• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
monogatarukam monogatarukam 物語としては思うところもあるもののキャラクターや歌唱、ダンスシーンは圧巻! ファンなら観るべし! な一作です!

2019/01/10 リンク

    関連記事

    劇場版『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』ネタバレ感想&評価 音楽とダンスの作画が見所! - 物語る亀

    今年の初っ端から、ここまで大注目の作品が来るというのがすごいよねぇ 多くの映画ファンは”観るものが...

    ブックマークしたユーザー

    • monogatarukam2019/01/10 monogatarukam
    • agiru642019/01/10 agiru64
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - エンタメ

    新着記事 - エンタメ

    同じサイトの新着

    • 『劇場版Fate/stay night HF 第2章』 ネタバレ感想&評価 アニメ映画の1つの完成形! 動と静のコントラストに胸が踊る! - 物語る亀

      4 usersblog.monogatarukame.net

      今年の作品でも注目度の高い『劇場版Fate/stay night [Heaven's Feel] Ⅱ.lost butterfly.』の感想記事です! タイトルが長い! そして前作から約1年待ったなぁ カエルくん(以下カエル) 「あれだけ圧倒的な作画で魅了して、お預けというのは辛いものがあるね」 主 「それでもずっと待ち続けますがね。 それだけの大傑作なので!」 カエル「ちなみに、うちはFateシリーズは好きだけれど、アニメしか鑑賞していません。HFに関しては映画で物語を知ろうということで、まあ大まかなあらすじは知っているけれど、細かい描写についてはほとんど知りません」 主「本当は”ここが原作から改変されてうまいよ”ということも語るべきなんだろうけれど、こればっかりは譲れません。 なので、”Fateシリーズをアニメシリーズやプリヤ、スピンオフも読むくらいには好きだけれど、HFの物語は知らな
    • 映画『クリード2 炎の宿敵』ネタバレ感想&評価 主役の交代が意味するアメリカの歴史の大きな変換と冷戦の終焉について考える - 物語る亀

      3 usersblog.monogatarukame.net

      いよいよ世界的な名作であるロッキーの続編である、クリードも2が登場です! ここから長いシリーズが再始動するんでしょうね カエルくん(以下カエル) 「ロッキーについては前回も語っているけれど、実は全てのシリーズを通して鑑賞したのはつい最近のことだよね」 主 「公開前の1週間で慌てて見直したからなぁ」 カエル「ちなみに、クリード1もロッキーの続編と知らずに観るという、ある意味では暴挙を犯しています」 主「公開当時はブログもTwitterもやっていなかったから、映画情報には疎かった部分もある。あと、もともとアニメの方が好きな人間だしね。 宇多丸のラジオ番組でも年間チャンピオンにも選ばれていたりして、異様に評判がいいボクシング映画がある! というだけでDVDを借りて、再生して初めてロッキーの続編と知るというね。 その時はロッキ−1は見ていたけれど、遠い昔すぎて『アポロって誰?』状態だったから、そこ
    • 映画『ニセコイ』ネタバレ感想&評価! 地雷と言われつつも思ったよりは悪くない!? 派手な演出は賛否を呼ぶだろうなぁ…… - 物語る亀

      2 usersblog.monogatarukame.net

      <p >……ついに年内最後の見えている地雷作品が来てしまいました 昨年は『鋼の錬金術師』で、今年は『ニセコイ』だね カエルくん(以下カエル) 「……映画好きとしては観る前から偏見全開で話すのは絶対によくないというというのはわかっているけれど、この作品だけはどうしても地雷にしか見えないよねぇ。 何せ予告の段階からなかなかに危ない雰囲気が漂っていたし……」 主 「最近、ジャンプ原作の実写化作品は多いけれど『銀魂』以外は『ジョジョ』『ブリーチ』もパッとしない印象なんだよねぇ。 原作はジャンプではラブコメとして最長連載だし、色々な意見があるだろうけれど間違いなく一時代を築いた作品ではあるんだけれど……」 カエル「この作品もちょっと興行的には厳しいのかぁ? 映画好きとしては今作を今年ラストの作品にはなかなか選びたくない部分もあるだろうし」 主「映画館にもよるだろうけれど、公開初日とは思えないくらい座
    • 2018年新作映画各部門賞発表! 今年を代表する主演男優、女優や演出、脚本はどの作品に輝くのか! - 物語る亀

      2 usersblog.monogatarukame.net

      ざわざわ…… ざわざわ…… えー、みなさま、大変長らくお待たせいたしました。 カエル 「これより、2018年度、新作映画年間各部門賞 通称”カメデミー賞”の発表を始めます。 それでは、毎度のことながら審査委員長であるブログ主からの挨拶と参ります』 登壇 えー、本日も年末のお忙しい中で、この記事を読んでくださり誠にありがとうございます 主「みなさまのご愛顧もありまして、この賞も3年目を開催することができました。 ここに日頃の感謝の念をお伝えしたく存じます。 えー…2018年に劇場で鑑賞した映画の本数としましては178本(Netflixや劇場未公開の映画祭作品などを足すと約190本)ほどの作品を鑑賞し、約2/3ほどの作品を記事にしていると思います。 今回は2018年に公開された全作品、さらにNetflix限定作品も含めさせていただきますが、劇場公開前の映画祭出品作品は除外させていただきます。

    負けるが勝ち、逃げるが勝ち!直感を信じて、心のままに進もう - mocharina*布あそび

    3 users https://www.mocharina.com/

    わずか100年前 戦争が適法だった世界を変えたのは:朝日新聞デジタル

    1 users https://www.asahi.com/