• 人気のコメント(1)
  • 全てのコメント
gimonfu_usr gimonfu_usr  (  ううむ。 )

2017/07/11 リンク

quick_past quick_past 環境ホルモン説ってちょくちょく復活するなあ。魚は身体の構造が単純でいいな。GIDはめっちゃ苦労して身体をいじくらないといけないのに

2017/07/07 リンク

ustar ustar ちょっとギンブナ調べてくる

2017/07/07 リンク

toyoben toyoben 以前、環境ホルモンってヤツでこんなこと言われてた時期があったよな。あれは否定されたけど、ピルってもろホルモン剤だけど、これはどうなんだろ。人向けのホルモン剤が他の生物に効くかどうかだけど。

2017/07/07 リンク

kfdikhf kfdikhf サメとかエイみたいな古い魚類は自然に性転換するよね

2017/07/07 リンク

shinzor shinzor 普通の現象じゃないの?

2017/07/07 リンク

straychef straychef かなり昔から言われてるけど対策は難しいし事実上何も改善されてない

2017/07/07 リンク

    関連記事

    トイレに流された避妊ピルや洗剤で魚のオスがメス化する現象が相次ぐ。5匹に1匹がメス化。 : カラパイア

    洗面所台所トイレから流された避妊薬や洗剤といった家庭用品が魚のオスをメス化させているという。 ...

    ブックマークしたユーザー

    • tuki09182017/08/04 tuki0918
    • gimonfu_usr2017/07/11 gimonfu_usr
    • quick_past2017/07/07 quick_past
    • ustar2017/07/07 ustar
    • toyoben2017/07/07 toyoben
    • leveragetimein2017/07/07 leveragetimein
    • yhzwlmfaabp0wh2017/07/07 yhzwlmfaabp0wh
    • rindo02282017/07/07 rindo0228
    • coldsleepfailed2017/07/07 coldsleepfailed
    • itisuke2017/07/07 itisuke
    • kfdikhf2017/07/07 kfdikhf
    • yoikonijin2017/07/07 yoikonijin
    • loveguava2017/07/07 loveguava
    • tanaka-22017/07/07 tanaka-2
    • shinzor2017/07/07 shinzor
    • straychef2017/07/07 straychef
    • goodstoriez2017/07/06 goodstoriez
    • ikeit2017/07/06 ikeit
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 古代・中世の動物寓話集にでてくる20の奇怪なクリーチャー : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      最初の本物の動物寓話集、自然界の生き物を網羅したアンソロジーは、古代ギリシャの時代に現われた。もともとはよく知られている動物や植物(現実のものも架空のものも)を分類・紹介したもので、特に医療やほかの特別な使われ方をされていた。 しかし、中世にはこうした動物寓話集はとても人気が出て、その内容ははっきり宗教的、寓意的になってきた。奇跡を起こす力をもっていたり、贖罪や救済、復活のシンボルとして描かれた多くの生き物が掲載された。例えば、控えめなペリカンには、脇腹を貫き、その血を飲ませると、死んだ子どもをよみがえらせる力があると言われていた。(13世紀のフランスの学者による) すべての動物寓話集に共通するのは、事実とフィクションが混在していることだ。現実にいる鳥や昆虫、植物や貴石のきちんとした本当の解説と一緒に、光を発する羽を産する魔法の鳥から、火傷するほど熱い糞を延々とまき散らす雄牛まで、おかしな
    • 「ドイツでは正当な理由なしに犬や猫などの脊椎動物を殺すことを禁じる法律がある」に関する海外の反応 : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      動物を家族の一員に迎える人が増える昨今、野性動物や行き場のない動物への意識も高まりつつあるが、ドイツの動物保護法がネットで話題になっている。 海外掲示板によると、ドイツでは正当な理由無しに脊椎動物を殺すことを禁じており、釣りや狩りにおいてもその法律が徹底されているという。 できる限り動物の命を尊重しようとする社会。キャッチ&リリースは違法、動物保護施設は基本的に殺処分なしが普通だという。 ドイツでは動物を殺すことは違法。ネットの反応は… その話題はredditユーザーのthrowawaypussiesからもたらされた。 ドイツでは、「病気」もしくは「人間に危害を及ぼす」などの正当な理由がない限り、動物を殺すことは違法とされている。このためドイツの動物シェルターには殺処分がない すると動物福祉の先進国であるドイツについて様々な反応が上がった。 ドイツの釣りや狩猟について ・実際ドイツでは「キ
    • 悪魔を宿してしまったのか?不敵に笑っているようにみえるサメの画像が海外で話題に!(オーストラリア) : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      なる。こっちだとアゴから下がデコボコのサメだってすぐわかるな。 しかしこれノーマル状態のサメなんだろうか?前にイルカが脇腹あたりの贅肉をコントロールしちゃってるって話があったけど、サメも体内のどこかを制御してるとか? ・そら人魚伝説できるわ。数々の船員たちが人魚と見間違ったシロイルカ。その理由はわき腹の肉にあった。:カラパイア サメのイメージでさらに拡散? とにもかくにも逆さまのサメに浮かぶ顔はすっかり評判に。多くの人が抱く狂暴なイメージとともに拡散しまくることになったようだ。 だが凶悪だと思われがちなサメも他の生き物と同じように生態系を保つ役目があるし、その仲間はジョーズみたいな人食いサメばかりじゃなく、オキアミなんかが主食のサメや人なつっこい個体もいる。 ・みんな違ってみんなサメ。サメに関する14の豆知識:カラパイア しかも現実には、人間による漁で毎年1億匹のサメが死亡している可能性を
    • 不気味の谷、超えたかな?イタリアの科学者が開発した子供型自律走行ロボット : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      昨今のロボットの進化は目覚ましい一方だ。 開発途中で外見は二の次というのもあるんだろうが、ヘッドレスタイプのものなど、デストピアを想像させるモノが多い。 そして最近、一歩間違うと悪夢に出てきそうなモデルが登場した。 子供型ロボット『iCub』だ。 iCub teleoperated walking and manipulation 子供の成長と発達を研究する為のロボット イタリア技術研究所(Italian Institute of Technology)が設計した『iCub』は、子供の成長・発達を研究するためのツールとして開発された。 認知機能は肉体の経験によって直接的な影響を受けるという学説を身体性認知(embodied cognition)という。これに関連して、iCubの主な目的は物理世界とのやりとりが子供の脳の発達に与える影響を調べることだ。 iCubのプロトタイプがお披露目された

    Lyft、1日当たり乗車回数100万回を達成 | TechCrunch Japan

    4 users https://jp.techcrunch.com/

    カールパーキンスのCD,CARL PERKINS「The Greatest Hits of Rock 'N' Roll」 - kazu3000のブログ

    1 users http://kazu3000.muragon.com/