• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
syuu1228 syuu1228 "宮崎: その、やっぱりね、胸に抱きしめてあげたときにね、なんか、安心して死ねる、そういう胸じゃなきゃいけないと思ってるんですよ。"

2015/07/10 リンク

    関連記事

    『風の谷のナウシカ』豆知識まとめ | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

    本日の『風の谷のナウシカ放送に合わせまして、『ナウシカ』情報をまとめてみました。 ナウシカの名前...

    ブックマークしたユーザー

    • syuu12282015/07/10 syuu1228
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - アニメとゲーム

    新着記事 - アニメとゲーム

    同じサイトの新着

    • 庵野秀明インタビュー 『ナウシカ』続編に言及 | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      中国メディアのサイトに、庵野秀明監督のインタビューが掲載されています。昨年の東京国際映画祭「庵野秀明の世界」開催に合わせて行われたもののようです。その中のインタビューで、宮崎駿監督について喋っていたので、文字に起しました。 『風の谷のナウシカ』続編については、やることはないと否定しています。 宮崎駿監督とは、扱うテーマが違うだけで姿勢は一緒 ――宮崎駿監督は、庵野監督の師匠ですよね。庵野監督の政策理念は、宮崎監督とは違いますか? 庵野: 扱っているテーマが違うだけで、姿勢は一緒だと思います。作品至上主義っていうんですかね。作品のために自分がいるっていうポジションですね。監督も、作品に必要だからいるだけで。自分が作りたいからっていうのは、もちろんありますけど、「自分が自分が」っていうものではなく、作品のために仕事をしているっていうのは、やはり変わらないと思いますね。それは宮崎さんや板野一郎さ
    • 『耳をすませば』は、なぜ近藤喜文監督で作られたのか | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      宮崎駿・高畑勲両監督の作品を作ることでスタートしたスタジオジブリですが、近藤喜文監督の『耳をすませば』は、なぜ作ることになったのでしょうか。 そこには、近藤喜文監督の才能をいちばん高く評価していた、宮崎駿監督の想いがありました。 「近藤喜文ここにあり」という仕事をさせたかった 宮崎監督が感じた、近藤さんの才能には、絵の気持ちよさと、スカッと抜けた健やかさがあると言います。そういう近藤さんの才能を活かした、「近藤喜文ここにあり」という仕事をさせたかったと、宮崎監督は後に語っています。 近藤さんは、『赤毛のアン』『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』と高畑勲作品に数多く参加してきました。しかし、宮崎監督は、この作品では近藤さんの持ち味を活かしきれていないと感じたそうです。 一緒に仕事がしたい。近藤さんに、何か作らせたい。ずっとそういう気持ちを持っていた宮崎監督に、ようやく巡ってきた機会が、『耳をす
    • 西村義明プロデューサー『かぐや姫の物語』にまつわるインタビュー | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      『かぐや姫の物語』で、高畑勲監督らと苦楽をともにしてきた西村義明プロデューサーのインタビューが、WEBアニメスタイルに掲載されています。 『かぐや姫の物語』の創作にまつわる裏話が語られています。西村プロデューサーが、ここまでディープに語ったインタビュー記事は、あまりないと思います。 線の向こうにある本物を ── いきなり的外れな質問かもしれないんですが、今回の『かぐや姫の物語』は、20世紀末に高畑さんが企画していた「絵巻物のようなアニメーション」とは、別物の企画なんですか。 西村: それとは別物です。「平家物語」を鳥獣戯画でやるという企画が、僕が担当になる前にはあったみたいですけど、企画としては随分前に潰えています。僕が担当に就いた頃には、そういう話は一切なかったですね。 ── なるほど。 西村: 日本のアニメーションが、絵巻物や浮世絵といった日本の絵画の流れを汲んでいる、みたいな話は高畑
    • 鈴木敏夫「仕事とは、糧を得るための手立て」 | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

      1 usersghibli.jpn.org

      YOMIURI ONLINEの「おとなの煙談」に鈴木敏夫プロデューサーのインタビューが掲載されています。 各界で活躍する、魅力ある“おとな”を対象に人生の楽しみ方やライフスタイルを語ってもらう連載シリーズ。第1回に鈴木さんの登場です。 製作現場から退いて、初めて実感したことなどを語りました。 仕事とは「糧を得るための手立て」 僕にとって仕事とは「糧を得るための手立て」。それ以上のものだと考えてはいけない、面白さや魅力は関係ない──これは自分の中で、一つの戒めにもなっています。とは言え仕事には人生のかなりの時間を割くわけですから、どうせなら少しでも楽しくできた方がいい。部下にも、ずっと昔からそう言ってきました。 こうした考え方に加えてもう一つ大切にしているのは、人に迷惑をかけないことです。映画製作で言えば、金銭面でスポンサーに損をさせないこと。そのためには、良い作品、お客さんが来てくれる作品

    町内の盆踊り : 新宿生活

    1 users http://blog.livedoor.jp/schazzie/

    rangecleaning-apple.com is Expired or Suspended.

    1 users http://rangecleaning-apple.com/