• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    トヨタ製バキュームホース | クルマ屋 奮闘記

    上の画像は、トヨタ純正バキュームホース新車からの品には識別用に、#0、#1、#2 ・・・・・ と...

    ブックマークしたユーザー

    • masadi32018/05/20 masadi3
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 政治と経済

    新着記事 - 政治と経済

    同じサイトの新着

    • 電動ファン止らず | クルマ屋 奮闘記

      1 usersameblo.jp/kurumayasan

    • ゴルフⅢ AMラジオ | クルマ屋 奮闘記

      1 usersameblo.jp/kurumayasan

    • アウディーのサーモスタット | クルマ屋 奮闘記

      1 usersameblo.jp/kurumayasan

      上の画像は、1992年 アウディー100 、V6 AAH型エンジンです。 「エンジンオーバーヒート」 で、とりあえずサーモスタットだけを交換との御依頼だったのですが お恥かしい話、サーモ君が上手に隠れていて簡単に見つけることが出来ませんでした。。 普通はラジエターのアッパーホースかロワホースを辿っていけば、一目でそれと判る膨らみが 見つかるのですが、このアウディーのエンジンにはそのような箇所がどこにもありません! こういう時は、自力で探し続けるか人に尋ねるか、どのタイミングで 踏ん切りつけるか難しくないですか? 道を聞くのに似ています~w このケースで私は30分以上も無益な時間を費やしてしまった挙句、 結局ディーラーさんに電話して聞いたらすぐに教えてもらえました。 種明しをすると、エンジン右バンク側のタイミングベルト裏あたりに サーモスタットはありますとのこと。  タイベル緩めるだけでOK
    • オートマ操作ミス | クルマ屋 奮闘記

      1 usersameblo.jp/kurumayasan

      左の写真は、1994年 オペル アストラ XD200W 先月、弊社で車検を通したばかりだったのですが、 年明け早々連絡があり再入庫してきました。。 聞くところによれば、ガレージから出るときに 車両後方を激しくぶつけてしまったそうな。 これは典型的なオートマ車の操作ミスでしょう。 全方位レーダーを備えた高度な衝突予防装置でも 開発されない限り、Rに誤シフトしたのに気付かずに アクセルを踏んでしまうと後の壁に当ります。 この時、往々にして思いこみからパニックを起こし、 更にアクセルを踏み倒してしまうことがあるのです。 今回オペル君は、正にそれだったらしく被害甚大! リヤバンパー、バックドアが歪んだだけで済まず、 後の窓ガラスまで木端微塵に割れていました。 高額な一般条件の車両保険に入っておかない限り、 単独事故の場合だと自費の修繕になるのです。 よって、ご覧の通り必要最小限の修理に。 唯一の救

    LIVE! motogp 2018 live kijken

    1 users https://www.spreaker.com/

    Amazon.co.jp - 表示履歴

    1 users https://www.amazon.co.jp/