• 人気のコメント(3)
  • 全てのコメント
starthinker starthinker 『ドラえもん』を復活させた高畑勲

2017/08/09 リンク

izumino izumino “アニメ化するにあたり、脚本家を立てず、演出家が直に絵コンテを作ることを提案//あいだに脚本家を入れると、原作の持ち味が伝わりにくくなり、演出家も原作の読み込みが不足しがちになると指摘” 響くなあ

2017/08/09 リンク

AKIYOSHI AKIYOSHI ナウシカしかり、プロデューサーとしての高畑勲のことをもっと知りたい。

2017/08/08 リンク

    関連記事

    『ドラえもん』を復活させた高畑勲 | ジブリのせかい【スタジオジブリ非公式情報サイト】 宮崎駿・高畑勲・スタジオジブリ情報

    アニメドラえもん』といえば、「金曜7時のテレビ朝日」でお馴染みですよね。ところが、現在放送されて...

    ブックマークしたユーザー

    • mikarin-u2018/04/07 mikarin-u
    • yoyoprofane2018/04/07 yoyoprofane
    • toronei2018/04/06 toronei
    • jagua2018/04/06 jagua
    • urahayate2018/04/06 urahayate
    • kangiren2017/08/10 kangiren
    • starthinker2017/08/09 starthinker
    • izumino2017/08/09 izumino
    • kamayan2017/08/08 kamayan
    • yas-mal2017/08/08 yas-mal
    • AKIYOSHI2017/08/08 AKIYOSHI
    • ja_bra_af_cu2017/08/08 ja_bra_af_cu
    • tanemurarisa2017/08/08 tanemurarisa
    • kabutomutsu2017/08/08 kabutomutsu
    • khiimao2017/08/08 khiimao
    • SZKAKTK2017/08/08 SZKAKTK
    • mieki2562017/08/08 mieki256
    • akinaki2017/08/08 akinaki
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - アニメとゲーム

    新着記事 - アニメとゲーム

    同じサイトの新着

    • 『耳をすませば』は、なぜ近藤喜文監督で作られたのか | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      宮崎駿・高畑勲両監督の作品を作ることでスタートしたスタジオジブリですが、近藤喜文監督の『耳をすませば』は、なぜ作ることになったのでしょうか。 そこには、近藤喜文監督の才能をいちばん高く評価していた、宮崎駿監督の想いがありました。 「近藤喜文ここにあり」という仕事をさせたかった 宮崎監督が感じた、近藤さんの才能には、絵の気持ちよさと、スカッと抜けた健やかさがあると言います。そういう近藤さんの才能を活かした、「近藤喜文ここにあり」という仕事をさせたかったと、宮崎監督は後に語っています。 近藤さんは、『赤毛のアン』『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』と高畑勲作品に数多く参加してきました。しかし、宮崎監督は、この作品では近藤さんの持ち味を活かしきれていないと感じたそうです。 一緒に仕事がしたい。近藤さんに、何か作らせたい。ずっとそういう気持ちを持っていた宮崎監督に、ようやく巡ってきた機会が、『耳をす
    • 西村義明プロデューサー『かぐや姫の物語』にまつわるインタビュー | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      『かぐや姫の物語』で、高畑勲監督らと苦楽をともにしてきた西村義明プロデューサーのインタビューが、WEBアニメスタイルに掲載されています。 『かぐや姫の物語』の創作にまつわる裏話が語られています。西村プロデューサーが、ここまでディープに語ったインタビュー記事は、あまりないと思います。 線の向こうにある本物を ── いきなり的外れな質問かもしれないんですが、今回の『かぐや姫の物語』は、20世紀末に高畑さんが企画していた「絵巻物のようなアニメーション」とは、別物の企画なんですか。 西村: それとは別物です。「平家物語」を鳥獣戯画でやるという企画が、僕が担当になる前にはあったみたいですけど、企画としては随分前に潰えています。僕が担当に就いた頃には、そういう話は一切なかったですね。 ── なるほど。 西村: 日本のアニメーションが、絵巻物や浮世絵といった日本の絵画の流れを汲んでいる、みたいな話は高畑
    • suzuki-talk-5

      1 usersghibli.jpn.org

      YOMIURI ONLINEの「おとなの煙談」に鈴木敏夫プロデューサーのインタビューが掲載されています。 各界で活躍する、魅力ある“おとな”を対象に人生の楽しみ方やライフスタイルを語ってもらう連載シリーズ。第1回に鈴木さんの登場です。 製作現場から退いて、初めて実感したことなどを語りました。 仕事とは「糧を得るための手立て」 僕にとって仕事とは「糧を得るための手立て」。それ以上のものだと考えてはいけない、面白さや魅力は関係ない──これは自分の中で、一つの戒めにもなっています。とは言え仕事には人生のかなりの時間を割くわけですから、どうせなら少しでも楽しくできた方がいい。部下にも、ずっと昔からそう言ってきました。 こうした考え方に加えてもう一つ大切にしているのは、人に迷惑をかけないことです。映画製作で言えば、金銭面でスポンサーに損をさせないこと。そのためには、良い作品、お客さんが来てくれる作品
    • USAトゥデイ発表「長編アニメランキング ベスト100」1位に『火垂るの墓』がランクイン | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      アメリカのガネット社が発行するUSAトゥデイ紙が掲載した「長編アニメーション映画ランキング ベスト100」で、高畑勲監督の『火垂るの墓』が1位に輝きました。 ランキング2位は、ピクサー・スタジオの『インサイド・ヘッド』。3位には、同じくピクサーの『トイ・ストーリー3』が入りました。 日本のアニメーション作品からは、スタジオジブリを始めとして今敏作品や、細田守作品などがランクインしています。 長編アニメーション映画ランキング ベスト100 1位 火垂るの墓(Grave of the Fireflies)1988 2位 インサイド・ヘッド(Inside Out)2015 3位 トイ・ストーリー3(Toy Story 3)2010 4位 千と千尋の神隠し(Spirited Away)2001 5位 リメンバー・ミー(Coco)2017 6位 ウォーリー(WALL-E)2008 7位 君の名は。(

    東京MF三田、思い出の山形で“下克上弾”狙う - J1 : 日刊スポーツ

    1 users https://www.nikkansports.com/

    Top Five Ganzer film Deutsch - Full hd Online - Natives

    0 users http://www.natives.co.uk/