• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    12か月間、自宅の前で同じポーズで写真を撮り続けた老夫婦の記録(追記あり) : カラパイア

    最後の一枚を見るまで、「このまま二人は永遠に仲良く暮らしました」という物語エンディング予測し...

    ブックマークしたユーザー

    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 多人種感を出すために、学生の顔の色を変えたフランスの美術学校の集合写真。学校側は謝罪するも... : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      フランス、がツイッターにアップした写真が物議をかもした。 これは、同校の卒業生がたちがツイッターで告白したのがきっかけだ。学校の宣伝用に撮影した集合写真なのだが、一部学生の顔の色が改変されている。 多人種が通う魅力的な学校を演出する為だ。 アメリカの学生募集の為の宣伝用集合写真 この宣伝用写真は、エミール・コール美術学校のアメリカ向けのウェブサイトに掲載されたものだ。 同校では、アメリカに分校をオープンさせる予定で、学生募集の為、現在フランスの学校で学んでいる学生たちの集合写真を載せた。 ところが、この学校の卒業生たちはウェブサイトでその写真が改ざんされていることに気が付いた。この事実をツイッターで暴露した。 ↓改ざんされる前のオリジナル集合写真 オリジナルの集合写真の学生はほぼ白人だが、改ざん後のウェブサイトに掲載されている写真には、3人の学生の顔が黒っぽく塗られ、更に黒人らしき人物が2
    • プーチン、銃を撃つ。新型スナイパーライフルで遠距離から獲物を狙う、KGB仕込みの超絶テクニックを披露 : カラパイア

      4 userskarapaia.com

      カラパイアが政治的な話を抜きにしてウォッチングし続けているのが、哺乳類サル目(霊長類)ヒト科としてのウラジーミル・プーチン大統領である。 ゆるゆると秋めいてきて行楽シーズンもそろそろ本番、ここらで新鮮なプーチン情報といこうじゃないか。 プーチン大統領がかつてKGB(旧ソ連時代の秘密警察・情報機関)のエージェントだったのは有名な話だ(関連記事)。 その時代の名残なのかこれまでにも早撃ちガンマン風に歩いたり(関連記事)、絶滅危惧種のアムールトラを手懐けたり(関連記事)してきたが、新たにスパイな一面を見せたようだ。 新型スナイパーライフルを試射し、いつかどこかでスナイパーだったとしか思えないスナイパー顔負けのテクニックを披露したのである。 カラシニコフの新型スナイパーライフルを試射 Putin gets up-close and personal with new Kalashnikov sni
    • 江戸時代の生物画家、毛利梅園の描いた実写的海の生物図鑑「梅園介譜」 : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      江戸後期に活躍した毛利梅園(1798〜1851)は、江戸築地に旗本の子として生まれ、20歳代から博物学に関心を抱き、動植物の正確で美麗なスケッチを数多く残した博物家である。 他人の絵の模写が多い江戸時代博物図譜のなかで、その大半が実写であるのが特色で、江戸時代に存在していた、動植物を知る良い資料として後世に伝えられている。 これらの絵は、海の生き物を描いた『梅園介譜』からのものだ。カブトガニ、エビ、カニ、カメ、貝など。というか江戸時代にはカブトガニがどこにでもいたんだね。 ■1. ■2. ■3. ■4. ■5. ■6. ■7. ■8. ■9. ■10. ■11. ■12. ■13. ■14. ■15. ■16. ■17. ■18. ■19. ■20. その他、毛利梅園は、,『梅園草木花譜』、『梅園禽譜』、『梅園魚譜』、『梅園虫譜』などの図を残している。 国立国会図書館デジタル資料化資料で、
    • 祖父を亡くした男性に意外な「家族」から届いた手紙。差出人はなんと!祖父の愛犬だった。そこにはこんな物語が。 : カラパイア

      2 userskarapaia.com

      カラパイア » 画像 » 動物・鳥類 » 祖父を亡くした男性に意外な「家族」から届いた手紙。差出人はなんと!祖父の愛犬だった。そこにはこんな物語が。 祖父を亡くし、悲しみにくれる男性の元へ、ある1通の手紙が届いた。その手紙はスペインからで、男性の亡くなった祖父へ哀悼の意を表するもの。 と、ここまではごく自然な出来事だが……その手紙の差出人は、なんと犬。かつて、祖父がかわいがっていた愛犬からだった。 その犬は、祖父のアルツハイマー病が発覚した2017年初頭、新しい家族のもとへと引き取られていた。病気のこともあり、祖父には愛犬の世話が困難になったからだ。 思いがけない"家族の一員"から届いたお悔やみの手紙を、その男性はツイッターに投稿。愛する家族との別れは悲しくも、そこに生まれた心温まる物語に、多くの人々が胸を打たれた。 祖父の愛犬からの手紙 祖父を亡くした男性のツイートには、2枚の写真がそえ

    (特別企画) 友、hideへ 〜追悼詩〜 - 【ココロ no 叫び】by 穂花 玲

    1 users http://ray-honoka.hateblo.jp/

    おいしく食べて、きれいになる♪ 美食の街・釜山~麗水で食べたい韓国グルメ4選|ことりっぷ

    1 users https://co-trip.jp/