• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
tyosuke2011 tyosuke2011 Unreal Engineやるには結構ネットワーク環境とPCスペック要る気がする

2016/06/26 リンク

    関連記事

    ビギナーのためのUnreal Engine ブループリント入門

    ※ページが正常に表示されない場合 AddBlockなどの広告ブロックツールONになっていると、ページの一部...

    ブックマークしたユーザー

    • tyosuke20112016/06/26 tyosuke2011
    • fereria2016/05/30 fereria
    • field_combat2015/04/06 field_combat
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • 30分でわかる(かも知れない)Groovy超入門!(3/5):初心者のためのGroovy/Grails入門 - libro

      1 userslibro.tuyano.com

      続いて、制御構文について説明しましょう。これらも基本的にはJavaと同じですが、より便利なように拡張されています。 条件分岐の基本「if-else」はJavaとほぼ同じです。以下のようにifとelse、条件を指定して記述します。 if (条件){ ……true時の処理…… } else { ……false時の処理…… }Groovyでは、ゼロやnullもfalseとして扱われます。例えば、if (x * 2)というように条件設定すると、x * 2の値がゼロだとelse以降を実行するようになります。ゼロ以外の値は、プラスでもマイナスでもすべてtrue扱いとなります。 switch( チェックする値 ){ case 値: ……実行する処理…… break; ……必要なだけcaseを用意…… }switch-case文も、基本はJavaと同じです。ただし! 決定的に違うのは、caseに整数以外の
    • 30分でわかる(かも知れない)Groovy超入門!(3/5):初心者のためのGroovy/Grails入門 - libro

      1 userslibro.tuyano.com

      続いて、制御構文について説明しましょう。これらも基本的にはJavaと同じですが、より便利なように拡張されています。 条件分岐の基本「if-else」はJavaとほぼ同じです。以下のようにifとelse、条件を指定して記述します。 if (条件){ ……true時の処理…… } else { ……false時の処理…… }Groovyでは、ゼロやnullもfalseとして扱われます。例えば、if (x * 2)というように条件設定すると、x * 2の値がゼロだとelse以降を実行するようになります。ゼロ以外の値は、プラスでもマイナスでもすべてtrue扱いとなります。 switch( チェックする値 ){ case 値: ……実行する処理…… break; ……必要なだけcaseを用意…… }switch-case文も、基本はJavaと同じです。ただし! 決定的に違うのは、caseに整数以外の
    • 配列からポインタへ!(3/5):Objective-C初心者のためのC言語超入門 - libro

      1 userslibro.tuyano.com

      さて、この「char配列でテキストを扱う」というの、まぁ一応テキストを利用出来るようにはなりましたが、なんだか面倒くさいと思いませんか? テキストを出力するのに、繰り返しを使って1つずつ文字を取り出していくなんて……。もうちょっとスマートなやり方がほしいところですね。実を言えば、テキストを出力するなら、printfはこれだけでOKなんです。 printf("%s",arr);「%s」というのは、テキストとして値をはめこむための記号です。こうすれば、arr配列のテキストをそのまま書き出すことが出来るのですね。これはとても便利です。――が、しかしこれはprintfという関数が独自にそういう機能を持っているからできることです。実際の値の利用においては、テキストは他の数字などの値とはちょっとばかり扱い方が違ってきます。 例えば、ある変数に収めたテキストを、別の変数に収めるとしましょう。普通に考えれ
    • コンポーネントの基本コードを理解する(4/6):初心者のためのAngular2入門 - libro

      1 userslibro.tuyano.com

      これでコンポーネントの基本はわかりましたが、「app」フォルダを見ると、この他にもファイルがあることに気づきます。それは、index.tsとenvironment.tsです。 index.tsは、この「app」内のコンポーネントにアクセスがあるときにデフォルトでロードされるものです。ここには、以下のようなexport文が記述されています。 export * from './environment'; export * from './app.component'; これで、environment.tsとapp.component.tsが、呼び出している側にエクスポートされ利用できるようになります。つまり、必要なスクリプトファイルを利用できるようにここで設定していたのですね。 environment.tsでは、以下のような単純な処理が用意されています。 export const enviro

    r_main.htm

    1 users http://www.ragnarok.co.kr/

    Denatonium Benzoate 3734-33-6 | 東京化成工業株式会社

    1 users http://www.tcichemicals.com/