• 人気コメント (10)
  • 新着コメント
  • すべてのブックマーク

  • Boi Boi 本当の奨学金と分けられるよう、学資ローンて言っちゃった方が不幸になる人が少ないと思うんだけどねぇ・・・
  • ncc1701 ncc1701 これは言葉遊びだろう。利子があろうがなかろうが返済義務を負っていれば借金だし、家計がままならず返済が目的化しているような状況は「借金漬け」と見なされても仕方がない。
  • inuda_one inuda_one 住宅ローンには税額控除があるが,奨学金にはそんなものはないので,住宅ローンよりも条件の悪い借金であると言って差し支えないのではないか
  • HILOKI-T HILOKI-T 機構のサイトで少し調べればいま利率3%を負っている人は一人もいないとわかる。「実際に3%の人がいるのだから誤報ではない」などというブコメこそ誤報(デマ)を拡散させている主体。
  • naya2chan naya2chan うーん、住宅ローンはいざとなれば売ることができるからなぁ。奨学金は本来、出す方としては投資と考えて欲しいのだけど。
  • AKIMOTO AKIMOTO なるほど、住宅ローンについても借金漬け呼ばわりすべきか。借金だと思ってない人とかいそうだ
  • triggerhappysundaymorning triggerhappysundaymorning ギリで無利子の奴までが「奨学金」で低金利だろうと有利子のんは「学資ローン」だろ.「低金利学資ローン」とか名乗ってろ./住宅ローンだろうが支払いに追い込まれた状態は借金漬けだよ.
  • yoko-hirom yoko-hirom 上限が3%で実際に3%の金利を負っている人が居るのだから誤報では無い。「レッテルだ」と主張すれば反論になると思い込んでいるなら誤解。
  • usi4444 usi4444 アホなおっさんだなあ。借金漬けかは利率ではなく返済能力との関係で決まる。その負担が人の人生を食い潰してしまうならブラック。まあ根本原因は高すぎる学費にあるので奨学金だけで論じても仕方がないが。
  • K-Ono K-Ono 言い方変えようが借金は借金でないの?
  • Cichla Cichla 昔が借り手に都合良すぎた(取り立てがゆるゆるで裕福で真面目な人だけ返済してた)から,そのイメージで「実質給付型でしょ」って気分で借りた人がはしごを外された。世代間不公平の歪な変種,というのが私の認識
  • moyasi45 moyasi45 金もない、勉強もできないのに最高学府に行こうとするから返せないんだよなぁ
  • xact7 xact7 ブコメ見ていて、違和感。超低金利の借金であり、学生特権。こういった仕組みがあるおかげで、大学に進むことのできる子どもたちが多くいる。借金が嫌なら特待を狙うか、高卒就労。高等教育は無料ではない。
  • elephant09 elephant09 これ基本的に「数字を読み誤ったり嘘をついたら元々の立論自体が崩壊するよ」というお話なんだけどな。多少の嘘でも世論を喚起すれば問題はないという姿勢は少なくとも学者のあり方ではない。
  • Yoshitada Yoshitada この話は、そもそも財務省が「大学卒業生が日本社会に毎年何人必要だ」と考えてるのかから始める話なんじゃないのか、とか思うのだが。
  • nao_cw2 nao_cw2 「誤報とレッテル」はむしろ筆者でしたと。細部の数値を否定して見せて根本的な問題が否定出来てるように思わせる。これをネトウヨ論法とか言ってなかったかね?チョット前まで2%(固定)前後が当たり前。
  • mogmognya mogmognya この人極貧の中で奨学金で東大行ってハーバード出てる人でそこはとっても偉いんだけど,足りないのは自分がマッチョって自覚かなあ。http://d.hatena.ne.jp/theternal/20130523/1369320306
  • inouetakuya inouetakuya “変動を選ぶと学生支援機構の有利子奨学金の方がはるかに金利が低い。また、奨学金には有利子のものだけでなく、無利子のものもある”
  • hisa_ino hisa_ino そもそも無償じゃない時点で「借金漬け」であってるし批判されて当然なので、「○人だから虐殺じゃない!」とか言ってるバカと同類でクズ。
  • quick_past quick_past さんざん出てるけどそれ、システム的には実質学資ローンですよねと。奨学金って字面とかい離してますねと。
  • dekaino dekaino 利率の問題ではなくて、返済義務のあるものは奨学金じゃないでしょ。それは学資ローンじゃないか。誤解を生まないように学生支援機構は事業名を変える義務があるんじゃないの?
  • Outfielder Outfielder これだけ文句言われるのなら、もう奨学金制度は全部やめちまえば?
  • iiko_1115 iiko_1115 技術職だと本当にもらえないからなんともいえない<奨学金も定職に就いて滞納せずに返済しているのであれば大きな問題はないはずだ。
  • izumiya1948 izumiya1948 id:QJV97FCr それで結婚できましたけど?/社会・産業構造・大卒就職率の変化や、物価・賃金の上昇より大学授業料の上昇の方が大きいのに、奨学金(という名の学資ローン)制度が対応できていないからだよね。
  • Arturo_Ui Arturo_Ui 住宅ローンは借り換えできるだけマシだと思うんですよね。私もそれで親子ローンを圧縮できて、ずいぶん助かった。いざという時は担保(=住宅)を手放せるのも大きいけど、教育ローンならそれも無理ですよね。
  • itochan itochan レッテル関係なく、単に事実でしょ >「彼氏が奨学金の返済を数百万かかえているのでとても結婚などできない」 >奨学金=借金漬け=結婚できないという短絡的なレッテル
  • chronyo chronyo 奨学金は上位校への進学に限るという話ならまだわかる。問題は大学でても堅実な未来の約束には露にもならない状況下で、「奨学金」という名目がつけば事実上無条件貸付できてしまうことだろう。
  • asamaru asamaru ミクロでの債務者意識の話ではなく、マクロこのような学資ローンが前提になった場合、教育費負担からもはや大部分の大学が成り立たないのでは?という話かと。
  • yogasa yogasa 借金なんだから早々に返すに限る / 返済能力云々言うなら給付型受けられる人以外は借りるべきではないね
  • taiwanlover taiwanlover だから「返さなければならない」事をわかって借りてるのに「貧乏だから返せない」なんてのは通らないんだよ。それが通るならサラ金でも返さなくていい事になるだろ。バカなのに大学に行く奴がバカなんだよ。
  • cybo cybo どんな目的であれ誤報はよくない, という単純な話だと思う. > "「金利は3パーセント」というのはあくまで上限値だ。実際には市場金利に合わせて金利設定され、変動利率の場合がここ数年は0.3%前後、固定利率でも1%前後だ"
  • tetora2 tetora2 奨学金を返済出来る人がさも少数のようなブコメが多すぎだな。実際の返済率は90%後半だ。数百万と4年間を投資して、それ以上のリターンを得ている人が大半なんだよ。
  • naokibtn naokibtn "ローン" に名前変えたら、という人いるけど、それは全然構わないが、それでだけで悲劇が減らんでしょ...ちゃんと書面で利子は何円ですって書いてあるんだから,
  • neojin neojin 大学の進学率って5割程度。高校なら進学するのはわかるが大学は自分で選択して進学してるのでは?社会経験してから大学に行けばいいのに。
  • coco5959 coco5959 奨学金金利3%「借金漬け」という誤報とレッテル - 本山勝寛: 学びのすすめ: 2月11日、Yahoo!ニュースのトップページに、 「奨学金 借金漬けの人生出発点」「大学というブラックビジネス…
  • arajin arajin 「「金利は3パーセント」というのはあくまで上限値だ。実際には市場金利に合わせて金利設定され、変動利率の場合がここ数年は0.3%前後、固定利率でも1%前後だ。」それでも若者には大きな負債に変わりは無い。
  • usi4444 usi4444 アホなおっさんだなあ。借金漬けかは利率ではなく返済能力との関係で決まる。その負担が人の人生を食い潰してしまうならブラック。まあ根本原因は高すぎる学費にあるので奨学金だけで論じても仕方がないが。
  • oyagee1120 oyagee1120 この文章からは、「定職に就けば問題ない」って記述から筆者はそっち側(簡単に仕事を見つけられた側)の人なんだってことが読み取れるだけかな。
  • tokatongtong tokatongtong 中下産階層を従順な奴隷に仕立て上げるには、奨学金や住宅ローンで借金に縛り付けておくことが大事です。
  • gonzales66 gonzales66 “奨学金問題はとかく、事実を曲解したり、短絡的なレッテル貼りや、感情的な批判に陥ってしまいがちだ。冷静に全体像を分析し、現実的な改善策を一つ一つ積み重ねる必要がある。”
▼ ブログで紹介する
最終更新: 2016/02/12 10:53

ユーザーはみんなでブックマークを共有して、効率良く情報収集しています。あなたもはてなブックマークを始めてみませんか?

このエントリーを含むはてなブログ(3)

関連エントリー

関連商品

同じサイトのほかのエントリー

おすすめカテゴリ - Brexit