• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
Ry0TA Ry0TA 19-20世紀に「病気」=「性倒錯」とされた同性愛、TG、小児愛などのその後の政治的な分岐。

2008/01/20 リンク

    関連記事

    「病気」の呪縛

    病気」の呪縛 (このテクストは当初、「〈女〉を巡って」および「真夜中のトランス」の前座的ポジショ...

    ブックマークしたユーザー

    • marinee2011/07/31 marinee
    • Kochel2009/02/02 Kochel
    • nisemono_san2009/02/01 nisemono_san
    • Ry0TA2008/01/20 Ry0TA
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • 「女になる」

      2 userseternal.relove.org

      「女になる」 前回触れた〈男/女文化〉と〈それ以外〉という構造を導入した上で、「女になる」ということについて考えみます。MtFとは「男から女になる」ものだからです。TSカルチャーには「本来の状態である女に戻るだけ」という解釈もありますし、一方女装カルチャーでは「週末だけは女の子になる」などという妙な表現が使われることもありますが、とりあえずは「女になる」ということで概括してみましょう。 第一に、何度も述べたように、GIDの「治療」アプローチを踏んでも「完全に女になる」ということは不可能です。ホルモン治療、SRSと進んだ所で、染色体が変わるわけでも子供が産めるわけでもありません。 TSカルチャーでは「奇形」という概念が使われることがあります。「自分たちは奇形の女なのだから、それを治療すれば普通の女と変わらない」ということです。ですが、この「奇形」は残念ながら完全に「治療」することができないの
    • トランス業界斜め切り アーカイブ

      1 userseternal.relove.org

      SRS記録[35] トランス・サバイバル[7] トランスをトランスする2[16] トランス業界斜め切り[8] 書籍[3] 真夜中のトランス ー生き方の彼岸[3] 地球潜入リポート[7] 全過去記事リスト トップページはeternal transition::ジェンダー/セクシュアリティです。 当サイトはリンクフリーです。 人気blogランキング ↑よろしければクリックして下さい
    • ニューハーフカルチャーとTSカルチャー

      1 userseternal.relove.org

      ニューハーフカルチャーとTSカルチャー (このテクストは当初、「〈女〉を巡って」および「真夜中のトランス」の前座的ポジションとして、トランス問題についてかなり茶化した調子で語るために用意されたものです。相当バイアスのかかった内容で、ほぼMtFのみを話題にしており、また筆者の主眼自体上のテクストにあったのですが、一つのものの見方として試みに公開してみるものです。なお、筆者は現在の性同一性「障害」治療を全面的に是としているわけではありませんが、これを否定したり先人の労苦を軽んじようとする意図はまったくなく、実際個人的には多いにお世話になっていることを明記しておきます) ## 「戸籍上、あるいは染色体上の男性が女性として生きる」というと、世間の人が最初に思い浮かべる言葉は「ニューハーフ」なのではないかと思います。ですが、ニューハーフの方に前項のような話をしても、まず相手にされません。トランスの王
    • 『性転換−53歳で女性になった大学教授』デイアドラ・N・マクロスキー

      1 userseternal.relove.org

      『性転換−53歳で女性になった大学教授』デイアドラ・N・マクロスキー たまにはトランスネタをやります。 『性転換−53歳で女性になった大学教授』 デイアドラ・N・マクロスキー 野中邦子訳 文春文庫 はっきり言って、トランス関係の書籍はほとんど読みません。時間の無駄だからです。 トランス・GID関係の書籍には大きく分けて、自我心理学的理論や社会学系のジェンダー論がベースになったGID系書籍と、「当事者の手記」ものがあります。 前者には米国における分析理論の心理学的曲解と凋落しか見出せません。もちろん、「当事者」の一人としてその有効性を認めないわけではありません。実際、社会生活上は多いに利用させて頂いています。ですが純粋に読み物として見た時、他のものより優先して手に取ろうという気持ちにはなれません。 加えて、狭義の性同一性障害治療の枠組みは、FtMにおいてこそ威力を発揮するものです。MtFが良

    カイハツニッキ(2006-06-15)

    1 users http://diary.eth.jp/

    覚ゑがき 『 記憶のそら 』  ◆エミュレータ

    2 users http://ille.dtiblog.com/