• 人気のコメント(10)
  • 全てのコメント
Ta-nishi Ta-nishi 衝撃的だったけど、いきなり15話読んでしまったのは勿体なかったと、記事後半読んで思った。

2017/01/26 リンク

makicoo makicoo ネットで騒がれてから読んだクチなので、というのもあるけどそこまでびっくりもショックも受けなかった。似たような話を前から知っているからなのかも。それで反応が分かれるんだろう。

2017/01/23 リンク

kamemoge kamemoge 「Piaキャロットへようこそ!!2」とか「ギャラクシーエンジェル」ここなー!

2017/01/23 リンク

UDONCHAN UDONCHAN それな…、同じこと思った『この状況で「Piaキャロットへようこそ!!2」とか「ギャラクシーエンジェル」とかゼロ年代前半の能天気なオタクコンテンツの漫画を描いていたのか…』

2017/01/23 リンク

blueboy blueboy  「ど根性ガエルの娘」という漫画が話題になっている。ただし、この事件の核心は、意外なところにある。それは父親が失踪した原因だ。なぜ失踪したのか? それは…… → http://j.mp/2jODBaS

2017/01/22 リンク

yuhka-uno yuhka-uno "おれたちは巨大な爆弾の上でボンヤリと茶を飲んでいた。なんと無神経でアホなのか。そこは最初から愛憎渦巻く血なまぐさい戦場であり続けていたのだ……。"こういうの、機能不全家庭あるあるですね。

2017/01/22 リンク

kyo_ju kyo_ju 美味しくいただきましたというのを正直に告白すれば、他人の不幸を消費している罪が贖えるものでもないと思うのだが。

2017/01/22 リンク

schlicht schlicht 14話の時点で作者(姉)家族に子供がいない理由をはっきり描いているので(弟家族には子供がいる)こうなる事はある程度予測出来てた。読み手が搾取子が否かで受け取り方が変わりそう。

2017/01/22 リンク

mint6626 mint6626 別に酷い内容でもなく、裏が無かったら逆に怖い。ハートフルだけ見たい人こそ現実逃避で危険。

2017/01/22 リンク

kzhvsonic kzhvsonic 最後の段落に深くうなずく。そうなんだよなあ……すごい人だと思う。

2017/01/22 リンク

rain-tree rain-tree “大月悠祐子はこの状況で「Piaキャロットへようこそ!!2」とか「ギャラクシーエンジェル」とかゼロ年代前半の能天気なオタクコンテンツの漫画を描いていたのか”

2017/01/22 リンク

waterperiod waterperiod 直前の話も読み、作者の心にある程度区切りがついた上に描く環境を得られたから描けるのかな、と思った。「遺伝子は新しい船に乗り換えても描けと言ってるんだなあ」というサイバラ先生のコメント(13話)が深い。

2017/01/22 リンク

glassroad glassroad バックナンバー読んでも不穏な空気しかなかったがね。これぐらい明確に書かないと分からない人もいるのだろうと勉強になった。

2017/01/22 リンク

amanoiwato amanoiwato 田中圭一(大月弟)も14話以前の大月も決して「嘘」は語っておらず、それぞれの立場や視点での「真実」をオブラートに包んで描いていたに過ぎないのだがこの期に及んで大月は自分の「真実」を包み切れなくなったのだ

2017/01/22 リンク

yarukimedesu yarukimedesu わいも、焼肉のマンガを読み返したけど、違う視点を知ってしまうと、美味そうに食べてる肉に毒でも入ってるんじゃないか?と、戦慄した。

2017/01/22 リンク

hilda_i hilda_i 『羅生門』というより『藪の中』じゃないかと。

2017/01/22 リンク

yuriyuri14 yuriyuri14 衝撃??「おとーさん」てこんなもんだよね、と思った私がおかしいのか?“虚実の彼岸”とはなんと大げさ!とその感想に正直驚きを禁じ得ない。機能不全家族のよくある話だよ。

2017/01/22 リンク

miulunch miulunch 闇だ、病みだ

2017/01/22 リンク

Outfielder Outfielder そんなことより焼肉食べに行こうぜ!

2017/01/22 リンク

nyaaat nyaaat 買って読む用

2017/01/22 リンク

hatomugicha hatomugicha 母親に見切りを付けていて過去を曝け出しているって事は、辛いトラウマに支配されない為に乗り越える為だろうし、作者本人は再生に向けて進んでいると思う。最後に乗り越えるべき父と会話でき無くなる事はとても辛い

2017/01/22 リンク

kori3110 kori3110 なんかネットのリアクションを見ていると、この叙述トリックだけが注目されることによって作品のバランスが崩れるのではないかと不安にならなくもない

2017/01/22 リンク

tukanpo-kazuki tukanpo-kazuki 「妄想少年観測少女」あたりの、ある種の危うさすら感じさせる繊細で煽情的でキレッキレな内面描写は、こういう環境のたまものだったのか…。

2017/01/22 リンク

worthlesswaste worthlesswaste 「能天気なオタクコンテンツの漫画」<GAの漫画版は脳天気というよりもかなりシリアス寄りの内容だった記憶。

2017/01/22 リンク

ericca_u ericca_u “読者が勝手にホンワカしていた場所” 私は最初から全然ホンワカしなかったし「こうなるだろう」とも考えなかったから、この作品の衝撃を味わえなかったのかもしれない。なんかみんなが驚いてることに驚いてる。

2017/01/22 リンク

PROOF PROOF 虚構(フィクション)に囚われすぎじゃないだろうか、人々は? テレビ雑誌新聞書籍インターネットすべては虚構なのに、虚構を現実と多少同一視してしまう。 さらに言えば、虚構を都合のいい解釈にもっていってしまう

2017/01/22 リンク

tsjtksh tsjtksh このぞわぞわする感覚なんかに似てるなと思ったら、ひぐらしのなく頃にを初めてプレイしたときのそれだ

2017/01/22 リンク

t714431169 t714431169 田中圭一の俗情への弱さホント笑える。

2017/01/22 リンク

ore_de_work ore_de_work オタ向けにはG.A.のかなんさんっていうと一発でわかる G.A. はゲームはまじめだったろw 能天気なのはアニメだけ

2017/01/22 リンク

bornslippy bornslippy 嫁に「このネタは売れる!描け!」と炊き付けた大井昌和さんもかなりイカしてる。

2017/01/22 リンク

    関連記事

    虚実の彼岸 ど根性ガエルの娘 - Everything's Gone Green

    から漫画ど根性ガエルの娘」とかのことを書くので、できれば以下のリンク漫画を読んで来てくださ...

    ブックマークしたユーザー

    • kurotokage2017/07/02 kurotokage
    • nococococ52017/06/05 nococococ5
    • twangspirited2017/03/12 twangspirited
    • hiromi1632017/02/26 hiromi163
    • servebench2017/02/13 servebench
    • piripenko2017/01/30 piripenko
    • popup-desktop2017/01/28 popup-desktop
    • mtgg2017/01/28 mtgg
    • fumirui2017/01/26 fumirui
    • Ta-nishi2017/01/26 Ta-nishi
    • polynity2017/01/25 polynity
    • hanamizuruzuru2017/01/24 hanamizuruzuru
    • catfire2017/01/24 catfire
    • mini3mini32017/01/24 mini3mini3
    • gggsck2017/01/23 gggsck
    • shinke19752017/01/23 shinke1975
    • po52ueue2017/01/23 po52ueue
    • b9m0m1e62017/01/23 b9m0m1e6
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - アニメとゲーム

    新着記事 - アニメとゲーム

    同じサイトの新着

    夢中図書館

    1 users http://favorites-library.blog.jp/

    #74 ショッピングで小遣い稼ぎ!憧れのサラつや髪に! - ゆーすけのポイントサイトで小遣い稼ぎ

    3 users http://suke-boo.hatenablog.com/