• 方丈記 - Wikipedia

    方丈記』(ほうじょうき)は、鴨長明(かものちょうめい、かものながあきら)によって書かれた中世文学の代表的な随筆。 鴨長明が晩年、日野山に方丈(一丈四方)の庵を結んだことから「方丈記」と名づけた。鎌倉時代、1212年(建暦続きを表示

  • 人気コメント
  • 新着コメント
  • すべてのブックマーク

▼ ブログで紹介する
最終更新: 2005/04/17 16:23

このブックマーク一覧を非公開にするには?

ユーザーはみんなでブックマークを共有して、効率良く情報収集しています。あなたもはてなブックマークを始めてみませんか?

このエントリーを含むエントリー(29)

このエントリーを含むはてなブログ(8)

関連エントリー

関連商品

同じサイトのほかのエントリー