• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
YMZ YMZ 連文節変換で「同時に書ける文字は1つだけ」と意識するのだろうか?

2010/04/23 リンク

tunaguinfo tunaguinfo 本当は「子」「ど」「も」と入力したい。 / それはT-codeで入力すればよいのではないだろうか?

2010/04/22 リンク

    関連記事

    同時に書ける文字は1つだけ

    文字考える人、音声で考える人2010-04-20) 闇黒日記 平成二十二年四月二十一日(野嵜健秀さん) ...

    ブックマークしたユーザー

    • YMZ2010/04/23 YMZ
    • tunaguinfo2010/04/22 tunaguinfo
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • 職住隣接は実現できるか(地域格差問題)

      1 usersdeztec.jp

      1. 大都会の中心部には手頃な家賃の高層住宅物件が乏しい。巨大なオフィスビルであるサンシャイン60の周辺には、低層の一戸建てやアパートがひしめいている。それだけの人口で池袋の生み出す雇用を吸収することはできないので、通勤ラッシュに耐えて遠くから人が集まってくる。不合理きわまりない。 どうしてこうなってしまうのか。いろいろな説明がある。例えば…… 売りに出される土地が少ない →少ない土地に買い手が集まる →地価上昇 土地に執着する少数派が必ず存在する →土地を買い集めて「まとまった面積」を作るのに数十年かかる →大規模な再開発は割に合わない といったメカニズムだ。非効率な土地利用にペナルティが存在しないため、便利な街に、貧しい先住民が居座ることになる。そして、いま街を栄えさせている人々が、毎日毎日地獄をみるわけだ。 2. 土地は全て独占商品なので、その取引を完全に自由にすると、市場の失敗が起
    • 個人定額保障がよい(地域格差問題)

      1 usersdeztec.jp

      「貧乏人は故郷を捨てろ」か。(うさたろうさん) うさたろうさんの関連記事(1)、(2-1)、(2-2)、(3) 1. 移動の強制は必要ない。故郷に残りたい人は、残ればいい。いずれにせよ、各地域が自活を志向するなら、対立は生じない。所得の再分配は個人単位を基本とし、地域単位では行わない方がよいと思う。自由市場による調整が機能する社会が望ましい。 例えば、どんな仕事も自由に選べて、待遇にも差がないとしたら、人はみな自分のやりたいことばかりやって、経済が成り立たない。自由市場により需給が調整されればこそ、必要に応じた人員の配置が自動的に行われる。一般人が存在すら知らないような仕事であっても、それが本当に社会に必要なものである限り、誰かがその任に就く。居住地の選択も構図は同じだ。無制約に人が住みたいところに住むのでは、必ず無理が生じる。 社会保障は、1人あたりの金額を定額に近付けていってほしい。地
    • ファンタジーを支持するコスト(地域格差問題)

      1 usersdeztec.jp

      1. 高度成長期、都市住民は人口密度の増大を憎悪した。インフラの整備が人口増に追いつかず、小中学校の校庭にはバラックの校舎が立ち並び、体育の授業にすら支障をきたす例があった。地方からやってきた人々の多くは、本当は故郷を離れたくなかったのだし、以前からその土地に暮らしていた人々にとっては、よそ者に街を荒らされたという感覚があった。水は濁り、空はスモッグに覆われ、緑が失われていった。だから都市住民は、産業分散を求めた。 だが、「多軸型国家」というファンタジーを支持するコストは、どれほど国民に理解されていたか。かつて日本国民は「狭い国土では1億の人口を支えきれない」と早合点して満州事変を大いに支持した。これが誤りだったことを、戦後の日本に生きる私たちは知っているはずである。そして20数年後、人々は「東京・大阪は明らかに過密なので人口を減らさねばならぬ」と早合点した。これも、誤りだったろう。 発展
    • 「集積のコスト」負担と人余りの時代(地域格差問題)

      1 usersdeztec.jp

      昨日の記事にはひとつ暗黙の前提がある。 それは、「なぜ概ね人手不足の続いた60~80年代を通じて人口過密が自動的に調整されなかったのか」という問題意識だ。90年代以降の人余りの時代においては、そのまま適用することには難がある。 1. 1990年代以降はデフレギャップが恒常的に経済の重石になっており、人余りの状態が続いている。だから、都心で「通勤交通費を支給しない」なんて条件で募集をかけても、応募者がちゃんとやってくる。これでは、たとえラッシュ時の電車賃が上昇したって、企業は痛みを感じない。時差通勤の推奨すら行わないだろう。もちろん、それでも電車賃が2倍、3倍ともなれば、さすがに人件費を増額しないと必要な人材が集まらなくなる。が、少々のストレスなら労働者が背負い込んでしまうわけだ。 電気代や水道代も同じ。元の金額が大したことないので、これが2倍や3倍になっても、新しい土地へ移って転職を目指す

    Online Payment Said to Draw Start-Ups - DealBook Blog - NYTimes.com

    1 users https://www.nytimes.com/

    DJ NUTS - MIXCDS

    1 users http://dj-nuts.blogspot.com/