• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
kicyon kicyon djbdns

2008/09/26 リンク

    関連記事

    DNS サーバ djbdns

    DNS サーバである djbdnsインストールと設定についてまとめてみました。tinydnsゾーン設定やデー...

    ブックマークしたユーザー

    • kakkun612015/08/20 kakkun61
    • sakaiwa2013/12/30 sakaiwa
    • tagamy2013/06/13 tagamy
    • Surgo2013/05/30 Surgo
    • kicyon2008/09/26 kicyon
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • EZ-NET: システムログのコンソール出力を停止する (CentOS 5.5) : Linux の使い方

      1 usersnetwork.station.ez-net.jp

      □ syslog のログ出力を調整する Linux には syslog という、システムの稼働で生じるログを記録する仕組みが用意されています。 CentOS 5.5 ではディフォルトで、システムログがコンソール画面にも表示されるようになっているようでした。そのため、たとえば iptables でパケットをフィルタリングした時に、そのログを記録しておこうとした場合に、画面にログが表示されて、操作の妨げになることがありました。 システムログをコンソールに表示させないようにするためには、CentOS 5.5 では "/etc/sysconfig/syslog" の内容を調整します。 この中の "KLOGD_OPTIONS" という値を探し、その内容を次のように調整します。 KLOGD_OPTIONS="-x -c 4" 既定では "-x" だけが設定されているので、それに "-c 4" を追加し
    • EZ-NET: Linux で DHCP から IP アドレスを再取得する

      1 usersnetwork.station.ez-net.jp

      □ DHCP から再度 IP を取得する Linux では、例えば eth0 の IP アドレスを DHCP サーバーから再取得したい場合には、次のようにします。 dhclient -r eth0 dhclient eth0 dhclient を 2 回実行する必要がありますが、最初の 1 回目で DHCP から取得した IP アドレスを解放し、2 回目の実行で DHCP サーバーから IP アドレスを再度取得しています。
    • EZ-NET: HAL デーモンを起動できない

      1 usersnetwork.station.ez-net.jp

      □ haldaemon あるとき、HAL デーモンを起動できないことがありました。 厳密には、HAL デーモンを再起動しようとしたところ、必ず "HAL デーモンを停止中" のところで [失敗] になってしまっていて、"HAL デーモンを起動中" で [OK] の後にプロセスを確認してみても、"hald" が起動していないことに気付いたのでした。 ちなみに HAL デーモンというのはどうやら、ハードウェアの接続をリアルタイムで監視して、それらの情報を他のアプリケーションが利用して機器の接続に反応したりといったことができるもののようです。 この HAL デーモンが起動できない原因について調べてみたところ、どうやら HAL デーモンは "messagebus" デーモンに依存することがわかりました。 試しに "chkconfig --list | grep messagebus" で起動状態を
    • EZ-NET: 特定のドメインを外部の DNS サーバーへフォワードする (CentOS 5.5): Linux の使い方

      1 usersnetwork.station.ez-net.jp

      □ 特定のドメインに対する問い合わせを外部 DNS サーバーへフォワードする DNS サーバーは、再帰問い合わせが有効でなければ、自身に登録されているゾーン情報を用いて問い合わせに対して回答を行おうとします。 他の DNS サーバーに登録されているゾーン情報を使用したい場合には、その問い合わせを別の適切な DNS サーバーへ転送(フォワード)することで、それを実現することができるようになっています。 キャッシュサーバーのように再帰問い合わせが有効になっている場合にも、ルートヒントを頼りに外部の DNS へ問い合わせを転送して情報を取得しますが、このフォワーディングによる問い合わせは、あらかじめ DNS の管理者がピンポイントで指定した DNS サーバーを使用するという点が大きく異なります。 たとえば、社内専用のローカルドメインなどの場合には、ルートヒントからそれを辿ることができませんので、

    Yahoo!ミュージック - Bank Band『BGM Vol.2〜沿志奏逢』特集

    1 users http://music.yahoo.co.jp/

    IT トピックス iモードで古本や中古CD販売

    1 users http://news.goo.ne.jp/