• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    【今年の夕張納め】今年夕張市に来て思ったこと

    どーも、冨安です。 12月22日現在成田空港にいます写真千歳空港なんですけど・・・ 今年の4月から夕...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 介護業務で上がるのは育児のスキル

      1 usershirokitomiyasu.com

      どーも、冨安です。 最近介護施設でバイトしてまして僕には真新しい世界なので結構面白いです。 介護現場の主な仕事は出勤時間によりますが、食事介助やトイレ介助、風呂介助 そのほか飲み物だしたり、洗濯したり、1日に一食は利用者向けの食事を作ります。 家事全般のスキルが上がる さらに具体的に何をするかと言えば、例えば食事介助では1人では食べれない人にご飯を食べさせたり、声をかけて食べてもらうように誘導したりします。 お風呂の介助は車椅子の方が非常に難しいですが、自分でできないとこを手伝います。 服の脱着など。 要介護レベルの高い方は、トイレなどオムツを替えたり座るの手伝ったりします。 いきなり便が漏れることとかちょくちょくあります。 いずれにしても介護業務はこんな感じで、日常生活の延長にあることがほとんどです。 そして一日に一回は9人分のご飯を作ります。 現場のおばちゃんたちがやいのやいのいいなが
    • 認知症の人と子供の笑顔は同じ

      1 usershirokitomiyasu.com

      どーも、冨安です。 最近認知症の方とよく一緒におりまして、これまで考えないことをよく考えるようになりました。 認知症の方は直近の記憶からものを忘れて、一方で昔のことはよく覚えています。 例えば最近会ったばかりの僕のことはなかなか覚えず、毎日が初対面のような会話になります。 多くの行動が意識的ではなく無意識にやっているようにも見えます。 人は年齢を重ねると子供に戻るものなのか 3才くらいの子供はなにかを意識的にやっているより、無意識でやってることが多いのではないかと想像します。 そして大人が介助しないとできることもまだまだ少ない。 たぶん3才くらいまでの子供と認知症の方は結構似ているのではと思います。 新しいことをどんどん覚えていく子供と忘れていく高齢者と、未来長い子とそう長くない高齢者と先行きに違いはありますが。 今だけみれば似ている気がします。 例えば子供と認知症の方で共通していると感じ
    • 感想:ボケない人がやっている脳のシミを消す生活習慣

      1 usershirokitomiyasu.com

    • 施設の人は、一体僕をどこの誰と思っているのか?

      1 usershirokitomiyasu.com

      どーも、冨安です。 最近認知症の方が暮らすグループホームでバイトしています。 そこで利用者は不思議な感覚で生きられており、接しながら不思議に感じることが多々あります。 必ず同じ下りの会話が行われる。 例えばある方とは毎日必ず同じ下りの会話が行われます。 「おたくはどちらから来られているの?」 「英田から来ています」 「あら英田、そんなところから。そうですかー。」 「そうなんですよー。」 「それは大変ですね。」 「そうなんですよ。」 あはははは。 みたいな特に中身がない会話が会うたびに交わされます。 どうやら何回あっても向こう側は会うたびに、 初めまして の感覚のようです。 利用者のなかに果たして僕のことを覚えている人がいるのか? 謎でございます。 僕のことをどこの誰と思ってるんだろう? 上記の会話のように何度あっても僕の顔をお忘れになられるようですが、しかしなぜか日々の暮らしをサポートされ

    J2千葉の森本貴幸、川崎フロンターレが獲得オファー|CYCLE サイクル やわらかスポーツニュース cyclestyle.net/

    1 users https://cyclestyle.net/

    マイナンバー導入目前!生活必需品を20万円分で還付金4,000円? | HOW MATCH

    0 users https://how-match.jp/