• 人気のコメント(0)
  • 全てのコメント
新着コメントはまだありません。
このエントリーにコメントしてみましょう。

    関連記事

    夫婦や家族でまとめて入れるゴルフ保険の仕組みと注意点 | 保険ラボ

    夫婦や親子で長く一緒に楽しめるスポーツゴルフです。ゴルフ保険にも夫婦型や家族型があり、みんなま...

    ブックマークしたユーザー

    • iku1232019/02/06 iku123
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 終身保険は掛け捨てではない|解約返戻金・死亡保険金の考え方 | 保険ラボ

      1 usershoken-labo.com

      近年、死亡保険は定期保険や収入保障保険などの掛け捨て型が主流となっており、「死亡保障=掛け捨て」というイメージを持つ方が増えています。しかし、終身保険という掛け捨てではなく、貯蓄ができるタイプの死亡保険も存在します。ここでは、死亡保険の種類を整理した上で、解約返戻金や死亡保険金の傾向を見ていきます。 1.生命保険の相場|死亡保障はどれくらい必要か 死亡保険について考えるためには、必要保障額や万が一のときの公的制度について知っておく必要があります。ここでは、家族構成別の必要保障額と遺族年金の仕組み、保険の役割を解説していきます。 1-1.家族構成別に見る必要保障額 まず、家族構成を4つのタイプに分けて死亡保険の必要保障額を見ていきます。 1-1-1.独身の場合 独身の場合の必要保障額は200万円〜500万円程度です。独身で扶養家族がいなければ、基本的には大きな死亡保障は必要ありません。高齢の
    • がん保険|終身型と定期型の特徴と見直しのポイント

      5 usershoken-labo.com

      がん保険には終身型と定期型の二つのタイプがあり、がん保険を選ぶときには多くの人が「終身型と定期型はどちらが良いのか」という疑問に直面します。 がんは高齢になるほど罹患率が高くなることや、再発や転移のリスクもあることから「がん保険に入るなら一生涯保障が続く終身型一択だ」という意見もよく聞かれます。 その一方で、一定期間のみの保障となる定期がん保険は、保険料の安さや独自の保障内容で人気が根強いのも事実です。 この記事では、がん保険の終身型と定期型の特徴や保障内容、保険タイプ別に見直しをする上でのチェックポイントを解説していきます。新たにがん保険に加入する人、保険の見直しをしたい人双方に必要な情報を解説していくので、ぜひ参考にしてください。 1終身がん保険の特徴 まずは、終身がん保険について、仕組みやどんな人に向いているかということを確認していきます。 1.1終身型の仕組み 終身がん保険は、「終
    • ゴルフ保険|クラブが折れたなど破損した時の補償と申請方法

      1 usershoken-labo.com

      ゴルフクラブが折れた、曲がってしまった、そんな時に頼りになるのがゴルフ保険のゴルフ用品補償です。 ここでは、クラブを破損した時やゴルフ用品の盗難にあった際にどのように補償されるのか、そして保険金の申請方法についても解説していきたいと思います。 ゴルフ用品補償とは ゴルフ保険のゴルフ用品補償とはどのような内容なのか、詳しく見ていきましょう。 ゴルフ保険の補償内容 まずゴルフ保険とは、以下の4つの補償で成り立っています。 自身のケガの補償 ゴルフプレー中に起きた自身のケガについて補償されます。 他人への賠償責任補償 ゴルフプレー中に他人にケガをさせてしまった、他人のクラブを折ってしまったなどの場合に補償されます。 ホールインワン・アルバトロス補償 ホールインワン・アルバトロスを達成した際の、祝賀会や記念品の配布などのお祝いにかかった費用が補償されます。 ゴルフ用品補償 ゴルフ場やゴルフ練習場で
    • 共働き夫婦に必要な生命保険|保険の種類・選び方・加入方法

      1 usershoken-labo.com

      共働きの夫婦にとって生命保険は本当に必要なのかと考えたことがあるかもしれません。あるいは必要であるならばどのような保険に入ればいいのか悩んだことがあるかもしれません。この記事では共働きの夫婦に必要な保険を網羅的に検討する方法を説明しています。 1.病気・ケガの治療費に備える保険 病気やケガになると突然の治療費や予定外の出費が必要になることが予測されます。 共働きの夫婦にとってまず考えるべき保険として、こうした病気・ケガの治療費に備える保険を説明します。まず思い浮かべるのは医療保険だと思いますが、それ以外にもがん保険や特定疾病保険などが候補として検討すべき保険といえます。 また病気・ケガの場合にどれぐらいの治療費の自己負担が必要となるのか、公的な医療制度で手当てされる部分はどれぐらいなのかについても説明していきます。 1-1突然の治療費などの備えには「医療保険」 病気やケガで治療費が急に必要

    “逆走トラック”に正面衝突され31歳男性即死…運転手への判決は禁錮2年6か月 遺族「余りに無念」(東海テレビ) - Yahoo!ニュース

    2 users https://headlines.yahoo.co.jp/

    職場の教養をdisるサイト | 若者よ流されるな。遥か彼方の行く末を見よ。

    1 users https://syokuba.uh-oh.jp/