• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
shichimin shichimin 小説は素直に面白かったですよ。

2010/12/21 リンク

agricola agricola タイトルを目にした瞬間「"~問題の最終解決"というフレーズを使うような認識の持ち主が何を論じるというのだ!」と一瞬で沸点を超えた上に、ブコメを読んで頭を冷やしてから本文を読んだらガッカリ感が増幅された。

2010/12/20 リンク

morimori_68 morimori_68 良いアイデア。ゼニカネの問題ではないという気持ちはわかる。しかし、だからといって、よってたかって知恵袋の口をふさぎにかかるのが正しいか? そうは思わない。/財源問題に向き合う必要がある。

2010/12/16 リンク

gaka48 gaka48 加害国の支配層と一般国民とでは問われるべき戦争責任が同等でないことは当然だとしても、加害国国民として負うべき責任が一切無いという訳でもないと思うが。

2010/12/16 リンク

mojimoji mojimoji この問題について書かれた「修正主義者の立場ではない」まともな本を1冊でも読んだらこういう議論には絶対にならないと思うんだ.タイトルの「最終解決」以外にも.繰り返すけど,絶対に.

2010/12/16 リンク

dimitrygorodok dimitrygorodok ここでなされてる提案の妥当性は兎も角としてこれは日本がなすべき事の一部に過ぎませんね/戦争放棄という理念を軽く見る人が現実派を名乗る“現実”が実に悩ましい……

2010/12/15 リンク

m-matsuoka m-matsuoka 敗戦国や犯罪者には何をしてもよい。を全否定することから戦後人権思想は始まった。この案に賛成するのは日本人に対する人種差別を肯定するのと同じ。ユダヤ人資産を合法的に収奪したナチスと同じ事を行っている。

2010/12/15 リンク

shinichiroinaba shinichiroinaba 「最終解決」って言葉づかい以外に別に悪いところは見当たらない。しかしもちろん目新しくもない。つ「基金」

2010/12/15 リンク

hokusyu hokusyu とりあえず"謝罪と赦し"の問題に関しては何も考えてないんだな、とは。

2010/12/15 リンク

matsuo_tadasu matsuo_tadasu 当初タイトル「戦後補償問題の最終解決案」の中の「最終解決」という表現は、取り扱うテーマ上極めて不適切でした。深くおわび申し上げます。ご教示いただきました、id:Apeman様、id:REV様、id:Cunliffe様に深く感謝します。

2010/12/15 リンク

Cunliffe Cunliffe なるほど戦後補償問題をガス室送りにしたいと。なるほどなるほど。

2010/12/15 リンク

flurry flurry 何重ものレベルでキモくて奇怪なので、どこからツッコミを入れていいかよくわからなくなりそうなのですが。とりあえず松尾匡氏の評価について最終的解決することにいたします。アウトォーー!

2010/12/15 リンク

kyo_ju kyo_ju "いつの間にか日本人全体が、中国人全体や韓国人全体に世代を超えて責任を負うかのような図式に"その日本人が支配エリートと済し崩しに融合したこと、未だに中国人や韓国人を差別していることからそうなったのでは。

2010/12/15 リンク

REV REV 問題の「最終解決」。文化を大いに革命しようとするときに、「文化大革命」とか名づけそうな雰囲気ではある。

2010/12/15 リンク

lotus3000 lotus3000 これは松尾さんらしいアイデア。それと左翼があまりにもいろんな部分を吸収しすぎていたと思う。冗談抜きで必要。/ただそれとは別に日本民族の罪を謝罪すべきだと思う。ペアでやらんと

2010/12/15 リンク

ishikawa-kz ishikawa-kz 松尾匡氏による東京都青少年健全育成条例への時評もかねた、奇想天外な(?)アイディア

2010/12/14 リンク

arama000 arama000 確かに日本国民も犠牲者。でも戦後補償問題が子孫に残るのは歴代日本政府が問題を残したから。子孫が批判するなら今までの政府のありよう。そして金だけの問題ではない。従軍慰安婦犠牲者が求めるのは名誉回復と謝罪

2010/12/14 リンク

Apeman Apeman 「最終解決」という用語のセンスからして信じられんな/ぶっちゃけデフレ脱却議連の会長がこの案飲むか? を考えれば答えは自明でしょ>id:morimori_68

2010/12/14 リンク

invictus invictus でも経済対策ありきという印象は受けてしまうかな。

2010/12/13 リンク

rna rna リフレ派最左翼からの提言…!

2010/12/13 リンク

    関連記事

    戦後補償問題の最終解決案

    松尾匡のページ1012月12日 戦後補償問題についてのアイデア ※当初タイトルの中の「最終解決」という...

    ブックマークしたユーザー

    • shichimin2010/12/21 shichimin
    • agricola2010/12/20 agricola
    • morimori_682010/12/16 morimori_68
    • gaka482010/12/16 gaka48
    • mojimoji2010/12/16 mojimoji
    • peppers_white2010/12/16 peppers_white
    • dimitrygorodok2010/12/15 dimitrygorodok
    • yomimonoya2010/12/15 yomimonoya
    • m-matsuoka2010/12/15 m-matsuoka
    • shinichiroinaba2010/12/15 shinichiroinaba
    • hokusyu2010/12/15 hokusyu
    • matsuo_tadasu2010/12/15 matsuo_tadasu
    • Cunliffe2010/12/15 Cunliffe
    • flurry2010/12/15 flurry
    • sivad2010/12/15 sivad
    • kyo_ju2010/12/15 kyo_ju
    • REV2010/12/15 REV
    • kokogiko2010/12/15 kokogiko
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • Keiki1307kouen.ppt

      1 usersmatsuo-tadasu.ptu.jp

    • 羽入-折原論争を読んだ

      1 usersmatsuo-tadasu.ptu.jp

      松尾匡のページ 04年9月9日 羽入-折原論争を読んだ 羽入辰郎という人が『マックス・ウェーバーの犯罪』(bk1amazonYahoo!)という刺激的なタイトルの著書を出してデビューしたのを受けて、ベテランのウェーバリアンの折原浩が『ウェーバー学のすすめ』(bk1amazonYahoo!)という批判本を出した。北大の橋本努氏は、羽生-折原論争のホームページまで作っていて、この論争への参加者達の論評を掲載している。 まあ、私などは、ウェーバーについては大塚訳の『プロ倫』を岩波文庫でざっと通読しただけで、あとは山之内靖や佐久間孝正の解説を読んでいるだけのド素人なので、両著とも野次馬的に「へぇー、へぇー」と言いながらずいぶん楽しませてもらった。 羽入が言っていることは、「犯罪」とか「詐欺師」とかの挑発用のレトリックを全部除いて簡単に言えば、「『プロ倫』でウェーバーは、ルターが本当はBeruffと
    • 『マルクスの使いみち』の読まれ方にショック(06年3月23日) - 松尾匡のページ

      2 usersmatsuo-tadasu.ptu.jp

      松尾匡のページ 06年3月23日 『マルクスの使いみち』の読まれ方にショック 稲葉さん、吉原さんとの共著の『マルクスの使いみち』ですけど、僕は「松尾が吉原に論破された」という読み方をされることを心配していました。 いざ出版されて、あちこちのブログやアマゾンで書評が出ているのを読んだら、それ以前の問題だったことがわかってショック。ほとんどの人が著者三人が同じ立場とみなして評論していました。もう・・・私はアナマルじゃないって!! 第1部は三人共闘していますが、第2部は吉原さんと私は互いに違うことを言っています。第3部は私は加わっていないのですが、お二人の対談の内容についてはほぼ全面的に受け入れがたいので、あとがきで批判を加えてあります。 上にリンクした本サイトの著書紹介ページでも書きましたが、第2部では、目下の論争中のテーマについて稲葉さんとの対談で簡単に解説したら、あとで吉原さんと原稿を伸ば
    • 松尾匡のページ:白井聡さんの反論白熱講義(2018年7月11日)

      20 usersmatsuo-tadasu.ptu.jp

      松尾匡のページ18年7月11日 白井聡さんの反論白熱講義 前回のエッセーで取り上げた白井聡さんの『国体論』の感想について、白井さんご本人からの反論をいただきました。それが、大阪労働学校のご自分の講義の一回をまるまるあてていただいたもので、あと二回かそれくらいしか残ってなかったと思いますけど、それはかたじけない。 いや何より、労働学校のHさん、学校の宣伝になってホクホクですな(笑)。 白井さんの講義(90分)は下記より聴けますので、聴いてみてください。 http://twitcasting.tv/roudouassocia/show/ 「7/10白井聡の政治ラジオ」の三ファイルに分かれているものです。 私の書き方がうまくないのか、私が書評全体を通じて言いたいことへの直接のお答えはいただけなかった気がします。 「大衆にやさしくない」話は別にして、残りのところでの私の問題意識は、「日本を今のメル

    2009-10-02 - ぐ戒

    1 users http://d.hatena.ne.jp/kkshow/

    Japan's WiMax - another Galapagos? - Tech Mom from Silicon Valley

    1 users http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/