dursan Dursan 「安保は堅持すべきです」( ー`дー´)キリッ

2014/06/27 リンク

type-100 type-100 利益相反って武器として使いづらいよなあとちょっと思った。安保氏はまだしも、たいていトンデモさんよりも主流派のほうが利権を持ってるわけだし。

2014/06/27 リンク

kowyoshi kowyoshi 当選1回の陣笠とはいえ、政権与党の議員が安保徹なんていう、トンデモさんを真に受けるのか…

2014/06/27 リンク

Pokopon Pokopon 北海道にいて外国語大学を出たのか。滋賀4区ということは、メンタム塗ってもアホは治らない。

2014/06/27 リンク

OSATO OSATO  「安保徹氏の主張のどこがおかしいか指摘できるぐらいでなければ、薬やワクチンに関する最善の「リスク管理」などできようはずもない。」

2014/06/26 リンク

laislanopira laislanopira “「取り戻そう!日本!」(自民党滋賀4区)”

2014/06/26 リンク

k-takahashi k-takahashi 『安保徹氏による反ワクチン論を信じてしまった衆議院議員がいた。武藤貴也』 『安保徹氏の主張のどこがおかしいか指摘できるぐらいでなければ、薬やワクチンに関する最善の「リスク管理」などできようはずもない』

2014/06/26 リンク

yu-kubo yu-kubo “安保徹氏による臨床に関するユニークな主張には医学的根拠はない。「専門家の間では議論がある」というレベルの話ではなく、一見しただけで明確に間違いだとわかるレベルの話である。”

2014/06/26 リンク

todo987654321 todo987654321 この人なあ。著作が末期ガンの親族の精神安定にお世話になったので頑張って擁護してみると、自律神経方面の話や理屈は、病気予防というか健康管理にはそれなりに役立つと思う。まあ代替医療と同系のカテゴリで

2014/06/26 リンク

daybeforeyesterday daybeforeyesterday うーむ

2014/06/26 リンク

diet55 diet55 安保徹氏の反ワクチン論を信じてしまった衆議院議員 - NATROMの日記 (id:NATROM / @NATROM)

2014/06/26 リンク

doramao doramao 青森県の書店には彼の著作がずらり。

2014/06/26 リンク

norton3rd norton3rd 南アフリカのHIV否認主義じゃないが政治とニセ医学が結び付くとたくさんの人が殺されることになりかねない

2014/06/26 リンク

rosechild rosechild 滋賀4区ね。全国公募か。釧路出身東京外大卒でなんでまた滋賀県で当選してるんだろう。

2014/06/26 リンク

flasher_of_thought flasher_of_thought 政治家がトンデモにハマるのは、地方首長のように勘違いリーダーシップを発揮できる立場でもなければ怖くはない。むしろ警戒すべきは、官僚にニセ科学が蔓延ることだと思う。(軽視しても良いってわけじゃないけど)

2014/06/26 リンク

frothmouth frothmouth 族議員というか医療専門家議員がいれば説得してくれるのだろうか・・・?

2014/06/26 リンク

TakamoriTarou TakamoriTarou 新型インフルエンザの件の時、ワクチン屋は需要が一時的なものであると分かっていながら身銭を切ってライン増設やって赤字出してると言う話を聞いた事があるんだが、それを利権なんぞ言われたらたまらんだろうなあ

2014/06/26 リンク

machida77 machida77 これまたたちの悪いのを政治家が信じてしまったなあ。他にも色々とあやうい感じで、議員に向いているとは思い難い。

2014/06/26 リンク

    関連記事

    安保徹氏の反ワクチン論を信じてしまった衆議院議員 - NATROMの日記

    安保徹氏(元新潟大学教授)は「免疫学」を売りにした著作で知られている。「爪を揉むことで免疫力が上...

    ブックマークしたユーザー

    • gomachan852015/08/28 gomachan85
    • oskimura2015/08/19 oskimura
    • taraxacum_off2015/08/14 taraxacum_off
    • y-mat20062015/08/04 y-mat2006
    • sotokichi2015/08/03 sotokichi
    • marine-412015/08/02 marine-41
    • ooblog2015/08/02 ooblog
    • repunit2015/08/02 repunit
    • tbsmcd2015/08/02 tbsmcd
    • oldriver2015/08/01 oldriver
    • sync_sync2015/08/01 sync_sync
    • yu762014/10/24 yu76
    • quassia882014/07/21 quassia88
    • sc-d2014/07/09 sc-d
    • bokipapa2014/07/05 bokipapa
    • ystt2014/06/28 ystt
    • kskim2014/06/28 kskim
    • Mochimasa2014/06/28 Mochimasa
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • ウェルズ著「宇宙戦争」 の謎 - NATROMの日記

      1 usersd.hatena.ne.jp/NATROM

    • NATROMの日記

      1 usersd.hatena.ne.jp/NATROM

      「わかる」って、たーのしー!よね 私たちは、地球が球形をしていて太陽の周りを回っていることを幼いうちから教えられている。けれども、地球が丸くて動いているなんて、よくよく考えると直観に反している仮説である。普通に考えれば地面は平らで動いていない。動いているのは太陽のほうだろう。人類で最初に地球が丸いと理解することは、さぞエキサイティングであっただろう。 別に人類で最初でなくったって、直観に反することが事実だわかる過程は素晴らしい体験である。私は大学生のころ、イギリスの進化生物学者であるドーキンスが書いた『利己的な遺伝子』(当時は『生物=生存機械論』)という本を読んで、動物の行動は「種の保存」のためのものであるという「常識」が間違っていることを思い知らされた*1。貴重な体験であるが、どういう感情なのか説明するのが難しい。ゲームをプレイしたことのない方にはまったく伝わらないたとえで申し訳ないが、
    • 「化学物質過敏症」の検索結果 - NATROMの日記

      1 usersd.hatena.ne.jp/NATROM

      たとえばの話、「日本高血圧学会」の学会窓口を、降圧薬を売っている製薬会社がやっていたら、いくらなんでもまずいと思うよね。少なくとも現在の常識から言えば論外。何が問題かというと、たとえば「この降圧薬の効果はそれほどでもなく、むしろ副作用のほうが大きい」なんてことを学会で発表しにくくなる。また、学会の幹部が大学を退官したのち、製薬会社のビル内でクリニックを開業したらどう思うか。「それとこれとは無関係です。私は医学的に正しいと考える医療を行っています」と医師が言ったとして信用できるだろうか。 さて「臨床環境医学」という分野があります。臨床環境医が提唱した「化学物質過敏症」という病気は、ごく少量の化学物質に反応してさまざまな症状を引き起こすのだそうです。しかし、二重盲検法、つまり試験をする側と被験者の両方が化学物質かどうかわからない方法で化学物質を負荷すると、症状が出たり出なかったりします。化学物
    • 臨床環境医の利益相反 - NATROMの日記

      3 usersd.hatena.ne.jp/NATROM

    大手銀行のカードローン金利を比較してみた。返済額が少ないのは? | キャッシングのまとめ

    1 users https://camatome.com/

    ゴレンジャイ総集編 権利者削除 - An Empty Box >> pikayan’s Diary

    1 users http://d.hatena.ne.jp/pikayan/