• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    概日リズムと心臓突然死との関連を示す分子的機序が明らかに 海外ニュース【健康美容EXPO】

    概日リズムサーカディアンリズム)と心臓突然死を関係付ける分子的なエビデンス科学的根拠)が初め...

    ブックマークしたユーザー

    • PSV2012/03/09 PSV
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    関連商品

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • 記憶サポート(機能性表示食品)を発売/ファンケル プレスリリース【健康美容EXPO】

      1 usersnews.e-expo.net

      株式会社ファンケルは 4 月19 日(木)から、加齢に伴い低下する記憶力が気になる方におすすめの機能性表示食品「記憶サポート」(30 日分:2,160 円<税込>)を通信販売と直営店舗で新しく発売します。同製品に含まれる「イチョウ葉由来フラボノイド配糖体」と「イチョウ葉由来テルペンラクトン」が、物忘れが多くなったと感じ始める中高年の方の記憶力を維持します。 <製品特長> ◆「イチョウ葉」由来の 2 成分が記憶力をサポート! 同製品には、機能性関与成分として中高年の記憶力の維持に役立つことが報告されている「イチョウ葉由来フラボノイド配糖体」と「イチョウ葉由来テルペンラクトン」が含まれます。さらに、米ぬかやイネ科の植物に多く含まれる「フェルラ酸」や「ビタミンB群」、「ビタミンD」の成分も併せてお摂りいただけます。 ◆研究レビューで科学的根拠を確認 機能性表示食品の科学的根拠として、「イチョウ葉
    • Tie2(タイツー)活性化に関する4つ目の特許を取得/丸善製薬 プレスリリース【健康美容EXPO】

      1 usersnews.e-expo.net

      丸善製薬株式会社は、ツルレンゲエキスの Tie2(タイツー)活性化に関する特許を取得しました。 同特許は、Tie2(タイツー)活性化に関する同社では 4 つ目の登録特許となります。 ・特許番号 / 特許 6280685 号(登録日 2018 年 1 月 26 日) ・発明の名称 / Tie2 活性化剤、血管新生抑制剤、血管の成熟化剤、血管の正常化剤、及び血管の安定化剤」 ・関連素材 / ツルレンゲ抽出物 ・権利範囲 【請求項 1】 ツルレンゲ抽出物を有効成分として含有し、Tie2 活性化作用を有することを特徴とする Tie2 活性化剤。 【請求項 2】ツルレンゲ抽出物を有効成分として含有し、Tie2 活性化作用に基づく血管新生抑制作用を有することを特徴とする血管新生抑制剤。 人間の体にある血管の 99.9%を占めるとされている毛細血管は一本に繋げると地球約 2 周半の距離になると言われ、カ
    • 美容業界で初めての認定「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」/社会起業家パートナーズ プレスリリース【健康美容EXPO】

      1 usersnews.e-expo.net

      「コミュニティサロン と和」、「訪問美容 と和」(運営:株式会社社会起業家パートナーズ)は、東京ライフ・ワーク・バランス認定企業 (※)に選出されました。 美容業としては初めての選出であり、2月8日(木)に開催される「ライフ・ワーク・バランスフェスタ 2018」で、小池百合子 東京都知事から認定状授与があり、同社はセミナーを行う予定です。 (※)東京都産業労働局が“従業員が生活と仕事を両立しながら、いきいきと働き続けられる職場の実現に向けて優れた取り組みを実施している企業"を評価し、広く公表する認定制度で、2008 年より毎年実施されています。今年度は 11 社が認定されています。 ■美容業の抱える雇用環境問題 政府によって、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章が策定されたのが平成19年12月18日。策定から10年が経過しましたが、美容業は長時間労働や時短勤務への対応の遅れとい
    • ビフィズス菌A1のアルツハイマー型認知症の発症を抑える可能性について/森永乳業 プレスリリース【健康美容EXPO】

      1 usersnews.e-expo.net

      森永乳業株式会社は、病態モデル動物を用いたアルツハイマー型認知症(以下アルツハイマー病)の予防効果の検討を行い、「Bifidobacterium breve A1(以下「ビフィズス菌 A1」)」がアルツハイマー病の発症を抑える可能性があることを発見しました。 「ビフィズス菌 A1」を摂取することにより、空間認識力及び学習・記憶能力の改善が確認され、アルツハイマー病の発症を抑える可能性が明らかになりました。 なお、同研究は、東京大学大学院農学生命科学研究科阿部啓子特任教授、及び地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所との共同研究によるものです。 <研究の背景と目的> 近年、腸内細菌と健康が密接に関連していることが明らかとなっており、腸内細菌を含めた腸と脳の機能連関を意味する“脳腸相関”が注目されています。 また、これまでに一部のビフィズス菌や乳酸菌の抗不安作用が報告されるなど、プロバイ

    Retina display対応のデザインも幅320pxで作って問題ないんじゃないかという話 | キョウダケダカンナー

    3 users http://today-only.net/

    プラセンタ原液で大人気です『アライブホワイト』つやつや美肌を目指す、一家の日々の日記。メイク・スキンケア・ファッション時々ネコ

    0 users http://tuyatuyabihadablog.blog61.fc2.com/