• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
arajin arajin たしかに映画に向いていると思った。

2013/01/11 リンク

Falky Falky そんな深く読む作品ですかね、これ。私は続く「あずさ2号で再会」を読んだ時点で、そこまで深く練られたものではないだろうという結論に達しましたけども。

2012/12/31 リンク

jiangmin-alt jiangmin-alt "アジア的な神話的な自然性から愛の意志に立つまでの、孤独な個人の心情に至るドラマを、まだ日本人は必要としているのだろうか。しかも、若い世代がそれを"

2012/11/09 リンク

a____hi____ru a____hi____ru 式の前日(穂積): 極東ブログ

2012/11/09 リンク

SasakiTakahiro SasakiTakahiro アジア的な神話的な自然性から愛の意志に立つまでの、孤独な個人の心情に至るドラマを、まだ日本人は必要としているのだろうか。

2012/11/09 リンク

dododod dododod ちょっと話題になってるから手を出してみたら無難に面白い、が正しい読み方だとは思う

2012/11/08 リンク

fellows fellows だいたい共感できる読み方

2012/11/08 リンク

banikuma banikuma これすごい売れたよなぁ~

2012/11/08 リンク

nijuusannmiri nijuusannmiri 途中まで読んで、やめた。続きはこの漫画を読んでから。

2012/11/08 リンク

stdalfoure stdalfoure 件の男と女が床につく場面で「なんだよ式の前日だっていうのにセックスしないんだね。そうだよね。もういっぱいヤッてるからガツガツしてないんだよね。リア充爆発しろ!」と独りごちてから最後のオチで撃沈した。

2012/11/08 リンク

    関連記事

    [書評]式の前日(穂積): 極東ブログ

    以前ネットで話題になって、おそらくそのせいだと思うけど、アマゾンなどでもしばらく品切れで、今見る...

    ブックマークしたユーザー

    • tinuyama2013/01/28 tinuyama
    • arajin2013/01/11 arajin
    • Falky2012/12/31 Falky
    • hafoc2012/12/28 hafoc
    • nhayato2012/12/15 nhayato
    • fijixfiji2012/11/16 fijixfiji
    • hase08312012/11/12 hase0831
    • shibudqn2012/11/12 shibudqn
    • wacking2012/11/10 wacking
    • jiangmin-alt2012/11/09 jiangmin-alt
    • a____hi____ru2012/11/09 a____hi____ru
    • nstrkd2012/11/09 nstrkd
    • sugimo22012/11/09 sugimo2
    • tonybin2012/11/09 tonybin
    • SasakiTakahiro2012/11/09 SasakiTakahiro
    • critic2012/11/09 critic
    • sphynx2012/11/08 sphynx
    • nicoyou2012/11/08 nicoyou
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • ドラマ『宇宙を駆けるよだか』: 極東ブログ

      12 usersfinalvent.cocolog-nifty.com

      Netflixドラマ『宇宙を駆けるよだか』が面白く、また心に残った。 このところ、よく和製ドラマを見るようになった。NHKのドラマは以前からもたまに見る。『ふれなばおちん』は感動した。途中まで見てほっておいた『受験のシンデレラ』はオンデマンドで通し見したら存外に面白かった。『嘘なんてひとつもないの』は愉快なコメディだった。などなど。まあNHKのドラマは見る、ということだった。そして民放ドラマは見ずして久しかった。最後に見たのは、仮面ライダーものや『あまちゃん』とかを除けば、『都合のいい女』だっただろうか。浅野ゆう子のファンだったか。ああ、Wowowドラマはいくつか見ていた。 最近、民放ドラマをよく観るようになった。『モンテ・クリスト伯』は最初の2話で死にかけたがその後は面白かった。ありえないシュール設定も楽しいものだった。ギャグ視していたが、最終に近くなり、けっこう難しい問題を扱っているシ
    • ただ恋があるだけかもしれない: 極東ブログ

      17 usersfinalvent.cocolog-nifty.com

      LGBTは、性的マイノリティー(性的少数者)とも見られることがあるが、定義上は違うようだ。概念的には、性的マイノリティーのなかにLGBTが含まれるのだろう。では、その差分は何か。あるいは、LGBTにさらにIやQをつなげてその概念を拡張することもあるようだが、その拡張が性的マイノリティーに至るのかというと、そう考えられるわけでもないだろう。とすれば、ある理想形としての差分がありそうにも思える。それはBDSMなど性的な嗜好を指すのかもしれないが、そもそもBDSMを性的な嗜好という嗜好の概念で捉えてよいかもわからない。PTSDなど何らかの要因が表面的に嗜好のように見えるものを形成しているだけかもしれない。映画『愛の嵐(Il Portiere di notte)』を連想するように。意外とこの問題は難しい。 と書き出して、私は遠回しになにか異論を述べたいわけではない。 あるいは、異論ということではな
    • やまもといちろう氏のツイッターアカウント凍結で思ったこと: 極東ブログ

      50 usersfinalvent.cocolog-nifty.com

      ブログの話題でもないかもしれないし、私が取り上げる話題でもないだろう、そもそもそれほどたいした話題でもないんじゃないかか、と思い数日過ごしていたが、日本のブログのブログの歴史を振り返ってみると、というのも大げさだが(アルファブロガーなんちゃら)、案外私もコメントしておいてもいいかもしれないと思い直し、わずかだが、やまもといちろう氏のツイッターアカウント凍結で思ったことを簡単に書いておく。凍結というのは、発言禁止ということ、「おまえここでこれ以上、つぶやくなよ」ということ。なお、気取るわけでもないが、この話、あくまで日本のブログ史の資料程度ものであって、同氏への関心というものでもないので、そこはそういうことで。 そもそもこれがニュースなのか、つまり、ツイッターのいちアカウント凍結がニュースなのかというと、普通は、その凍結された人の重要性が問われるだろう。そうした意味で、やまもといちろう氏が、
    • LGBTが子供を育てられる社会を: 極東ブログ

      21 usersfinalvent.cocolog-nifty.com

      杉田水脈衆院議員が『新潮45』8月号(新潮社)に掲載した「『LGBT』支援の度が過ぎる」という少コラムが、LGBTを差別しているということで非難する話題をネットでよく見かけた。すでに話題はネットを超えて議員への脅迫もあり、社会問題にもなってきている。 LGBTの頭文字の解釈と定義は必ずしも明確ではないし、この4点に絞られるかも議論の余地があるが、ここでは以下のように理解したい。 L: レズビアン(女性同性愛者) G: ゲイ(男性同性愛者) B: バイセクシュアル(両性愛者) T: トランスジェンダー(出生時診断性と自認性の不一致) LGBT差別は好ましくないことは自明と言ってもよいので、杉田議員への非難という話題としてはわかりやすい反面、少し踏み込むと、わかりにくい面がある。そもそも何が問題なのか。 まず、該当コラムでもっとも非難されているのは次の部分と言ってよいだろう。 例えば、子育て支

    British English

    1 users http://ic-migration.webhost.uits.arizona.edu/

    Varieties of English

    1 users http://ic-migration.webhost.uits.arizona.edu/