• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
minasmile minasmile 「2種類の細胞の意見が一致した時に発芽する」とは、植物とは民主的な代物だと感じた。

2017/10/18 リンク

ebmgsd1235 ebmgsd1235 「さらに草が芽吹き始めたのは4,000万年前」「まるで一種の指令中枢として機能する一連の細胞」「芽吹くうえで最もふさわしいタイミングを判断する」二つの細胞(To be, or not to be)、ホルモンによる会話、いや独白か??

2017/06/15 リンク

haretaL512 haretaL512 バチュラ

2017/06/13 リンク

fortake fortake 進化し続ければ意思をもつような種だって現れるかもしれない。ペットという枠に新しく植物が加わるかもしれない。

2017/06/13 リンク

matsui899 matsui899 会話というか神経回路のような情報の伝達交換をしている

2017/06/13 リンク

    関連記事

    植物にもある種の脳があり、細胞が会話を交わしながら成長のタイミングを判断していることが判明(英研究) : カラパイア

    カラパイア » 知る » 植物菌類微生物 » 植物にもある種の脳があり、細胞が会話を交わしながら成長の...

    ブックマークしたユーザー

    • ayaziii2017/10/28 ayaziii
    • minasmile2017/10/18 minasmile
    • hagakure4-b2017/06/22 hagakure4-b
    • agrisearch2017/06/19 agrisearch
    • ebmgsd12352017/06/15 ebmgsd1235
    • shinichiroinaba2017/06/15 shinichiroinaba
    • konekonekoneko2017/06/14 konekonekoneko
    • mirinha20kara2017/06/14 mirinha20kara
    • hobbiel552017/06/14 hobbiel55
    • haretaL5122017/06/13 haretaL512
    • fortake2017/06/13 fortake
    • interferobserver2017/06/13 interferobserver
    • sakaguchi_hatebu2017/06/13 sakaguchi_hatebu
    • matsui8992017/06/13 matsui899
    • koonya2017/06/13 koonya
    • parumo2017/06/13 parumo
    • atyks2017/06/13 atyks
    • ikeit2017/06/13 ikeit
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 美を追求しすぎちっち?「聖パドヴァのアントニオの像」をオネエっぽくしたとして宗教団体が激怒(コロンビア) : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      image credit:Facebook コロンビア・ソレダードの宗教団体は、聖パドヴァのアントニオの木彫り像に対して怒涛のごとく怒っているという。 あるアーティストにこの木彫り像の修復を依頼したところ、めちゃめちゃオネエっぽく仕上げられてしまったというのだ。 確かに男性像にしては、きゅーとな仕上がりとなっており、信者からは「現代風オネエ聖人」などと揶揄する声まで上がる始末となっている。 続きを読む
    • 想定外の大爆発!液体窒素を使って雲をつくる科学実験イベントで会場真っ白(アメリカ) : カラパイア

      4 userskarapaia.com

      「ど、どえりゃあことになった…」という公開実験の中でも、これはかなりの大ごとかもしれない。 先月末、アメリカ・アーカンソー州の博物館が行ったイベントで、お客どころかスタッフまで動揺する事態が起きた。 なんと液体窒素と熱湯でできる「雲」を見せる実験で、通常の反応をはるかに超える爆発的な雲が発生! その一部始終をとらえた動画がこちらだ。 続きを読む
    • 両親を事故で亡くした子供たちを育てるため。父親の遺した車をオークションに。そこで起きた奇跡の連鎖に涙腺崩壊 : カラパイア

      5 userskarapaia.com

      カラパイア » 知る » 人類 » 両親を事故で亡くした子供たちを育てるため。父親の遺した車をオークションに。そこで起きた奇跡の連鎖に涙腺崩壊 カナダ、アルバータ州のケリルーク夫妻が事故で亡くなったときには、夫のブレントさんは35歳、妻のニコルさんは34歳だった。 夫婦はバイクに乗っていてトラックと衝突してしまったのだ。ブレントさんの36歳の誕生日の前日のことであった。 だが、周囲の人々は悲しんでばかりもいられなかった。 夫妻には、まだ小さな子どもたちが二人いたのである。遺された子どもたちを、せめて成人するまでは、育て上げなければならない。 遺された耳の不自由な子どもたちを立派に育てたい ケリルーク夫妻の子ども、6歳のアリエールちゃんと3歳になったばかりのリーアムくんは、ブレントさんの父、二人にとっては祖父に当たるベンさんに育てられることになった。もちろん、他の親族もできるだけ援助はする。
    • プラセボ効果の威力恐るべし。それが偽物だと明かされた後でも効果が持続する。その理由とは?(米研究) : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      カラパイア » 知る » サイエンス&テクノロジー » プラセボ効果の威力恐るべし。それが偽物だと明かされた後でも効果が持続する。その理由とは?(米研究) プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬効果とも呼ばれており、本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かったり治癒することを意味する。だがそのメカニズムは完全には解明されていない。 プラセボ効果は絶大なる威力を発揮する。ある研究では、偽物の鎮痛剤を処方された患者は、それが偽薬と明かされた後でも引き続き鎮痛効果を得ていたそうだ。 だが、そこにはちょっとした秘訣がある。それは脳の学習機能にあるようだ。 こうした鎮痛効果を引き続き得るためには、治療には効果があると十分な時間をかけて患者に信じ込ませることが条件なのだ。人は思い込みの力で自然治癒力をアップさせてしまうようだ。 継続的に鎮痛効果を得ていたのは

    drive.google.

    1 users https://drive.google./

    セクシーな魔法少女2 - htn735ms's diary

    1 users http://htn735ms.hatenablog.com/