• 人気コメント (3)
  • 新着コメント
  • すべてのブックマーク

  • haruhiwai18 haruhiwai18 "佐藤春夫の慎太郎批判…今現在、慎太郎が若い作家をけなすやり方にそっくり!""中村光夫…「『太陽の季節』の大げささは…作者の性格に根ざす虚飾だ」と、慎太郎の本質をすでにして見抜いて" →当時の文壇ww
  • kowyoshi kowyoshi 太陽の季節の芥川賞受賞を止められる作品は、今読み返しても…というオチ。佐村芳之「残夢」のラストは、今のラノベならあるいは…!?あと、慎太郎は政治家にならずに60年代で散っていれば神だったと思う
  • comzoo comzoo 「太陽の季節」論争……という名の、オレオレ文学論合戦 “要約すると、「良風美俗を足蹴にすりゃあ新しい文学ってわけじゃねえだろ、ゴルァ!」って感じですか。”ワロタ
  • fake-jizo fake-jizo タイムスリップ・メッタ斬り! 「太陽の季節」は本当に芥川賞にふさわしかったか!? Tags: via Pocket
  • hharunaga hharunaga 映画『太陽の季節』の予告編で「若い世代の代弁者」と呼ばれていた石原慎太郎は、当然だが今は“老いた世代の代弁者”。もちろん、旧いこと自体は悪いことではないけど。
  • haruhiwai18 haruhiwai18 "佐藤春夫の慎太郎批判…今現在、慎太郎が若い作家をけなすやり方にそっくり!""中村光夫…「『太陽の季節』の大げささは…作者の性格に根ざす虚飾だ」と、慎太郎の本質をすでにして見抜いて" →当時の文壇ww
  • comzoo comzoo 「太陽の季節」論争……という名の、オレオレ文学論合戦 “要約すると、「良風美俗を足蹴にすりゃあ新しい文学ってわけじゃねえだろ、ゴルァ!」って感じですか。”ワロタ
  • ryokusai ryokusai 何度読み返しても私には『太陽の季節』の良さが理解できない。とことんまで甘つたれて腐つた性根から垂れ流される汚物が近現代以降の日本文学の精髄なのだと言ふのならば白けた顔で「はあ左様で」といふほかない。
  • kowyoshi kowyoshi 太陽の季節の芥川賞受賞を止められる作品は、今読み返しても…というオチ。佐村芳之「残夢」のラストは、今のラノベならあるいは…!?あと、慎太郎は政治家にならずに60年代で散っていれば神だったと思う
▼ ブログで紹介する
最終更新: 2012/07/02 20:16

ユーザーはみんなでブックマークを共有して、効率良く情報収集しています。あなたもはてなブックマークを始めてみませんか?

関連エントリー

関連商品

同じサイトのほかのエントリー