• 人気のコメント(10)
  • 全てのコメント
totttte totttte ブコメ読むと無理そう

2017/09/09 リンク

chess-news chess-news  防衛重視で諸島防衛できたのかなー。イギリスとは対ロシアである程度話が付いていたのではないのかな。 そっち抑えれば、ドイツとの秘密ルートの効率が上がったかも

2015/12/05 リンク

moons moons 長い。それでかんこれは延々インド洋で戦うのか

2015/12/04 リンク

hiro7373 hiro7373 申し訳ないがほんとに空想に過ぎないかな。企業が失敗するときに、物理的なリソースが原因にならないの考えればわかりそうなものだが。

2015/12/04 リンク

KoshianX KoshianX そんな高度な外交できてたら他にも勝つ方法あったのでは……という気もするけどおもしろいな。なるほど回転ドア方式ねえ。有効国力なら米国は3倍程度、というのもおもしろいな

2015/12/03 リンク

teracy_junk teracy_junk おもしろい

2015/12/03 リンク

fumisan fumisan おもしろい

2015/12/03 リンク

TuvianNavy TuvianNavy 海軍力は逆2乗力だっていう仮定、燃料代とかから来ているならまあ妥当かなあ

2014/09/03 リンク

emiyosiki emiyosiki 突然ネットで評判になった10年前に出されたIFシナリオ

2013/09/13 リンク

nakarx nakarx 戦術的にはありだったかもと素人目には思える話。その後の話も含めて

2013/09/05 リンク

ncc1701 ncc1701 これをこなせる外交能力があったなら、そもそもアメリカと決裂もしなかったと思う。

2013/09/05 リンク

nattoh nattoh 三正面作戦。。宮崎先生が雑想ノートで空母イラストリアスを撃沈していた希ガス

2013/09/05 リンク

blueribbon blueribbon 「日本としては兵力を東へ向けるんじゃなくて、太平洋では基本的に防勢をとる一方、すべてを西へ向けてインド洋で攻勢をとり、初手で拠点を確保してしまって、連合国側の生命線たるこの3本の動脈を脅威する。」

2013/09/04 リンク

kari-ko kari-ko 面白い。

2013/09/04 リンク

ledsun ledsun はてなブックマークコメントのツッコミも合わせて面白い。

2013/09/04 リンク

unyuunyuho unyuunyuho 太平洋戦争の盲点とその戦略的解答

2013/09/04 リンク

kz78 kz78 HOIで良く「政体スライダーを独裁から民主的に寄せればアメリカと同盟も可能だから〜」って簡単に言うけど、自分が独裁者だったら政体を民主的に寄せるのは自分の死刑執行にサインするようなもんだし…

2013/09/04 リンク

yukkie_strike yukkie_strike 妥当性は全然わからないけど、SFとして面白く読んだ/ブコメがさらに色々おもしろい。純粋に興味を魅かれるというか。

2013/09/04 リンク

scopedog scopedog こういう人に詰め将棋やらせると、玉将が勝手に飛び出てきてどんな譜面でも3手詰めにしちゃいそうだ。

2013/09/03 リンク

witchstyle witchstyle (2004/05公開のページ) 「連合軍の重要な動脈が3本通っていたインド洋側を攻略していたら」の話。関連する文章一覧はこちら > http://pathfind.motion.ne.jp/sitemap.htm#f2

2013/09/03 リンク

guerrillaichigo guerrillaichigo おもしろい!

2013/09/03 リンク

gui1 gui1 どんな作戦をとるにしても扶桑山城伊勢日向はインド洋においておくべきだったよな(´・ω・`)

2013/09/03 リンク

ryozo18 ryozo18 面白い

2013/09/03 リンク

ponyorin ponyorin 長いので後でちゃんと読もう

2013/09/03 リンク

takuroy10 takuroy10 確かになるほどと思える話、安部政権の自由と繁栄の弧にも通じますね。 東アジアの隣国は「隣の芝生は青い」と言うことで、永久に愛憎の関係かと思うので、中東、東南アジアとの独自外交は大事なのかと。

2013/09/03 リンク

blauburg blauburg 架空戦記向き。で、兵站どうするの? ってツッコミはきっと野暮

2013/09/03 リンク

Gomadintime Gomadintime 知的制海権?が何たらかんたらというオリジナル理論をちょっと応用すると太平洋戦争にも勝てるという気宇壮大なはなし。

2013/09/03 リンク

Laylack Laylack 帰宅後読む

2013/09/03 リンク

u_eichi u_eichi なるほど確かに、本気のアメリカに対峙できるスーパー防衛艦隊と、陸海軍のインド洋展開を支えるスーパー兵站システムさえあれば簡単だ。

2013/09/03 リンク

hundret hundret 後でよmy

2013/09/03 リンク

    関連記事

    太平洋戦争の盲点とその戦略的解答 - 長沼伸一郎 presents パスファインダー物理学チーム

    太平洋戦争盲点とその戦略的解答 (20040506初出、20130905加筆、20130909再加筆、20130912「勝敗のバ...

    ブックマークしたユーザー

    • sports1200s2018/02/09 sports1200s
    • totttte2017/09/09 totttte
    • ketudan2017/08/10 ketudan
    • Cichla2017/08/09 Cichla
    • tsumakazu2017/05/30 tsumakazu
    • northlight2017/05/26 northlight
    • hal301702017/01/12 hal30170
    • chess-news2015/12/05 chess-news
    • kazuteru2015/12/05 kazuteru
    • ogawano2015/12/05 ogawano
    • moons2015/12/04 moons
    • hiro73732015/12/04 hiro7373
    • KoshianX2015/12/03 KoshianX
    • animist2015/12/03 animist
    • Yumeka2015/12/03 Yumeka
    • teracy_junk2015/12/03 teracy_junk
    • fumisan2015/12/03 fumisan
    • userinjapan2015/12/03 userinjapan
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らし

    同じサイトの新着

    • 2-4 量子コンピューターの威力は人間側の最終防衛ラインを突破するか

      1 userspathfind.motion.ne.jp

      2-4 量子コンピューターの威力は人間側の最終防衛ラインを突破するか さてこの2-4では、将来人工知能が量子コンピューターという新しい装いでパワーアップして再登場した時、果たして人間の天才的直観力はその挑戦をも退けて最終防衛ラインを守り切れるのか、ということについて眺めてみたい。 それというのも量子コンピューターに関する話題の中には、われわれにとって気になることが含まれているからである。それは、計算の枝の数が2のn乗で増えてしまうような問題の場合、在来型のコンピューターではすぐに能力限界に達してしまうが、量子コンピューターはそれをあっさり乗り越えられる可能性を秘めている、と言われていることである。 これは、今までの議論を踏まえるとわれわれが重大な関心を寄せざるを得ないことだろう。それというのも、第1部ではそういう問題はコンピューターでは非可算無限の時間がかかってしまい、たとえ演算速度が無限
    • 1-2・「真性シンギュラリティ」の根底にどうメスを入れるか

      1 userspathfind.motion.ne.jp

      1-2・「真性シンギュラリティ」の根底にどうメスを入れるか それにしても恐らく読者は今まで、計算機数学の話と宇宙論レベルの話の中に、同じ論理をベースにしたものが含まれている、という話題それ自体を聞いたことがなかったのではあるまいか。 また先ほどの人間原理の話でも、その試行回数がどちらの無限になるのか、あるいはどういう条件が想定されているとそれが非可算無限回になってしまうのか、ということはすぐにはわからず、それを判定するには何か非常に難しい理論が要求されてしまいそうである。 ではそこをクリヤーに直観的に理解する方法はないのだろうか。ところが先ほど述べたように、ここで「作用マトリックス」という新しい武器を導入すると事態は一変し、これらのほとんどのことが直観的に容易に見えてしまえるようになるのである。 それは「真性シンギュラリティ」を巡るメカニズムがどうなっているかを根底から解き明かすことになる
    • 無限に発達した先の人工知能vs人間の天才的直観力 =「最後に勝つのはどちらか」に数学的な答えを出す - 序・この議論がなぜ現在の世界にとって必要か

      1 userspathfind.motion.ne.jp

      無限に発達した先の人工知能vs人間の天才的直観力 =「最後に勝つのはどちらか」に数学的な答えを出す 序・この議論がなぜ現在の世界にとって必要か 以下は、「人工知能とコンピューターの能力が無限に発達したとき、人間の天才の直観力との対決で最終的にどちらが勝つか」という問題に対して、数学の論理から一つの明確な答えを出すという、野心的な試みである。 一見するとこれはいわゆる「シンギュラリティ」が本当に来るか否かについて論じたもので、普通そういう議論では、人工知能の現在の技術レベルとその上昇カーブを検討し、それがそんなに早くは訪れないことを立証する、といった話になるのが一般的である。 ただ読者の中にはそうした結論を聞かされても、何かもやもやした不満を覚えて、本当に知りたいのはもう少し別のことなのだが、という思いが心にくすぶってしまう方が少なくないのではあるまいか。 つまりたとえそれがすぐは訪れないと
    • 新著のお知らせ

      1 userspathfind.motion.ne.jp

      かねてより予告していたブルーバックスの「経済数学の直観的方法」ですが、その「マクロ経済学編」が、ついに9月15日に刊行となります。(もう一方の「確率統計編」は11月に刊行予定です。) 前回の告知でも述べたように、この「経済学の直観的方法」では、現在の経済学で最も難しいとされる「二大難解理論」を一挙に突破する、というアプローチが基本となっており、今回のマクロ経済学編で扱うのは、その一方である「動学的一般均衡理論(以下、動的マクロ理論)」です。 この動的マクロ理論というのは現在、マクロ経済の世界で主流となっている経済学の最重要理論で、アベノミクスでもしばしば話題になる「インフレ・ターゲット」の問題でも不可欠なものです。そのため主として経済学部の大学院で、必須の中心科目となっているのですが、何しろ一昔前とは次元の異なるほど高度な数学を使っているため、多くの学生が理解に苦しんで、しばしば理解を諦め

    http://www.kanaloco.jp/sports/bay/yb05050601.html

    2 users http://www.kanaloco.jp/

    Infoseek[インフォシーク] - 楽天が運営するポータルサイト

    5 users http://munenkin.hp.infoseek.co.jp/