• 人気コメント (10)
  • 新着コメント
  • すべてのブックマーク

  • kenji-tokuda902 kenji-tokuda902 自分のバカさに直面しつづけること。学生時代からやっていれば今頃は、、。まあ死ぬまで勉強だし、情けなさと恥を晒しながらやっていくしかないか。
  • tokyocat tokyocat 《親父:世界を出し抜ける秘密がお前なんかのためにまだ残されてると本気で信じているなら、何も言うことはない。有料メルマガに登録しろ、情報商材を買え、そしてカモになれ》
  • U1and0 U1and0 中級の壁〉はどうやったら超えられるのですか? 親父:造作も無い。続けることだ。よほど理由がないかぎり、やり方も投下する時間も変えない方がいい。あせって学習時間を増やしても、一時的ならともかく長続きしな
  • fijixfiji fijixfiji 「学ぶことは結局のところ、自分の馬鹿さ加減と付き合うことだ」
  • takatama takatama 馬鹿は強い
  • areyoukicking areyoukicking この曲線と同様に、ある一握りの人はほとんどの人よりも遥かに能力が高いという分布もあるのではないかと思う。 その人達がこのカープを乗り越えれる。 それ意識しながらもどう努力するか..を教えるとか..
  • sm029 sm029 〈中級の壁〉を超えるバカー続けられない人ほど努力と成果の関係を直線的に考えている 親父:あいつ、このところ来過ぎだろう。家の前で大声出すな。裏へ回れ。今日はなんの用だ? 無知:今年こそ、英語をものにした
  • bloglider bloglider 「何かを学び続けることは、それに費やす時間だけ別のものをあきらめ続けることだ。」という至極当たり前の、だけども重要な視点。人生は取捨選択の連続なんで、やはりいろいろ試して、自分が納得出来る事をすべき
  • dubbed_pachi dubbed_pachi 『〈中級の壁〉を超えて、ずっと先まで行くのは、そういう馬鹿』 | 〈中級の壁〉を超えるバカー続けられない人ほど努力と成果の関係を直線的に考えている
  • tsuki-rs tsuki-rs 優先順位。
  • enemyoffreedom enemyoffreedom 「何でも同じことだが、何かを学び続けることは、それに費やす時間だけ別のものをあきらめ続けることだ」 愚直に努力することの尊さを目を奪われると、その一方で捨てているものも相応に尊いことを忘れがちという
  • vanbraam vanbraam "学ぶことは結局のところ、自分の馬鹿さ加減と付き合うことだ(慣れ合うことじゃないぞ)"<表題よりもこれが心に響いた
  • kapiyvachang kapiyvachang 自分の無能さに直面することでモチベーションがへし折れるんだよなあ。諦めてバカ一つづけることだけが道を開く、っつーことか。
  • cheapcode cheapcode 好きな事についてはコスパとか考えないからずっと学習して行けるんだよな。ようは好きを貫け、とにかく続けろってこと。
  • taka-p taka-p 心が痛い話だ。あーあーきこえない。
  • dekasasaki dekasasaki "より長く学ぶことは、それだけ長く自分の頭の悪さに直面し続けることだし、より深く学ぶことは、それだけ深く自分の間抜けさと向かい合うことだ。"
  • to_tu to_tu “親父:学ぶことは結局のところ、自分の馬鹿さ加減と付き合うことだ(慣れ合うことじゃないぞ)。”
  • airj12 airj12 中級の壁に立ち向かえる事自体が稀有な才だと思ってるけど才の中では後天的に身に付けられる類な気もする
  • ma__ko__to ma__ko__to “より長く学ぶことは、それだけ長く自分の頭の悪さに直面し続けることだし、より深く学ぶことは、それだけ深く自分の間抜けさと向かい合うことだ”
  • yhakusyaku yhakusyaku 〈中級の壁〉を超えるバカー続けられない人ほど努力と成果の関係を直線的に考えている - 読書猿Classic: between / beyond readers
  • aroma_black aroma_black 中級者からの抜け方ってリファクタリングウェットウェアには発想の転換(書中の用語だとLモード、Rモード)を上手く使いなさいと書いてあった。
▼ ブログで紹介する
最終更新: 2016/02/20 20:19

このブックマーク一覧を非公開にするには?

ユーザーはみんなでブックマークを共有して、効率良く情報収集しています。あなたもはてなブックマークを始めてみませんか?

このエントリーを含むはてなブログ(1)

関連エントリー

関連商品

同じサイトのほかのエントリー