• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
programmablekinoko programmablekinoko 平易

2019/02/13 リンク

tokoyax tokoyax わかりやすい

2019/02/12 リンク

igrep igrep Ap Monoid知らなかった。

2019/02/12 リンク

    関連記事

    Haskellerのためのモノイド完全ガイド | 雑記帳

    Haskellにおけるモノイドについて解説記事を書いてみた。他の言語でも通用する話があるかもしれないし、...

    ブックマークしたユーザー

    • bouzuya2019/02/22 bouzuya
    • clavier2019/02/14 clavier
    • xef2019/02/13 xef
    • hackpopo2019/02/13 hackpopo
    • ryota-ka2019/02/13 ryota-ka
    • oskimura2019/02/13 oskimura
    • beatdjam2019/02/13 beatdjam
    • delimiter2019/02/13 delimiter
    • akanehara2019/02/13 akanehara
    • necol2019/02/13 necol
    • hige-hige06282019/02/13 hige-hige0628
    • programmablekinoko2019/02/13 programmablekinoko
    • hasunuma06132019/02/13 hasunuma0613
    • peketamin2019/02/13 peketamin
    • letsspeak2019/02/13 letsspeak
    • nukosan5552019/02/13 nukosan555
    • yu_dotnet20042019/02/13 yu_dotnet2004
    • suruji422019/02/13 suruji42
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - テクノロジー

    新着記事 - テクノロジー

    同じサイトの新着

    • フィボナッチ数絡みの競プロの問題を解いてみた(Typical DP Contest T) | 雑記帳

      1 usersblog.miz-ar.info

      この間、フィボナッチ数を計算する記事を書いていたら、@fetburner氏にこういう問題を教えて頂いた: T: フィボナッチ – Typical DP Contest | AtCoder フィボナッチ数列の各項は直前の2項(隣接3項間の漸化式)によって定まる\[a_{n+2}=a_n+a_{n+1}\]が、それを「直前の\(K\)項」に一般化したものを高速に計算しなさい、ということだそうだ。\begin{align*}a_1&=a_2=\cdots=a_K=1,\\a_i&=\underbrace{a_{i-1}+\cdots+a_{i-K}}_{K\text{項}}\quad(i>K)\end{align*} 競技プログラミングにはあまり興味はない(制限時間があって他の人と競って〜という形式は好きではない)が、フィボナッチ数列の計算について熱弁した後に「わからん!w」と言って逃げるわけに
    • 最速のフィボナッチ数計算を考える | 雑記帳

      2 usersblog.miz-ar.info

      Qiitaにこういう記事を書いた: Haskellでフィボナッチ数列 〜Haskellで非実用的なコードを書いて悦に入るのはやめろ〜 ↑の記事ではメモ化しない計算法が遅いこと、Haskellには遅延評価の罠があって正格にすると早くなること、「n番目のフィボナッチ数」をピンポイントで計算する場合は(行列またはQ(√5)の)冪乗を使う方法が早いこと、一般項(ビネの公式)をその辺の浮動小数点数で計算するのは使い物にならないこと、などを述べた。 まあ、「Haskellでは fib 0 = 0; fib 1 = 1; fib n = fib (n-1) + fib (n-2) でフィボナッチ数が計算できます!」に対する注意喚起としてはこれで十分すぎる内容なのだが、「n番目のフィボナッチ数をピンポイントで計算する方法」についてはもっと深掘りできる。 この記事では、数学的な考察も交えて、「n番目のフィボ
    • LuaLaTeXでダウンロードカードを作った話 | 雑記帳

      1 usersblog.miz-ar.info

      この記事は、TeX & LaTeX Advent Calendar 2018 の 15日目の記事です(遅くなってすみません)。 技術書典5で電子版を配布するのに利用したダウンロードカード(電子書籍をダウンロードするためのURLとシリアルコードが記載された紙)の話をします。技術書典の原稿執筆でやったことの全体像については、 同人誌「代数的数を作る」ができるまで/PandocとかLaTeXの話 を参照してください。 ダウンロードカードは、A4の紙に名刺サイズのカードが10枚分並ぶように印刷し、切り出すことで作成しました。個々のカードには異なるシリアルコードを印字したいのですが、その部分にLuaTeXのLuaによるプログラミング機能を活用しました。 印刷したダウンロードカード (12月17日 更新:Lua Tipsを追加) デザインする まずは、カードをデザインします。私はTikZでやりました。
    • macOS向けのwxMaximaを自分でビルドする | 雑記帳

      1 usersblog.miz-ar.info

      wxMaxima とは、数式処理システム Maxima をGUIで使えるようにしたソフト(フロントエンド)である。Windows, macOS, Linux の各プラットフォームに対応する。Maxima のGUIフロントエンドの中では最もポピュラーかと思われる。 しかし、macOS 向けにリリースされているバイナリのバージョンは 15.04.0 (記事執筆時点)と、少々古い。そこで、最新版 (16.04.2) を自分でビルドしてみよう。 この記事は、ターミナルの操作に慣れていてソフトウエアのビルドもできる人向けとなる。wxMaxima や wxWidgets 特有の事情については記事の中でなるべく説明しているので知らなくても問題ない。 最新版を使うメリット 自分で手間をかけてビルドして意味があるのか、という問題について。 wxMaxima の最新版を使うメリット ChangeLog を参照

    昆虫種の「壊滅的崩壊」、地球規模で進行中 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

    44 users http://www.afpbb.com/

    Chiffon Enganliegendes Bodenlanges Anständiges Ballkleid mit 3/4 Länge Ärmeln - MeKleid.de

    1 users https://www.mekleid.de/