• 人気のコメント(3)
  • 全てのコメント
kinghuradance kinghuradance "「使える癖」と「使えない癖」があって、使えない癖を取り去るのは、使える癖を習慣づけるのの何十倍もの努力と苦労が必要" 個人的には変な癖がついてしまっているのが一番厄介。 素直に歌ってほしいと思う事多数。

2012/11/11 リンク

name-25137412 name-25137412 腑に落ちたなるほど。ミスコンで「ん?この人?」みたいな人が選ばれてるのも似たようなケースかもな。でも、コンテストやグランプリなのに以下同文。

2012/11/09 リンク

smihon smihon 興味深かった。歌手以外の分野でもこういう事ってあるのかもなあ

2012/11/09 リンク

Bantoya_Banto Bantoya_Banto AKBでも歌唱力に定評のある増田より声が細い柏木とかの方が人気あったりするもんな。いわゆる「歌が上手い」という概念そのものが思われてるほど普遍的ではない可能性はありそう

2012/11/09 リンク

ChieOsanai ChieOsanai おもしろかった。……けど、後半の、緊張が環境が調整がって話は優勝者以外も条件いっしょだし、擁護になってなくなくない?

2012/11/09 リンク

shachi_kk shachi_kk 欲しいの?んなもん声質だけじゃよ

2012/11/09 リンク

omi_k omi_k 背中越しにセンチメンタルとか愛よファラウェイとか、最高だよな!

2012/11/09 リンク

tonybin tonybin アニソングランプリ騒動についての考察。わかりやすい

2012/11/09 リンク

mujisoshina mujisoshina 風呂場で歌えば誰でもプロ顔負け。

2012/11/09 リンク

yarukimedesu yarukimedesu なるほど。興味深い内容。水木氏の発言は何だったのか?という気持ちにもなった。

2012/11/09 リンク

Kil Kil 素人にはわからない才能を評価するような企画なら、選考段階を一般向けに公開することが誤りなんだと思うよ。

2012/11/09 リンク

serio serio そういえば、声優の花澤さんがゼーガペインで出てきたときも、超棒演技だったけれど、「これは棒でもいい棒」とか言われてたな。声質は重要なんだなと思う。

2012/11/09 リンク

Imamu Imamu 徳永さん「松本伊予ちゃんがデビューした頃に、変わった声っていうか、すごい鼻に詰まった声だなって。だけど三日聞かないと、なんか「ああ、聞きたいな」っていうその、いつの間にか癖になってしまっている」

2012/11/09 リンク

daisuk-com daisuk-com 知らない世界の話なのですごい面白かったです。

2012/11/09 リンク

gimonfu_usr gimonfu_usr ぜんぜん知らない世界だけど、たちどころに思い当たる曲が (しかし、やはり少し精進してほしい)

2012/11/09 リンク

ghostbass ghostbass 音楽で「音量」って言うときはボリュームメーターの振れ方じゃないんですよ。

2012/11/09 リンク

miruna miruna ごもっともだし声質重要なのもわかるし出演されている声優さんが歌えばいいのでは?

2012/11/09 リンク

usausa1975 usausa1975 アニソンはよく知らんけどこの企画は見てるw これまでの優勝者はわりとうまい人が多かったし、決勝進出者でいちばん「ない」と思った人だったからびっくりした。今年は磨けば光る人を選んだってことかねぇ…

2012/11/09 リンク

gyogyo6 gyogyo6 「グランプリより審査員特別賞の方が大成する」みたいな。特別賞をあげるべき人を優勝させちゃったのが混乱の元?

2012/11/09 リンク

goldhead goldhead ぜんぜん知らん世界の話だが面白かった。

2012/11/09 リンク

neko73 neko73 広い空間で歌う困難と声質の重要さ。

2012/11/09 リンク

eulewald eulewald 「広い会場ってだけで相当歌いにくくなるもんだよ。/(snip)/すっごい場数を踏んでる人でも、調整が上手くいかないと音程がぶっ壊れることがあるくらい、大きなホールってのは怖いものなんだ。」うんうん、わかる。

2012/11/08 リンク

wander1985 wander1985 id:sasahira そうですねー、ある程度は最初から。というか、声質自体は大きく変わらないので、それを生かせるいいプロデューサーに会えるか、ダメなら自分でなれるかだと思います。大部分が。

2012/11/08 リンク

sasahira sasahira 「他の歌手もさっと聞いてみたけど、「スペシャルな声質」の持ち主はグランプリの人くらい」歌い込んでいくうちに開花する人もいるけど、ある程度は最初から持ってるよなあ。

2012/11/08 リンク

    関連記事

    歌手の評価って難しい。 - 烏は歌う

    噂の某アニソングランプリ騒動についてTwitterで色々とつぶやいてたら結構反応が多かったので、色々まと...

    ブックマークしたユーザー

    • kinghuradance2012/11/11 kinghuradance
    • bayan2012/11/10 bayan
    • netsekai2012/11/10 netsekai
    • tacke2012/11/10 tacke
    • yadokari232012/11/09 yadokari23
    • memoclip2012/11/09 memoclip
    • coffee_and_tv2012/11/09 coffee_and_tv
    • name-251374122012/11/09 name-25137412
    • funaki_naoto2012/11/09 funaki_naoto
    • botp2012/11/09 botp
    • emiladamas2012/11/09 emiladamas
    • ms09242012/11/09 ms0924
    • pycol2012/11/09 pycol
    • type-1002012/11/09 type-100
    • smihon2012/11/09 smihon
    • Bantoya_Banto2012/11/09 Bantoya_Banto
    • ChieOsanai2012/11/09 ChieOsanai
    • shachi_kk2012/11/09 shachi_kk
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - エンタメ

    新着記事 - エンタメ

    同じサイトの新着

    • 記事一覧 - 烏は歌う

      1 usersd.hatena.ne.jp/wander1985

      2018-05-07 [雑記]徐々に移転します。 2017-03-10 [ボイトレ][声量]声量が小さいと感じたとき。 2017-02-09 [雑記]ガチで批評を書くときに注意していること。 2016-12-20 [ボイトレ][雑記]「上手いだけではダメ」というあれこれについて。 2016-11-15 [ボイトレ][共鳴・響き]共鳴腔の「長さ」と「広さ」。 2016-06-23 [雑記]まともな批評について。 2016-05-19 [ボイトレ][共鳴・響き][用語の解説]中級者以上向けの「倍音」の話。 2016-05-14 [雑記]何かを紹介する記事について。 2016-02-29 [ボイトレ][発音・滑舌][共鳴・響き]音色とか声質とか母音の話について。 2016-01-21 [ボイトレ][用語の解説]「喉の力を抜く、喉の力が抜けていない」という話について。 2015-12-22 [概論
    • 息・声の「止め方」の練習。 - 烏は歌う

      1 usersd.hatena.ne.jp/wander1985

      最近やろうかな、と思っている練習。 まえがき ボイトレの現場では、普通は、 「息は流し続けて!」 「息の流れを決して止めないで!」 という指導が多くて、普通は、「息の止め方」なんてことは考えないことも多いですね。 しかし、一応「息の止め方の練習」をしておくと、案外便利なことが多々あります。 まず、「速い曲などで、どうしても余計な響きを残したくないときなど」に、息ごと声を止める必要が出てくる場合がありますが、練習しておくとそれをスムーズに行えること。 楽器なんかでもそうなんですが、「必要の無い響きを残さないこと」ってすごく重要なんですよね。 特にボーカルは、「音の終わり方」について無頓着になってしまいがちなんですが、たまに「息を止める練習」をすることで、「どこで音を止めるか」「どのように音を止めるか」の感覚がするどくなったりします。 それと、「とっさに息を止めて、身体に溜めをつくる」という小
    • 2011-07-21 - 烏は歌う

      1 usersd.hatena.ne.jp/wander1985

      女の子の声を目指してみたら、日常生活がすごく捗った。 この増田が話題になっていたので、私も、今まで影響を受けたボイトレ本を少し紹介してみようかな、と。 まあ、都会にいたうちは不勉強な上に金が無く、最近は田舎暮らしで大きい本屋が近くにない…という一身上の理由で、割と狭い知識からのお勧めではありますが…。 まずは最近出たこれ。 よく言われている「身体をつかって声を出す」という発声法を、ひじょうにわかりやすいことばで説明しています。 そして、広瀬香美らしい、「歌い手」としての心の持ち方も必読ですね。 とりあえず、「発声の基本のカタチ」を順を追って説明する第2章、「香美式[3STEP]身体で歌う歌唱法」がメインになるのかな? この「身体で歌う歌唱法」は、発声の基本のカタチ(姿勢とか、意識とか、身体の使い方とか…)として、非常にすぐれています。 高い声も大きな声も出しやすくなるだろうし、なによりこの
    • ガチで批評を書くときに注意していること。 - 烏は歌う

      8 usersd.hatena.ne.jp/wander1985

      音楽であったり、お店(○○ログとか)のレビューであったり、ゲームの評価であったり…まあなんでもいいんですが、基本的に批評というものは 「分析・比較・感想」 の3点からなるものだと思って、読んだり書いたりしています。 「分析」がなく、ただ他のものと比較されたり感想を並べられたりしても、「それがどういうものなのか」がわからない。 「比較」がないと、それが具体的にどうすごかったりどうダメだったりするのかがわかりにくい。 「感想」がないとつまらない。 もちろん、配分はレビュー対象によって、記事のスタイルによって変える必要がある。 なんか頭よさそうな批評がしたければ「分析・比較」の方を、質も量も充実させなければいけない。 好きなものをただ「好きだ!」と叫びたければ、ただただ「おもったこと」を書き綴ればいいんだ。 ただ、「好き」をだれかと共有したければ、分析や比較ができると、より他人に「自分はなにが好

    Ilee Custom Invitations - Products

    1 users http://www.ileepapergoods.com/

    とある自分語り混じりの祝辞みたいな

    44 users https://anond.hatelabo.jp/