• 人気のコメント(1)
  • 全てのコメント
soda725 soda725 製薬会社が後援してる勉強会でボールペンとメモ帳が配られるのはつまりそういうことだよな、と思うなど。

2012/07/30 リンク

eguchi_satoshi eguchi_satoshi ほう。

2011/12/18 リンク

mnnn mnnn ほー (かなり前の記事)

2011/02/22 リンク

moneyfor88 moneyfor88 だったらノートを取りたくなるような講義をしろよ。できないんだろ?

2010/01/21 リンク

pQrs pQrs ペンもノートも必ず出していたが板書は取らずにひたすら落書きしてたな。と読まずブクマ。帰ったら読むかも。

2010/01/21 リンク

hiroomi hiroomi 目的はなんなのか。織り込み済み。

2010/01/21 リンク

shino-katsuragi shino-katsuragi 頭が下がる。

2010/01/21 リンク

blackshadow blackshadow 「やってみせ、言ってきかせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ」

2010/01/21 リンク

contractio contractio おしごとお疲れさまです。

2010/01/21 リンク

Yuryu Yuryu 教育には寛大さが必要だと痛感した

2010/01/18 リンク

F-name F-name 教育として真っ当。けれど、メモを取らない人にも伝えないとビジネスにならない。

2008/12/26 リンク

ikutosu ikutosu 手取り足取りノートの取り方を教えるというもの。ここでは記録としてのノートだな。

2008/09/23 リンク

webmarksjp webmarksjp 読み物

2008/07/15 リンク

reiko33 reiko33

2008/01/17 リンク

okgwa okgwa 自分の場合、メモは取りたいのだが電子化しないとあとで活用しづらく、行きついた先がタブレットPCだった。場所により変な目で見られるけど気にしない。

2007/07/23 リンク

f99aq f99aq 聞き流すこと、メモとってあとでBlogに書くこと、頭に叩き込んでおくこと。

2007/07/22 リンク

kiui kiui できることからコツコツと、か。大事だ。突き放すことばかりではいけないな。

2007/07/21 リンク

papaopao papaopao メモならともかくノートの必要性を感じたことない。"ちゃんとした"教科書の指定か簡単なレジュメでもあればその余白に補足をメモして、話に集中することにしてる。どちらもしない人間は伝える気がないんだと思う。

2007/07/19 リンク

miya2000 miya2000 「ご家庭で指導すべきことでしょうと幼稚園に見放され、…、いい大人じゃないかと大学で見放される。」

2007/07/19 リンク

ag-commerce ag-commerce 二十歳の大人に、「ノートをちゃんと持ってこい。」なんてこちらはとても言う気になれない。ペンを出せ、とかも。それを言うのは本当に相手に対する侮辱だと思うから。だから、「ノートをとったほうが知識として後に

2007/07/19 リンク

oyuuii oyuuii 「そんなんじゃ社会で生き残れないぞ」って脅すより、みんなが楽しく暮らせる社会を作っていく方がいい。

2007/07/19 リンク

kana-kana_ceo kana-kana_ceo 少子化状況における教育の仕方の話。 / 学問が好きぢゃない奴は、大学なんか行くな。←少子化の時代には、そうも言ってられない。人材の底上げが必要だもんな。

2007/07/19 リンク

yambalu yambalu 末期的に見えて前向き。私も最近、大学生までは小学生と同じくくりで考えてる。新卒3年目くらいまでが中学生。中には水準を満たす年相応~以上の子もいるのでその見極めだけ速くすればいい。要は期待しない。

2007/07/19 リンク

robeht robeht 100人学生がいるのなら、ペンを100本用意すればいい。紙を100枚用意すればいい。

2007/07/19 リンク

LLLL LLLL ゆとりの弊害か。

2007/07/19 リンク

Back Back 一歩先を逝く寛大さだ。この境地にはなかなかなれない。目下の人に対しては出来るけど、目上・同等の人に対してはなかなか実践できないんだよなー

2007/07/19 リンク

rio-ver rio-ver なるほど

2007/07/18 リンク

vancleef vancleef 学生がノートをとるかどうかを教師の側が気にしていることに驚いた

2007/07/18 リンク

syulin syulin 何か…これは、現代社会の全ての事に通ずるんじゃないかと。寛大である事。

2007/07/18 リンク

dpdp dpdp  教育は 手間を惜しまず 根気よく みんな楽しく 暮らすためにも

2007/07/18 リンク

    関連記事

    ペンもノートも持ってこない学生の指導法

    適応できない日本人たち(福耳さん) 教室へやってきた大学生が、ノートペンも持ってきておらずゲンナ...

    ブックマークしたユーザー

    • woodwoods2018/03/29 woodwoods
    • k2k2monta2017/07/18 k2k2monta
    • science-sch2013/01/17 science-sch
    • soda7252012/07/30 soda725
    • eguchi_satoshi2011/12/18 eguchi_satoshi
    • riutaron2011/12/16 riutaron
    • foaran2011/12/14 foaran
    • mnnn2011/02/22 mnnn
    • chiko2010/11/15 chiko
    • okimoon2010/09/03 okimoon
    • hatebufuku2010/08/24 hatebufuku
    • nabinno2010/07/18 nabinno
    • fusiontypex2010/02/08 fusiontypex
    • makamaka_at_donzoko2010/01/22 makamaka_at_donzoko
    • banzyow2010/01/21 banzyow
    • moneyfor882010/01/21 moneyfor88
    • karpa2010/01/21 karpa
    • pQrs2010/01/21 pQrs
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 『フェアリーランド』 - 妖精現実 フェアリアル

      1 usersdeztec.jp

      フェアリーランド 第1章梨の家 第2章うなぎ 第3章フィンランドのセルロース 第4章夢の中から届いた手紙 第5章蛍の光 第6章オフィーリア 第7章おいしい魚 第8章衝突 第9章小さな妖精 第10章ただ憧れを知る者のみが by mion <webmaster@faireal.104.net> ホームにもどる
    • 職住隣接は実現できるか(地域格差問題)

      1 usersdeztec.jp

      1. 大都会の中心部には手頃な家賃の高層住宅物件が乏しい。巨大なオフィスビルであるサンシャイン60の周辺には、低層の一戸建てやアパートがひしめいている。それだけの人口で池袋の生み出す雇用を吸収することはできないので、通勤ラッシュに耐えて遠くから人が集まってくる。不合理きわまりない。 どうしてこうなってしまうのか。いろいろな説明がある。例えば…… 売りに出される土地が少ない →少ない土地に買い手が集まる →地価上昇 土地に執着する少数派が必ず存在する →土地を買い集めて「まとまった面積」を作るのに数十年かかる →大規模な再開発は割に合わない といったメカニズムだ。非効率な土地利用にペナルティが存在しないため、便利な街に、貧しい先住民が居座ることになる。そして、いま街を栄えさせている人々が、毎日毎日地獄をみるわけだ。 2. 土地は全て独占商品なので、その取引を完全に自由にすると、市場の失敗が起
    • 個人定額保障がよい(地域格差問題)

      1 usersdeztec.jp

      「貧乏人は故郷を捨てろ」か。(うさたろうさん) うさたろうさんの関連記事(1)、(2-1)、(2-2)、(3) 1. 移動の強制は必要ない。故郷に残りたい人は、残ればいい。いずれにせよ、各地域が自活を志向するなら、対立は生じない。所得の再分配は個人単位を基本とし、地域単位では行わない方がよいと思う。自由市場による調整が機能する社会が望ましい。 例えば、どんな仕事も自由に選べて、待遇にも差がないとしたら、人はみな自分のやりたいことばかりやって、経済が成り立たない。自由市場により需給が調整されればこそ、必要に応じた人員の配置が自動的に行われる。一般人が存在すら知らないような仕事であっても、それが本当に社会に必要なものである限り、誰かがその任に就く。居住地の選択も構図は同じだ。無制約に人が住みたいところに住むのでは、必ず無理が生じる。 社会保障は、1人あたりの金額を定額に近付けていってほしい。地
    • ファンタジーを支持するコスト(地域格差問題)

      1 usersdeztec.jp

      1. 高度成長期、都市住民は人口密度の増大を憎悪した。インフラの整備が人口増に追いつかず、小中学校の校庭にはバラックの校舎が立ち並び、体育の授業にすら支障をきたす例があった。地方からやってきた人々の多くは、本当は故郷を離れたくなかったのだし、以前からその土地に暮らしていた人々にとっては、よそ者に街を荒らされたという感覚があった。水は濁り、空はスモッグに覆われ、緑が失われていった。だから都市住民は、産業分散を求めた。 だが、「多軸型国家」というファンタジーを支持するコストは、どれほど国民に理解されていたか。かつて日本国民は「狭い国土では1億の人口を支えきれない」と早合点して満州事変を大いに支持した。これが誤りだったことを、戦後の日本に生きる私たちは知っているはずである。そして20数年後、人々は「東京・大阪は明らかに過密なので人口を減らさねばならぬ」と早合点した。これも、誤りだったろう。 発展

    AEI-Brookings Joint Center

    1 users http://www.lancashireonly.co.uk/

    http://digiper.com/topics/archives/2007/07/post_62.shtml

    1 users http://digiper.com/