• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
Look4Wieck-2 Look4Wieck-2 [d 書籍 自伝/手記/手紙][b1 交響曲][b1 交響詩・序曲など][cC ムラヴィンスキー][aA 20世紀][aN ショスタコーヴィチ]

2009/04/02 リンク

    関連記事

    エフゲニー・ムラヴィンスキー :: Evgeny Mravinsky|おすすめ 名盤|クラシック音楽名盤,名作紹介|Look4Wieck.com

    ロシア指揮者と言えば、いまでも筆頭に挙がるエフゲニー・ムラヴィンスキー革命ですっかり没落した...

    ブックマークしたユーザー

    • Look4Wieck-22009/04/02 Look4Wieck-2
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • | トルストイ 『クロイツェル・ソナタ』|クラシック音楽名盤,名作紹介|Look4Wieck.com

      1 userlook4wieck.com

      トルストイ著『イワン・イリイチの死 / クロイツェル・ソナタ 』 望月哲男訳 光文社文庫 トルストイ著『クロイツェル・ソナタ / 悪魔 』 原卓也訳 新潮文庫 長距離電車に乗りあわせた人々。話が、結婚観におよび、愛あってこその結婚だと意見の一致を見ようとしたとき、一人の男が反論し、自らの苦悩の物語を語りはじめます。 その男、公爵ボーズヌイシェフは、美しい妻を娶ったものの、結婚生活はすぐにいがみ合いへと暗転。挙句の果ては、妻の浮気に激情し・・・・・ このトルストイの名作『クロイツェル・ソナタ』では、男の独白を通じて、性愛の議論が展開されています。 それはトルストイ一流の倫理観に基づくものでもありましょうが、敢えて極論を展開したものと言って良いと思います。 極論であるだけに、読者は、さまざまに考えをめぐらせることができるということでしょう。 ***** 公爵が妻の浮気を確信するにあたり、大きな
    • 鈴木 秀美著『古楽器』よ、さらば!|おすすめ名盤・CD|クラシック音楽名盤,名作紹介|Look4Wieck.com

      2 userslook4wieck.com

      [1]バッハ入門に最適の本では?・・・と、バッハ・コレギウム・ジャパンの指揮者、鍵盤楽器奏者、音楽研究家の鈴木雅明氏の著作を二冊ご紹介したところですが、 鈴木 雅明・加藤 浩子著 バッハからの贈りもの −バッハ入門に最適! [2] 鈴木 雅明著 わが魂の安息、おおバッハよ!− バッハをもっと知りたい方へ [3] 本日は、鈴木雅明氏の弟さんにあたるチェリスト 鈴木秀美氏の著作 鈴木 秀美著『古楽器』よ、さらば! [4] をご紹介致します。 ご尊兄の雅明氏の二冊は、合唱曲、管弦楽曲、そして、鍵盤楽曲をおもに扱っていましたので、メジャーなジャンルとしては、「弦楽器は・・・?」と気になるところ。 そこをうまく補完するのがこの書籍。演奏会のパンフレット、レクチャー・コンサートの講義メモ、CDジャケットの文章を集め一冊と成したものです。秀美氏は、チェリストでいらっしゃいますから(近年は指揮者としてのご
    • のだめカンタービレ第11巻 CD おすすめ名盤|クラシック音楽名盤,名作紹介|Look4Wieck.com

      2 userslook4wieck.com

      [1]二ノ宮知子『のだめカンタービレ』を題材に、Look4Wieck.comのおすすめ名盤・名著をご紹介しております。この度は第11巻 Lesson 59〜64 [2]! のだめを契機にいろいろ聞くぞ!でも、何から聴いたら・・・とお迷いの方に、楽しんで頂けたら幸いです。書き手の趣味がありますので、そこはご容赦を! ****** [3]二ノ宮知子『のだめカンタービレ』第11巻 曲目Index Look4Wieck.comが選ぶ、迷ったときのおすすめ名盤 《第11巻》Lesson 59〜64 巻頭扉絵の楽譜&Lesson 59 ) R.シュトラウス:交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》 Op.28(既出。第8巻の該当部分 [4]へ) Lesson59) ラロ:スペイン交響曲 ニ短調 Op.21 [5] Lesson59&60) チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 O
    • 鈴木 雅明 わが魂の安息、おおバッハよ!|バッハ 名盤 CD おすすめ|クラシック音楽名盤,名作紹介|Look4Wieck.com

      3 userslook4wieck.com

      [1]バッハ入門に最適の本では?・・・と、鈴木 雅明・加藤 浩子『バッハからの贈りもの』をご紹介 [2]ずみですが、本日取り上げるのは、 鈴木雅明氏の次著『わが魂の安息、おおバッハよ!』 [3] です。 前著はインタビュー形式で、一般の読者に大変判りやすく・読みやすい形で、バッハのさまざまな音楽、鈴木氏の音楽感・活動のあれこれを紹介する入門書。 今回ご紹介する書籍、『わが魂の安息、おおバッハよ!』 [4]は、演奏会のパンフレットや誌面への投稿など、折々鈴木氏が発表した文書を纏めたもので、性格は異なりますが、特に カンタータや受難曲などの声楽曲の音楽的・文化的・歴史的な詳細 パイプオルガンという楽器の音楽的・文化的・歴史的な詳細 を知りたいという方には、大変示唆的な書籍です。 我々はバッハの声楽曲を、ついつい単なる音楽としてコンサートや居間で楽しんでおります。現代人がそういう受容をするのはや

    4Sで考えるソリューションビジネス (1/3):EnterpriseZine(エンタープライズジン)

    2 users https://enterprisezine.jp/

    http://www.modelstudiot-h.com/

    1 user http://www.modelstudiot-h.com/