• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
ict_in_education ict_in_education “教育にとってICTは授業に使うための手段の一つなどでは決してありません。社会のあり方を根本的に変えてしまった要因です。”

2019/03/12 リンク

    関連記事

    むらログ: ICTは教育にとって手段に過ぎない・・・のか?

    冒険家の皆さん、今日デススターの溝の中をタイファイターに追われながらXウィングで疾走していますか...

    ブックマークしたユーザー

    • ict_in_education2019/03/12 ict_in_education
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 世の中

    新着記事 - 世の中

    同じサイトの新着

    • むらログ: 原本主義とハンコが日本を滅ぼす

      1 usermongolia.seesaa.net

      冒険家の皆さん、今日も蜜柑の汁で書かれた宝箱の隠し場所を蝋燭の炎で炙り出していますか? さて、このブログにも何度か書いてきましたように、昨年11月下旬から今年の元旦まで日本に1ヶ月ちょっと滞在しておりました。その間、父の死去に伴う様々な行政手続等を体験してきたのですが、そのあまりの非効率さに心の底から驚愕と落胆を感じておりますので、今日はそのことについて書いておきたいと思います。 まず、手続きが煩雑で、色々な書類が必要になるというのは、日本でもカナダでも同じです。「こんな一見関係ないように見える書類まで本当に必要なのか」というものまで要求されて、それを役所に提出しなければいけないのは、僕もカナダの労働ビザを取るときに痛感しました。 ただ1つだけ違うのは、カナダの行政手続きは原本を必要とせず、スキャンされた電子データだけで全て手続きが進むということです。僕は1度もカナダ大使館に行く必要はあり
    • むらログ: 父が最後に教えてくれたこと 在宅医療とホームスクリング

      2 usersmongolia.seesaa.net

      冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか? さて前の記事にも書いたように、昨年末に父が亡くなりまして、その際に僕自身が全く知らなかった社会の色々な部分を体験することができました。実際には父が教えてくれたわけではありませんが、父のおかげで体験することができたという意味で、ここでは父が最後に教えてくれたこととしておきます。 前の記事ではかなりネガティブなことを書いてしまいましたが、父を看取ることによって見えてきたのは実はそれだけではありません。日本の医療制度は30年以上前に僕が交通事故で入院していた時よりずいぶん進化していて、 かつ教育の問題と実は根が同じ問題を抱えているように見えたので、今日はそのことについて書いておきたいと思います。 今日お話ししたいのは在宅医療という一つの医療の形です。末期癌などの重篤な病人も、今では入院しないで在宅で医療を受けることができるよう
    • むらログ: 原本主義とハンコが日本を滅ぼす

      1 usermongolia.seesaa.net

      冒険家の皆さん、今日も蜜柑の汁で書かれた宝箱の隠し場所を蝋燭の炎で炙り出していますか? さて、このブログにも何度か書いてきましたように、昨年11月下旬から今年の元旦まで日本に1ヶ月ちょっと滞在しておりました。その間、父の死去に伴う様々な行政手続等を体験してきたのですが、そのあまりの非効率さに心の底から驚愕と落胆を感じておりますので、今日はそのことについて書いておきたいと思います。 まず、手続きが煩雑で、色々な書類が必要になるというのは、日本でもカナダでも同じです。「こんな一見関係ないように見える書類まで本当に必要なのか」というものまで要求されて、それを役所に提出しなければいけないのは、僕もカナダの労働ビザを取るときに痛感しました。 ただ1つだけ違うのは、カナダの行政手続きは原本を必要とせず、スキャンされた電子データだけで全て手続きが進むということです。僕は1度もカナダ大使館に行く必要はあり
    • むらログ: クアラルンプールの皆さんとお話しました!

      1 usermongolia.seesaa.net

      冒険家の皆さん、今日も暗い森の奥の明かりの消えた古い城に忍び込んでいますか? 僕はこれからオンタリオ州のロンドンに、カナダ日本語教師振興会の年次大会に出席するために行くところです。また空港でこれを書いています。 さて、おとといマレーシアのクアラルンプールの日本語教師研修でゲスト講師として話をさせていただきましたので、資料を共有します。マレーシアと言っても、僕はオンラインでの参加だったので自宅にいたのですが。参加者の半分は国際交流基金クアラルンプール日本文化センターのホールでパブリックビューイングのような形で参加し、残り半分ぐらいはオンラインでした。 実はこういうパブリックビューイングのような形のオンラインのセミナーというのは、相手のリアクションが分かりにくくて、とてもやりにくいことがあるのですが、今回は現地の三浦多佳史JF上級専門家が現場のまとめなどをしてくださったので、大変やりやすかった

    志位和夫 on Twitter: "「原発ゼロ法案、1年経っても審議されず 与党が拒む」 1年も棚ざらしとは。法案は「30年までに再生可能エネルギー割合を40%以上」「立地地域の雇用経済対策について国が支援を行う」などエネルギー転換の具体的方策を盛り込んでいる。与党… https://t.co/NBLKpR0le6"

    1 user https://twitter.com/shiikazuo

    Axlsxで縦書き - なんとなく日々徒然と

    1 user http://yoshitsugufujii.github.io/