• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
e-kuroda e-kuroda

2009/04/02 リンク

bonnaroo bonnaroo 今熱い

2008/01/27 リンク

    関連記事

    ウノウラボ Unoh Labs: Symfonyプラグインまとめ ~その2~

    yukiです。 前回のエントリから大分時間がたってしまいましたが、symfonyプラグインまとめ~その2~を...

    ブックマークしたユーザー

    • masaya-chonan2010/11/23 masaya-chonan
    • emorins2010/06/16 emorins
    • w65002010/06/04 w6500
    • goinger2010/04/27 goinger
    • katsat2009/10/28 katsat
    • minarai_wizard2009/08/05 minarai_wizard
    • e-kuroda2009/04/02 e-kuroda
    • cockok2008/12/25 cockok
    • kiyoshi12112008/10/16 kiyoshi1211
    • jaco-m2008/09/16 jaco-m
    • ykog2008/08/07 ykog
    • fugashi2008/06/25 fugashi
    • katsuya03242008/03/11 katsuya0324
    • IMAKADO2008/02/07 IMAKADO
    • kyuji2008/02/01 kyuji
    • ta11ka252008/01/29 ta11ka25
    • cos312008/01/28 cos31
    • bonnaroo2008/01/27 bonnaroo
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • ウノウラボ by Zynga Japan: Varnish上でESIの機能を利用する

      28 userslabs.unoh.net

      Keita です。 サンフランシスコで開かれたSymfony Liveで、Fabien Potencier氏によるHTTP Cacheという発表がありその中でESI(Edge Side Includes)の紹介がありました。 下の画像はちょっとみずらいですが、たとえばこのラボブログのレイアウトだと大枠の部分は常によりユーザに使いフロントの所(つまりCDNやキャッシュサーバ)側でキャッシュされていてAの部分とBの部分それぞれのコンテンツを別々にインクルードする形でキャッシュ制御することができます。 Symfony2のサイトsymfony-reloaded.orgでも、マニュアルがありますので、詳細はそちらを参考にしていただくとして、その中に、Varnishでもその機能が利用できることが紹介されていますので試してみたいと思います。 Varnishのインストールについては省略してとりあえず設定部
    • ウノウラボ Unoh Labs: ジンガジャパンの壁

      21 userslabs.unoh.net

      こんにちはhohtaです。オフィスが新しくなってからはや1ヶ月、移動したばかりの時はひろびろーとした感じでしたが採用活動が順調らしく、人口密度が上がってきました。 さて、提題の件ですが今回は技術的な話からちょっと離れて弊社にある壁を紹介したいと思います。一口に壁と言っても言語の壁、文化の壁、人生の壁、ぬりかべなど概念的なものから建物の壁面といった物理的なものまで様々ですが、この記事で扱うのは物理的な壁、新オフィスに作られているクライミング(ボルダリング)用の壁を紹介します。 どんな壁? こんな壁です。全長7m、高さ2.2mで手前が垂壁(90度)、奥が110度と角度がついています。建物の構造上高さが少し物足りないですが、そこは課題をトラバース(横移動)メインにしてカバーです。ちなみに、マットは埋込式ではなくボルダリング用のクラッシュパッドを登るときに敷いて使っています。埋込式と違ってスペース
    • ウノウラボ Unoh Labs: JavaライブラリでOAuth認証

      106 userslabs.unoh.net

      みなさん、こんにちは。 7月にウノウに入社しました細川です。 私は、これまでいろいろなオープンソースの恩恵にあずかってきましたが、こちらから貢献をしたことは、ほとんどありませんでした。この記事がお役に立てれば幸いです。 ウノウ入社前にはJavaを主に使っていましたので、今回は、JavaのOAuthライブラリを使う方法について書いてみたいと思います。 OAuthとはOAuthは、セキュアな認証手段として多く使われてきています。 twitterもweb APIの認証手段として採用しています。 OAuthを使った認証を行うことで、ユーザーはアカウントやパスワードを知られることなく、第三者サービスにAPIの使用を許可することができます。また、その認証は第三者サービスに関係なく取り消すことができます。 OAuth Community http://oauth.net/ OAuthコミュニティが各種プ
    • ウノウラボ Unoh Labs: zshはじめました。

      228 userslabs.unoh.net

      今までずっとbashを使ってきて、やっとこzshに乗り換えることに踏み切ったHIROKIです。 昔に同僚がOSデフォルトでついてくるシェルではもの足らず、zshを導入した後にシステムに大きな変更を加えてzshが正常に動作しなくなりました。ユーザーではもちろんログインできず、rootのシェルもzshにしていたために、rootでもログインできず、どうにもこうにもならない状態となっているのを目撃してからはOSデフォルト以外のシェルを使うのをやめていました。 扱うのはLinuxが中心だったので、いままでbashが中心。 FreeBSDを扱うときは、もちろんcshでした。 そして、ウノウではみんなzshであり、魔法のようなコマンドさばきを見ていて、とうとうzshに踏み切りました。 そんなこんながありまして、zshを改めて設定してみました。 皆さんも、導入を検討してみてはいかがでしょうか。 まず、

    Macworld 2008 Steve Jobs Apple Keynote Highlights

    2 users http://jp.youtube.com/

    Linux Salad: rsyncでファイルのバックアップ

    7 users https://linuxsalad.blogspot.com/