• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
Eimelle555 Eimelle555 心よりご冥福をお祈りいたします…

2011/10/06 リンク

    関連記事

    アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ死去 – WSJ.com | Press This

    Steven P. Jobs, the Apple Inc. chairman and co-founder who pioneered the personal computer indust...

    ブックマークしたユーザー

    • Eimelle5552011/10/06 Eimelle555
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • Adobe モバイル向けFlash Playerの開発を中止 | Press This

      2 userspress-this.info

      米Adobe Systemsは11月9日(現地時間)、モバイルブラウザ向けのFlash Playerの開発を中止すると発表した。モバイル向けではHTML5に集中するという。米GoogleのAndroidおよびカナダのResearch In Motion(RIM)のBlackBerry PlayBook向けのバージョン11.1のリリースが最後になる。 多数のモバイルプラットフォームがHTML5に対応したため、モバイルコンテンツの作成にはHTML5が最良のソリューションだと判断したという。 Flashアプリの実行環境「Adobe AIR」の提供は続けるので、開発者は各種プラットフォーム向けネイティブアプリでFlashを利用することは可能だ。 なお、PC向けのFlash Playerの開発は継続する。今後は、Flashがその性能を発揮できるゲームや動画などの分野に向けた機能強化に注力していくとい
    • 今度はホント?アマゾン年内にも日本で電子書籍参入 | Press This

      1 userpress-this.info

      インターネット通販で世界最大手の米アマゾン・ドット・コムは日本で電子書籍事業に参入する。小学館、集英社など出版大手と価格設定などで詰めの交渉に入っており、年内にも日本語の電子書籍を購入できるサイトを開設。スマートフォン(高機能携帯電話)などに配信し、自社の電子書籍端末「キンドル」も投入する構え。日本勢も紀伊国屋書店や楽天がソニー製端末への書籍提供を始める。日本でも電子書籍の普及が本格化しそうだ。 アマゾンは講談社、新潮社などとも交渉しており、1~2カ月以内に数社との契約を目指している。中堅出版のPHP研究所(京都市)とは合意した。PHPは約1000点の書籍を電子化して提供する方針。 引用元: アマゾン、年内にも日本で電子書籍  :日本経済新聞. やっと来るか… これまでもアマゾンの電子書籍がいよいよ日本進出か?といった噂は流れていましたが、今回は本当かもしれん…。消費者側から見ると嬉しいの
    • シャープ「ガラパゴス」、2011年9月末で販売終了…1年も経ってないのに | Press This

      1 userpress-this.info

      シャープは15日、昨年12月に販売を始めた電子書籍を楽しめる多機能端末「ガラパゴス」の販売を9月末で終了すると発表した。米アップルの「iPad(アイパッド)」の人気に押され、売り上げが不振だった。イー・アクセス向けの製品供給は続ける。 [フォト] 電子書籍、先行き“読めず” 専用端末・コンテンツ伸び悩み 電子書籍端末の国内市場は、昨年5月に発売されたアイパッドが先行。ソニーも昨年12月に専用端末「リーダー」を発売するなど競争が激化している。 シャープのガラパゴスは液晶画面が10・8インチと5・5インチがあり、タッチパネル式のカラー液晶画面が5・5型と10・8型の2機種。価格は10・8型が5万4800円、5・5型が3万9800円。 「TSUTAYA(ツタヤ)」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と「TSUTAYA GALAPAGOS(ツタヤ ガラパゴス)」を設立、端末発売と
    • テロップ制作者は懲戒解雇に – 「困らせる気なかった」東海テレビ検証 | Press This

      1 userpress-this.info

      岩手県産米のプレゼント当選者を「怪しいお米 セシウムさん」などとする不謹慎なテロップを番組中で流した東海テレビ(名古屋市)は30日午前、検証番組を放送した。テロップ制作者はこの中で「思いついたことを文章に入れた。困らせてやろうという気持ちはなかった」と説明した。 検証番組は約1時間、「検証 ぴーかんテレビ不適切放送~なぜ私たちは間違いを犯したのか~」として放送。テロップ制作者は外部の制作会社に所属する50代の男性で、28日付で会社を懲戒解雇になったことを明らかにした。 4日の「ぴーかんテレビ」でこのテロップが23秒間も流れた理由について、番組プロデューサーは「番組進行の打ち合わせで放送中の画面から目を離していた」などと説明。テロップを見ていた関係者は複数いたが、オンエアと認識せず、放送を止めるのが遅れたとした。 引用元: asahi.com(朝日新聞社):テロップ制作者「困らせる気なかった

    『iPhone 4S』を他社機種と比較(WIRED.jp):ニュース

    1 user http://pc.nikkeibp.co.jp/

    cakephpのアソシエーションの検索(複数タグでの検索)で結果が重… - 人力検索はてな

    1 user http://q.hatena.ne.jp/