• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    『北京の秋』/変幻自在な砂漠のライオン−ボリス・ヴィアン−

    ボリス・ヴィアンは何でも屋でした。技師俳優ジャズプレイヤー歌手画家小説家シナ リオライ...

    ブックマークしたユーザー

    • amanoiwato2013/05/31 amanoiwato
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - エンタメ

    新着記事 - エンタメ

    同じサイトの新着

    • 声の文化と文字の文化/W・J・オング著

      1 usersenjoy1.bb-east.ne.jp/~la-maree

      「声の文化と文字の文化」 W・J・オング著  藤原書店 「声の文化と文字の文化」。著者のオング氏は、1912年カンサスシティ生まれ。イエズス会士であり、この本の出版 時点でセントルイス大学名誉教授で、専門は古典学、英語学。特に16世紀のフランスの人文学者ペトルス・ラムス研究の第一人者で、マクルーハンの「グーテ ンベルクの銀河系」などにも多大な影響を与えた、とのこと。とはいえ、無学な私はそこらへんのことはすっとばして、この難しそうな本を、一生懸命読んでみ た理由からお話しましょう。 1.(なにげに)(なにげなく) 現在の私の職場(これが文学とも文化事業とも全く繋がらない、広い意味で言えばサービス業なんですが)で、体験し たお話。 去年、シドニーオリンピックが盛り上がっていた頃、所属長のおじさまが、何やら怒っていました。「○○クン、なにげに(何気に)って言葉はあるかね?」「はあ? (な にげな
    • セイレーンを歌う・・/Song To The Siren  Siren

      1 usersenjoy1.bb-east.ne.jp/~la-maree

      この夏、NHKで(NHK-BSでは春だったかしら?)『世紀を刻んだ歌』という番組の中、クイーンの『ボヘミアンラプソディ』がとりあげられましたね。ガリレオやフィガロ、ビスミラと不可解な名詞が並 び、シェイクスピア劇を思わせるようなこの壮大なロックオペラの、不思議な歌詞の謎に焦点を当てた興味深い番組でした。でもこの歌が登場した1975年頃 には、日本の女の子たちはきっと、番組と同じような謎解きを、すでにやろうとしていたのではないでしょうか?(クイーンを何処よりも先に支持したのは70 年代の日本の中高生だったというのは周知の事実ですものね) 当時、レコードには訳詞がついていなくって、研究社の英和中辞典を買ったばかりの私も、ボヘミアン・ ラプソディの全ての単語を辞書で引いたものです。「ママ、たった今人を殺した」・・という、のっけの歌詞からして尋常ではなく、どうやら罪を犯して苦悩す る主人公という像
    • Poets On The Road

      1 usersenjoy1.bb-east.ne.jp/~la-maree

      昨年のパティ・スミスのポエトリー・リーディングで泣いていた女の子たち・・私 にとってもかけがえのない体験でした。言葉って人をこんなにも感動させ、励ますものなのか。言葉を発する人の存在感と、その人と同じ場所で声を聴くという ことが、こんなに意味を持つことなのか、あらためて考えました。 機械から流れる電子音声、本当に判で押したように均一なリズムで吐き出されるラップミュージッ クの言葉、、、呪文のように繰り返される言葉の洪水は、とうとう街中のマーケットで売り子の役割までし始めて、、「白線の後ろへおさがりください」「ドア が開きます、ドアが閉まります」「雨の日は足元がすべります・・」「お気をつけ下さい」「ご注意ください」「さかなさかなさかな・・」「きのこのこの こ・・」、、、これらのことに私たちはそろそろうんざりし始めてきたのではないかしら・・? 機械的な反復の音は、わたしたちにとっては無視するこ