• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    レノボ eクーポンとThinkPad の話。 - HiGeometry

    ThinkPad Geometry も見ていただいている方や、昔から見ていただいている方にはいさら記事ですが、...

    ブックマークしたユーザー

    • mitsuba19692009/03/05 mitsuba1969
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • do {} while ( 0 ) - HiGeometry

      1 usershighgeometry.blog62.fc2.com

      最近、しばしば見かけるコードに do { // 何らかの処理 } while ( 0 ); このコードの利便性が最初はさっぱりわかりませんでしたが、処理を途中で break したいときには、有効だなと気づきました。 do { // 何らかの処理 if ( 何らかの処理の結果 ) { break; } // 更なる処理 } while ( 0 ); あぁ、なるほどね。
    • C# を使って Visual Source Safe を使うには - HiGeometry

      1 usershighgeometry.blog62.fc2.com

      さて、VSSクライアントを作ってみる ですが、 そもそも、どうやって作っているのかというと、 ◇Microsoft.VisualStudio.SourceSafe.Interop 名前空間 を使います。 マイクロソフトの資料はかなり日本語化されているので 困らないと思います。 例:データベースをオープンします C# コード m_VSSDatabase = new VSSDatabase(); try { m_VSSDatabase.Open(_strPathSRCSAFE_INI + "srcsafe.ini", _strUser, _strPassword); } catch (Exception _e) { MessageBox.Show(_e.Message); return -1; } 例:プロジェクトの取得C# コード // ルートプロジェクトを取得 m_VSSRootProje
    • DotNetMagicでVSSクライアントを作り直してみる - HiGeometry

      1 usershighgeometry.blog62.fc2.com

      さて、昨日の記事の通り、DotNetMagicで、ちょっと凝ったアプリケーションを作ってみました。 マイクロソフト製のVisual Source Safeは使いづらいので自作していたわけですが、DotNetMagicベースで書いてみると、こんなふうになりました。 以前は、こんな感じでした。 DotNetMagicベースで変わったところは、 VSSのフォルダ(プロジェクト)がTabbed MDIでいくつも開けるようになった。 固定だった各ウインドウの配置が自由になった。 その他の機能は、こちらのままです。 今後は、DotNetMagicベースに移行になりそうです。 この2日間で、だいたい4割くらいは移植できたし、いろいろと構造を見直したおかげでバグもとれていい感じです。 当分、VSSを使い続けることになりそうなので、今度は公開目指して頑張ろうかと。 追記:1日使ってみましたが、以前より、かな
    • HiGEOMETRY

      2 usershighgeometry.blog62.fc2.com

      .NET FrameWorkでちょっとこったモノを組み始めるとこれがでてこまることがあります。 Visual Studio ではログに"EEFileLoadException"と発生したモジュール名、アドレスなどが表示されるだけで具体的なエラー箇所が表示されないため解読に難儀します。 いくつかのサイトが解説していて、個々の事象は解決しているけれど複数の例を挙げている例はあまりみかけませんね。このExceptionが起こる理由と対応策をあげておきます。 続きを読む

    4大検索エンジン+Cuilの性能を比較してみた(前編) | Web担当者Forum

    21 users https://webtan.impress.co.jp/

    ポケモンキャラクターの五月人形 | パンダ日記

    1 users http://nnmmkk602.jugem.jp/