• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
lotz84 lotz84 “そうするとタタラ場のほうは、木を500本切りたいって言うでしょ? で、サンのほうに行って、「ちょっと、木を切んなきゃいけないんだけど」って言うと、ビビビって刺されてね、「じゃあ、250本で……」って(笑)”

2016/08/14 リンク

    関連記事

    『もののけ姫』のその後。サンとアシタカの後日談 | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

    ジブリ映画は、観終わってから物語のその後がどうなっているか、気になる作品は多いですよね。『ものの...

    ブックマークしたユーザー

    • lotz842016/08/14 lotz84
    • ghiblis2015/03/24 ghiblis
    • sattorikun2015/03/24 sattorikun
    • htenakh2015/02/21 htenakh
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - アニメとゲーム

    新着記事 - アニメとゲーム

    同じサイトの新着

    • 3回も結婚していた『紅の豚』のヒロイン・ジーナ | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      2 usersghibli.jpn.org

      『紅の豚』の主人公、ポルコ・ロッソは魔法で豚になってはいるものの、ダンディなカッコ良さを醸し出していますね。 若くてかわいいフィオに、大人の女性のジーナを側につけ、結婚相手に困ることはなさそうに思えます。が、しかし、そこまでモテる男ではなく、結婚対象として下位にいたようです。 LINE LIVEで交わされた、鈴木敏夫×押井守×川上量生の三者対談で、設定の一部が語られました。 初期設定「オーストリア=ハンガリー帝国」が吹っ飛んだ 鈴木: 『紅の豚』で、ジーナの店に写真が飾ってあるの覚えてます? 要するに、「オーストリア=ハンガリー帝国」で、実はヨーロッパは一つの国。そのときの、いろんな若者が集まって飛行機クラブを作ってた。 ところが、戦争が押し寄せてきて。それで、イタリアとハンガリーに別れて、友達同士だった人が、敵対しなきゃいけなかったとかね。そういう話が、前提としてあるんですよ。 そういう
    • 庵野秀明インタビュー 『ナウシカ』続編に言及 | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      中国メディアのサイトに、庵野秀明監督のインタビューが掲載されています。昨年の東京国際映画祭「庵野秀明の世界」開催に合わせて行われたもののようです。その中のインタビューで、宮崎駿監督について喋っていたので、文字に起しました。 『風の谷のナウシカ』続編については、やることはないと否定しています。 宮崎駿監督とは、扱うテーマが違うだけで姿勢は一緒 ――宮崎駿監督は、庵野監督の師匠ですよね。庵野監督の政策理念は、宮崎監督とは違いますか? 庵野: 扱っているテーマが違うだけで、姿勢は一緒だと思います。作品至上主義っていうんですかね。作品のために自分がいるっていうポジションですね。監督も、作品に必要だからいるだけで。自分が作りたいからっていうのは、もちろんありますけど、「自分が自分が」っていうものではなく、作品のために仕事をしているっていうのは、やはり変わらないと思いますね。それは宮崎さんや板野一郎さ
    • 『耳をすませば』は、なぜ近藤喜文監督で作られたのか | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      宮崎駿・高畑勲両監督の作品を作ることでスタートしたスタジオジブリですが、近藤喜文監督の『耳をすませば』は、なぜ作ることになったのでしょうか。 そこには、近藤喜文監督の才能をいちばん高く評価していた、宮崎駿監督の想いがありました。 「近藤喜文ここにあり」という仕事をさせたかった 宮崎監督が感じた、近藤さんの才能には、絵の気持ちよさと、スカッと抜けた健やかさがあると言います。そういう近藤さんの才能を活かした、「近藤喜文ここにあり」という仕事をさせたかったと、宮崎監督は後に語っています。 近藤さんは、『赤毛のアン』『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』と高畑勲作品に数多く参加してきました。しかし、宮崎監督は、この作品では近藤さんの持ち味を活かしきれていないと感じたそうです。 一緒に仕事がしたい。近藤さんに、何か作らせたい。ずっとそういう気持ちを持っていた宮崎監督に、ようやく巡ってきた機会が、『耳をす
    • 西村義明プロデューサー『かぐや姫の物語』にまつわるインタビュー | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      『かぐや姫の物語』で、高畑勲監督らと苦楽をともにしてきた西村義明プロデューサーのインタビューが、WEBアニメスタイルに掲載されています。 『かぐや姫の物語』の創作にまつわる裏話が語られています。西村プロデューサーが、ここまでディープに語ったインタビュー記事は、あまりないと思います。 線の向こうにある本物を ── いきなり的外れな質問かもしれないんですが、今回の『かぐや姫の物語』は、20世紀末に高畑さんが企画していた「絵巻物のようなアニメーション」とは、別物の企画なんですか。 西村: それとは別物です。「平家物語」を鳥獣戯画でやるという企画が、僕が担当になる前にはあったみたいですけど、企画としては随分前に潰えています。僕が担当に就いた頃には、そういう話は一切なかったですね。 ── なるほど。 西村: 日本のアニメーションが、絵巻物や浮世絵といった日本の絵画の流れを汲んでいる、みたいな話は高畑

    奈良県立医科大学附属病院 緩和ケア / 緩和ケアマニュアル / 呼吸困難

    1 users http://www.naramed-u.ac.jp/

    地域特性や課題を抽出する「地域経済分析システム」:『ビジネス2.0』の視点:オルタナティブ・ブログ

    2 users http://blogs.itmedia.co.jp/