• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    「判断」と「決断」の違いって?:時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□

    時間管理タイムマネジメント)の著者兼講師運営するブログです。「時間管理」はもちろん「働くこと...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 「サマータイム」導入は、本当にメリットがあるのか?:時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□

      1 usersjikan.livedoor.biz

      時間管理(タイムマネジメント)の著者兼講師が運営するブログです。「時間管理」はもちろん「働くこと」に関する情報やノウハウをお伝えしてはや5年。まだまだ続きます! こんにちは。水口です。 今日は「サマータイム」についての話を。 ■ 「サマータイム」とは? 「時間」をテーマにしているこのブログですが、「サマータイム」についてはこれまで 特に取り上げたことはなかったので、ちょっと整理しておきたいと思います。 ご存じの方も多いと思いますが、「サマータイム」というのは、主にアメリカや欧州 各国で行われている時間の制度で、「夏時間」の時期は、時間を1時間早くする という制度です。(例: 冬場の正午が夏は午前11時になる) 「サマータイム」という名前がついていますが、夏だけというわけではありません。 約半年、大体4月から10月までが対象です。 (実施期間は週単位で区切られ、各国で制度が違います) ■ サ
    • 「大人の学習」 の特徴:時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□

      1 usersjikan.livedoor.biz

      時間管理(タイムマネジメント)の著者兼講師が運営するブログです。「時間管理」はもちろん「働くこと」に関する情報やノウハウをお伝えしてはや5年。まだまだ続きます! こんにちは。水口です。 今日は、「大人の学習」 についての話です。 昨年、↓ こんな本を読んだのですが、 企業内人材育成入門 この本の中に「オトナの学習とは何か」 という話が載っていました。 ■ 「大人の学習」 の特徴 この本の中に、マルカム・ノールズという人が提唱している、 「アンドラゴジー」 という考え方が紹介されています。 アンドラゴジー(Andragogy)とは、 「成人の学習を援助する技術と科学」のことだそうです。 そして、大人の学習の特徴について、「P−MARGE」 という 言葉で紹介されています。 いきなりP−MARGEと言われても、何のこっちゃですが、これは、 P : Practical      (実利的) M 
    • 「特殊スペシャリスト」と「汎用スペシャリスト」 どちらの仕事を選ぶべき?:時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□

      1 usersjikan.livedoor.biz

      時間管理(タイムマネジメント)の著者兼講師が運営するブログです。「時間管理」はもちろん「働くこと」に関する情報やノウハウをお伝えしてはや5年。まだまだ続きます! こんにちは。水口です。 今日は「キャリアプラン」に関連した話です。 ■ 労働力の3つの分類 終身雇用制が崩壊しつつあり、派遣労働などの不安定な仕事に就く人も 多い(しかも、その不安定さが現在はとても不利なものになっている)中で、 自分の「仕事の選択」について考えることは重要になっているわけですが・・・、 この記事↓に、仕事を3つの分類に分けるという考え方があります。 雇用危機・サバイバル術/堀 紘一(ドリームインキュベ−タ会長) (Voice) - Yahoo!ニュース この記事の前半には、こうあります。 (『』内は引用です) 『 ここで「労働力」とは何か、を根源的に考えたい。労働力とは基本的に 3つに大別される。1つ目は単純労働
    • ルールによる「思考停止」と、権威化による「とらわれすぎ」:時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□

      1 usersjikan.livedoor.biz

      時間管理(タイムマネジメント)の著者兼講師が運営するブログです。「時間管理」はもちろん「働くこと」に関する情報やノウハウをお伝えしてはや5年。まだまだ続きます! こんにちは。水口です。 小難しいタイトルを付けましたが、今日は昨日の話の続きです。 「ビジネススキル」全般にも関係する話です。 ■ ルールは何のため? 昨日の話は、「カイゼン」「標準化」についての話でした。これらは、形式として 見れば、仕事のやり方に一種のルールを設けるようなものです。 そのルールを「全員参加で作る」ことや、「改善し続ける」ことにポイントがあるの ですが、実際に組織の中では、そうはいっていないこともあります。 たとえば、こんな例など・・・ (『』内は引用です) 『 大手の企業は、1993年〜1995年にこぞって、ISO9001(品質面のISO) の認証取得に取り組んだ。 ISOの認証に取り組むのは問題ないのだが、ほ

    日本板硝子、IFRS適用の第1四半期決算短信を公表(@ITより) | 会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)

    1 users https://ivory.ap.teacup.com/

    メモリ液晶付SATAリムーバブルケース!! - ケータイ Watch Watch

    1 users https://k-tai.watch.impress.co.jp/