はてなブックマーク

ページをブックマークして共有する

ビル・ミッチェル「MMTが論ずるのは『現実が何か』であって、『現実がどうあるべきか』ではない」(2017年4月20日) — 経済学101

18 users

econ101.jp

    ブックマークしているユーザー

    • woykiakes woykiakes 伝統宗教に噛み付く新興宗教の図 2018/01/31
    • hapoa hapoa ”偽物の知識の維持によって利権を確立した人々による新しい知見への抵抗”"MMTは現実と非常に強い関係を持っている。一方で、主流派経済学は、現実の大部分を扱えない。" 2018/01/26
    • tamurin7 tamurin7 (主流派経済学は)知識が一から十まで偽物であるのに、その学問分野の支配が維持される。メディアや、専門的地位や昇進、学術基金へのアクセス、外部者を真実から遠ざけるための様々な偽装工作によって。 2018/01/26
    • chintaro3 chintaro3 「賃金を抑圧し、利益を高めるために、大量の失業の予備を確保するという欲望を実現しようとするとき、彼らは財政赤字の削減を提案するだろう。」 2018/01/26

    もっとよむ