• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
hokensc hokensc 保険ジャーナル更新しました!

2019/01/11 リンク

    関連記事

    キャッシュレス化の柱となるか?「タッチ決済」のメリットと注意点

    2018年末はPayPayの100億円キャッシュバック騒動に目を見はった方も多かったのではないでしょうか?日本...

    ブックマークしたユーザー

    • hokensc2019/01/11 hokensc
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 政治と経済

    新着記事 - 政治と経済

    同じサイトの新着

    • がん検診の上手な受け方は? 費用の相場と検診の目安

      1 usershokensc.jp

      がんの治療で重要なのは、どれだけ早期発見ができるかということです。早期に発見することさえできれば、がんは怖い病気ではありません。完治する率は高くなりますし、治療にかかる時間も費用も短縮できます。逆を言えば、がんの発見が遅れれば遅れるほど、その結果は致命的なものになり、費用もかかっていきます。 したがって、がん検診は定期的に受けておくに越したことはありません。検診ですべてのがんが見つけられるとは言えないのですが、検診を受けなければ見つかるものも見つかりません。「私は大丈夫だから」「まだ若いから」などと過信している人には、早期のがんは自覚症状がまったくないことも珍しくないことを付け加えておきます。 がん検診と一口に言っても、さまざまなものがありますが、X線、超音波、CT、MRI、PETといった画像診断が主流です。しかし、最終的にがんという診断を確定させるのはがん細胞の発見ですから、画像診断で疑
    • 相続関連の法律改正で見えてくる生命保険の活用

      1 usershokensc.jp

    • 安心してシニアライフを送るための自宅活用法

      1 usershokensc.jp

    • 「火災共済」は火災保険の代わりに使えるか?

      1 usershokensc.jp

      自動車保険に対して自動車共済があるように、火災保険に対しても火災共済があります。ここでは、火災共済は火災保険となにか違いがあるのか、その特徴などを見ていきます。 共済と保険の根本的な違いをおさらい 保険と共済は、実質的には同じように扱われますし、同じように利用できますが、法律上は異なる存在です。違いは、保険が不特定多数の誰でも加入できるものであるのに対して、共済は特定の範囲の人だけが加入できるものであることです。しかし「○○県民共済」なら、特定の県に住んでいる人しか入れませんが、「全労済」や「コープ共済」といった大手共済は、実質的には誰でも加入できると言って差し支えありません。「JA共済」も本来はJAの組合員のためのものですが、「員外利用」や「准組合員」という形で加入することができます。 共済は非営利事業であるため、集まった掛け金の余剰金が還元される割戻金の仕組みがある点も大きな違いです。

    NGT山口真帆さん謝罪にネットで疑問の声 元キャプテンの北原里英さんも「絶対に間違ってる。もう本当に悲しい」(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

    2 users https://headlines.yahoo.co.jp/

    行列焼き肉店の繁盛哲学「ホルモンを制する者は、焼肉を制す」 | 週末はこれを読め! from HONZ | ダイヤモンド・オンライン

    1 users https://diamond.jp/