• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    資格試験 学生 の 副業 副収入 節約術: 税理士試験

    資格試験 学生副業 副収入 節約資格取得のための本の購入や生活費のための副収入節約のすすめ...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • ぱてんとどっと混む(弁理士試験モード稼働中): 全般的な短答式試験への対策

      1 usersdotcom.versus.jp

      年度が変化したとしても基本的な対策は、同じである。 やはり、条文に忠実であることである。 (1)条文の理解 短答式試験の勉強で一番重要なことは、条文の理解です。 条文の理解ができていれば、条文そのままの出題のときは当然に容易に解答を導くことができるし、 事例形式の問題であっても、条文の適用を誤ることが少なく、 正解を正しく導くことができます。 したがって、条文の読み込みは、たいへん重要なことです。 しかし、ただ単純に条文を読み込んでいても条文は理解できません。 また、最初から順番に読み込む勉強も、単調で大変です。 そこで、 初学者の方であれば、 予備校の教科書の進捗と平行して、でてきた条文の理解とともに、 条文の読み込みを行いましょう。 中級者の方は、 過去問の短答式の問題を解きながら、関連する条文をチェックしていくという方法をとれば、 それほど苦にならずに条文の理解を深めることができると
    • ぱてんとどっと混む(弁理士試験モード稼働中): 弁理士とは(弁理士)

      1 usersdotcom.versus.jp

      ぱてんとどっと混む(弁理士試験モード稼働中) 弁理士試験に関する情報サイトです。 « 受験機関(試験について) | メイン | 仕事内容(弁理士) » 弁理士とは(弁理士) ⇒ 弁理士とは ⇒ どんな人がなるの? ⇒ どうしたらなれるの? ⇒ 文系の弁理士は?
    • ぱてんとどっと混む(弁理士試験モード稼働中): 条文と法律用語

      1 usersdotcom.versus.jp

      法律の基本部分です。 条文の読み方など、法律の勉強をされていなかったかたなどに参考になると思います。 上級者の方でも、定義などの確認に利用できると思いますので、御活用ください。 ⇒ 条文の読み方 (条文は知らないと理解することが難しい部分があります。その解説です。) ⇒ 法律用語 (弁理士試験で関連する難しい法律用語の解説です。)
    • ぱてんとどっと混む(弁理士試験モード稼働中): 20、「違法」、「不当」、「不正」、「不法」、「不適法」

      1 usersdotcom.versus.jp

      「違法」とは、言葉のとおり、法に違反することを言います。 「不当」は、必ずしも法に違反することではありませんが、妥当性を欠いていることを言います。 「不正」は、正しくないことで、法令違反に限らず、職務に関する義務違反等に使われます。 「不法」は、実質的に法に反していることという意味合いで使われます。 「不適法」は、形式的に法に違反していることを言います。

    やっぱり邪魔!?公明党幹部の現状認識って…:イザ!

    1 users http://abirur.iza.ne.jp/

    そのストック癖を今すぐストップ! [収納] All About

    2 users https://allabout.co.jp/