• 人気のコメント(1)
  • 全てのコメント
toshi19650104 toshi19650104 チェルノブイリ原子力発電所事故 - Wikipedia: チェルノブイリ原子力発電所事故は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)にソビエト連邦(現:ウクライナ)..

2015/04/26 リンク

taknom taknom 1986年4月26日1時23分(モスクワ時間に起きた原子力事故。 // チェルノブイリ原子力発電所事故 - Wikipedia

2015/04/26 リンク

hwtnv hwtnv 「ベラルーシ、ロシア、ウクライナの汚染地区に住む住民、640万人、集団積算線量は58900人・Sv、平均一人9mSv」

2011/10/25 リンク

sixsquarebridge sixsquarebridge チェルノブイリでセシウム137は濃縮していったようだ。放射性物質の減衰予想グラフを見るとセシウム137が上昇していっている。だから「除染」というのもどこまで有効なのか?

2011/10/07 リンク

world420 world420 チェルノブイリ原発事故のウィキ。事故の原因から経緯、放射線物質の長期的動向から健康被害まで、一連のまとめ。右下のグラフを見ると、周辺住民の子供の甲状腺癌の発生率が跳ね上がっているが…。

2011/05/26 リンク

repon repon 「過去の被曝者の健康調査の結果、白血病は被曝から発病まで平均12年、固形癌については平均20 - 25年以上かかることが分かっている」「民間人に対する長期的影響についての問題は、議論の余地が大きい。」

2011/05/17 リンク

ya--mada ya--mada チェルノさんはやらかした規模は大きかったものの、その対応はソ連の非人道的ともいえる処置で非常なまでに迅速だと感じる。いや、もちろん日本と比べてだから当然っちゃ当然なんだろうけど。

2011/04/14 リンク

zorio zorio 結局、長期的な影響はよく分からないんだな。そりゃそうか。

2011/03/30 リンク

anigoka anigoka NSCかぁ なんかもう数世紀単位の話だよなぁ NSCより軌道エレベーターの方が先に完成しそうだよなぁ 負の桜田ファミリア

2011/03/29 リンク

kaito834 kaito834 1986年4月に起こったチェルノブイリ原子力発電所における事故。2011年3月の福島第一原子力発電所事故と比較するためブクマ。「...国際原子力事象評価尺度(INES)において最悪のレベル7の参考事例として知られている」

2011/03/28 リンク

linklist linklist 1986年にソビエト連邦(現:ウクライナ)で発生した原子力事故。INESレベル7の事例。4号炉の動作試験中に暴走し、メルトダウンののち爆発。広島原爆の400倍もの放射性物質が大気中に放出された。

2011/03/21 リンク

yamagami_you yamagami_you 2000年まで発電していたというチェルノブイリ・・・おそロシア

2011/03/18 リンク

AfroRay AfroRay  放射線と健康被害の因果関係は印象より弱いか、証明が難しいようだ。

2011/03/16 リンク

dayou dayou 放射線測量器が爆発で故障、操作員長は原子炉は無事と判断。彼らは保護具を着用しておらず多くが3週間で死亡。消防士には放射性煙や残骸等の危険性が告げられてなく、消火したが多くの消防士が高被曝

2011/03/16 リンク

i196 i196 これをこんなに読みふけることになるとは思わなかった

2011/03/15 リンク

SasakiTakahiro SasakiTakahiro ソ連の発表によれば、事故発生から1ヶ月後までに原発から30km以内に居住する約11万6千人全てが移住したという。

2011/03/14 リンク

damae damae チェルノブイリの爆発はどれほどのものだったか振り返る

2011/03/12 リンク

ks1234_1234 ks1234_1234 (4)チェルノブイリは運転中のメルトダウン。福島は核反応はすでに止めてある。チェルノブイリ事故は1986年。その後の2010年ですら3500*ミリ*シーベルト。今回はマイクロ。

2011/03/12 リンク

toyoh toyoh "これら労働者は推定平均線量165ミリシーベルトを受けた"

2011/03/12 リンク

shi-ta75 shi-ta75 ”遺体はおびただしい放射能を帯びているため、搬出できるまでには数世紀かかるとみられている。”

2011/01/13 リンク

mobanama mobanama なんか記述変だぞ。ところどころ被害を大きく記述しているように思える。

2008/11/10 リンク

TAKESAKO TAKESAKO 読みふけってしまった

2008/07/17 リンク

    関連記事

    チェルノブイリ原子力発電所事故 - Wikipedia

    チェルノブイリ原子力発電所事故チェルノブイリげんしりょくはつでんしょじこ)は、1986年4月26日1時2...

    ブックマークしたユーザー

    • toshi196501042015/04/26 toshi19650104
    • taknom2015/04/26 taknom
    • KoyaM2014/09/28 KoyaM
    • shitanuzuki2012/08/12 shitanuzuki
    • starneon35172012/04/26 starneon3517
    • nabinno2012/04/15 nabinno
    • batta2012/03/06 batta
    • rakkochan2012/02/24 rakkochan
    • youkokitty2012/01/07 youkokitty
    • iyrirty2011/12/24 iyrirty
    • hwtnv2011/10/25 hwtnv
    • tomk792011/10/17 tomk79
    • sixsquarebridge2011/10/07 sixsquarebridge
    • tartvf2011/06/23 tartvf
    • world4202011/05/26 world420
    • repon2011/05/17 repon
    • sumoa2011/04/26 sumoa
    • nono_sub2011/04/19 nono_sub
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • モービル - Wikipedia

      1 userja.wikipedia.org

      mobile[編集] モービル、モバイル (mobile) は、可動性・移動性のという意味。モビル、モビール、モーバイルとも表記する。 移動中の使用が可能なコンピュータ環境。かつてはモービル、モーバイルとも表記されたが、現在ではこの分野においては専らモバイルが用いられる。 モバイル端末。従来は固定して使用した機器だが、技術の進歩により小型化され、人が携帯しながら使用できるような電子機器をいう。携帯機器の項目も参照のこと。 上記「モバイル端末」に、移動体通信・無線通信の端末を装着あるいは内蔵し、移動しながらあるいは半固定(移動先で固定)で通信できるようにしたもの。 携帯情報端末 (PDA) 。 移動無線通信。アマチュア無線#モービル参照。この分野においては専らモービル、モビールが用いられる。 通信規約として[編集] 移動通信用通信規約群。ネットワーク層ではmobile IP、セッション層では
    • 松尾孝 - Wikipedia

      1 userja.wikipedia.org

      来歴[編集] 若年期[編集] カルビーの前身は1905年(明治38年)広島市宇品で創業した広島名産柿羊羹製造の“松尾巡角堂”である[4]。ただ孝が幼少時代での家業は、米ぬかを中心とした穀粉製造販売を行っていた[3][5]。 幼少期は比較的不自由なく生活していたが[3][5]、もち米の暴落で父が相場で失敗し[6]、当時の金で1万円の莫大な借金を抱えた[6]。さらに1927年(昭和2年)広島第一中学校(現広島県立広島国泰寺高等学校)5年のとき、母が亡くなり、病弱で足も不自由な父と弟を養わなくてはならなくなり家業を始めた[6]。1931年(昭和6年)広島第一中学校卒業[3]。そこへ、父親が不慮の事故で死亡したため中学卒業とともに家業を継ぐことになった[3][5][7]。 松尾糧食工業[編集] 家業を継いだものの、多額の借金を抱え経営は苦しい状況であった[5][7]。たとえば1933年(昭和8年)
    • ルッサーの法則 - Wikipedia

      1 userja.wikipedia.org

      ルッサーの法則(ルッサーのほうそく、英語:Lusser's law)システム工学の分野において、信頼性を予測する法則である。法則の名前はロベルト・ルッサーに由来し[1]、ルッサーの製品の法則または一連のコンポーネントの製造確率の法則としても知られている。ルッサーの法則が示しているのは、一連のシステムの信頼性は、それを構成しているサブシステムの故障モードが統計的に独立である場合、それぞれのサブシステムの信頼性の積に等しい、ということである。たとえば、n個のコンポーネントからなる一連のシステムの場合、この法則は以下のように表される[2][3]。 ここで、Rsはシステム全体の信頼性、rnはn番目のコンポーネントの信頼性である。 ルッサーの法則は、一連のシステムは「最もリンクが弱い部分よりも弱い」として表現されてきた。一連のコンポーネントからなる製品の信頼性は、最も信頼性が低いコンポーネントよりも
    • 魔神英雄伝ワタルシリーズ - Wikipedia

      1 userja.wikipedia.org

      この項目では、「魔神英雄伝ワタル」シリーズ全体の概要について説明しています。「魔神英雄伝ワタル」第1作目については「魔神英雄伝ワタル」をご覧ください。 この記事には適切な導入部や要約がないか、または不足しています。 関連するスタイルマニュアルを参考にして記事全体の要点を簡潔にまとめ、記事の導入部に記述してください。(2012年4月) (使い方) 魔神英雄伝ワタル(ましんえいゆうでんワタル)とは、サンライズ制作による日本のアニメーション作品、及びシリーズである。TVシリーズ、OVA、ラジオドラマ、小説などの作品が存在する。ここでは『魔神英雄伝ワタル』に関する世界観、メディアミックスの種類についての簡易的なものを示す。詳細は、該当項目と「魔神英雄伝ワタルシリーズの登場人物」を参照。 全てのストーリーは繋がっているように見えるが、監督や作家の手により、意図的に世界観や背景設定が異なる部分がある。

    “鉄板”ソング - L25.jp

    1 user http://l25.jp/

    http://kns.rorspots.com/

    1 user http://kns.rorspots.com/