• 生きるつらさに向き合うということ - Letter from Kyoto

    2016 - 01 - 01 生きるつらさに向き合うということ 外 生きていくのがつらいという話は、なかなか相対化できる話ではない。個々人の環境や適性に沿った喜びや哀しみ、問題がある。そういうのは誰しもが抱え続きを表示

  • 人気コメント
  • 新着コメント
  • すべてのブックマーク

  • kkzy9 kkzy9 人の悩みは他人が口出しすることではなく、自分で人の話を参考にしたり考えて解決に導いていくものだと思う。
  • Togami_Arahi Togami_Arahi “現代人にとって不安要素となるものは、大別すると3つに絞れるのではないかと思う。”“3つの不安要素とは、お金、健康、孤独ではないかと思う。それらは究極に言えば解決できない問題かもしれない。”
  • shigusa_t shigusa_t 人それぞれ異なるつらさがあって、理解も共感も望めないけど、影響を及ぼすことはあって。そういうか細い希望によって発信されるものが、各々のつらさとの対峙でしかない生に彩りを添えていく構図は綺麗だなと思う。
▼ ブログで紹介する
最終更新: 2016/01/01 11:47

ユーザーはみんなでブックマークを共有して、効率良く情報収集しています。あなたもはてなブックマークを始めてみませんか?

このエントリーを含むはてなブログ(2)

関連エントリー

関連商品

同じサイトのほかのエントリー

おすすめカテゴリ - 結婚・婚活